どう決める?留学先 (2)日本人比率?ブランド力?

アメリカの大学

悩ましい留学先選び。総合的に様々な基準と条件を鑑みて、決める必要があります。前回は、学費と生活費から、可能性のある大学を絞り込む作業についてご紹介しました。今回は、より大学の中身にフォーカスした基準をみていきましょう。

 

1.日本人比率

大学内の日本人率

日本人同士で固まらないように

留学先に日本人が多いか否かも、人に寄りますが、大きな決定要因となってきます。

「留学あるある」なのが、せっかく海外にいるにも関わらず、日本人で固まってしまうパターンです。

これが嫌で私は日本人がひとりもいない大学を選び、留学しました。せっかく留学するのなら、自分を追い込む必要があると考えたからです。日本人がいるとどうしても頼ってしまいます。

フェイスブックにあがってくる写真が日本人の友達とのものばかり、、、という友達も多かったです。

ただ、私の居た大学の様に日本人がひとりもいない大学はなかなかありません。

それでも、日本人が少ない大学というものはあります。アメリカのリベラルアーツカレッジなどはこれにあたります。ただ日本人が少ないと、大学によっては、かえって団結力が強いパターンもあるので注意が必要です。

無理して外国人とつるむより、日本人と仲良くしたいという人もいると思います。そういう人は、日本人が多く、繋がりが強い大学を探すと良いと思います。

留学の悩み

日本人の少なさ、どう判断する?

では、どうやって日本人が少ないか判断するか。

これは実際にその大学へ留学経験のある人に聞くのが一番良いと思います。交換留学の場合、おそらくは去年や一昨日それぞれの大学へ留学していた先輩がいるので、その人を大学の留学担当者に紹介してもらうと良いと思います。

また、歴史があるにも関わらず、検索して日本語の情報が少ない大学は日本人があまりいないとみて良いでしょう。私の留学していた大学は日本語のWikipediaすらありませんでした。

 

2.ブランド力

大学のブランド

ブランドも大事な要素

人によっては、その大学のもつネームバリューやブランド力を重視します。日本で受験を経験した人だと自然と、どこの大学の偏差値が高いか、ブランドがあるか、という点を気にしてしまうかもしれません。

実際、出身大学は就職活動やキャリア形成において重要な要素となってきます。

キャリア形成

 

日本のお茶の間ではアイビーリーグも無力?

ただ、国際的な知名度と日本での知名度とでは違いもあります。

たとえば、アメリカではハーバード、イギリスではオックスフォードやケンブリッジしか知らず、それらのみ名門と認める日本人も案外多いのではないでしょうか。

いわゆるアイビーリーグに所属する大学でも日本での知名度は低いです。コーネル大学やブラウン大学、ダートマス大学など、日本では「知る人ぞ知る化」してしまっています。

国際的なブランドと日本のお茶の間での知名度の差をつい先日も思い知りました。あるテレビ番組が、アメリカ政治を騒がせているドナルド・トランプ氏を特集していました。トランプ氏はペンシルベニア大学のウォートン・スクール出身です。あるコメンテーターが、これを大したことがないかのように表現していた点に仰天してしまいました。全米でも3本の指に入るであろうビジネス・スクールが大したことがない。これが日本での現実なのかもしれません。

アメリカのブラウン大学

ブラウン大学

 

大学ランキングをみてみる

日本での知名度はさておき、大学のブランド力はどう図れば良いのでしょうか。

手っ取り早いのは、タイムズ・ハイアー・エデュケーション(THE)やクアクアレリ・シモンズ(QS)が発行している世界大学ランキングを見る事。アメリカの大学を比較したいのなら、USニューズ&ワールド・レポートの全米大学ランキングなどが参考になると思います。

ただそのランキングも指標に差があり、比較すると同じ大学でも順位に大きな隔たりがあることも少なくありません。こうなってくると、ある程度の大学であれば、あとは自分次第のところが大きいような気がします。

大学ランキング

 

より細かくみる!

全体の大雑把なランキングではなく、自分の専門分野や関心のある分野のランキングをより参考にしてみると良いと思います。

QS世界大学ランキング2015年度版をみてみると、たとえばイギリスのサセックス大学は全体では187位ですが、開発学の分野では世界第1位につけています。この分野での評価がとても高いのです。サセックスに留学していた、というのは開発の分野では間違いなくブランドになります。

アメリカ

リベラルアーツカレッジは規模も小さく、研究型大学ではないので、世界ランキングには載りもしません。しかし、評価やブランドはとても高いです。研究重視の総合大学より、リベラルアーツカレッジでのきめ細やかな濃い授業に魅力を感じる人も多いです。

ただ単に世界ランキングで上位につけている、というだけではなくより細かく中身を見てゆくことが重要です。

 

日本人の有無は人次第、ランキングには要注意

アメリカの大学

いかがでしたでしょうか。個人的には、日本人の少なさは大きな決定要素でした。

一方で、大学の知名度はそこまで気にしませんでした。

それでもブランド力はそれだけ大学に力があるという証拠でもあるので、無視できない大変重要なものです。

総合ランキングだけはなく、分野別など細かい部分まで見ることによって自分に合う意味での「ブランド」を見つけてください。

QS World University Rankings by Subject 2015 – Development Studies

アメリカ留学 関連記事

アメリカ語学留学!どの都市がいい?留学費用は?

アメリカ語学留学費用

アメリカの大学・大学院へ進学!必要な条件は?入学試験はある?

アメリカの大学・大学院進学

ホームステイ?アパート?それとも寮?アメリカ留学滞在方法のメリット・デメリット

アメリカ留学の滞在方法

自分にピッタリの留学エージェントを探せ!

留学エージェント選び

留学エージェントにパンフレット取り寄せ

賢く留学準備をするなら、こちらの記事も参考に!
> アメリカ留学のおすすめ留学エージェント

この記事の著者

Leo

Leo★アメリカ大学(男子校)1年間

イタリア生まれの日本育ち。大学2年次から3年次にかけて1年間、アメリカ中西部の男子校に留学。国際関係、紛争、芸術(制作)を学ぶ。留学中は自転車部と民族音楽サークル所属。趣味は自主映画製作。イギリスの大学院へ進学予定

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ