アメリカの男子大学潜入レポート(2) ~出会い編~

アメリカの男子大学

アメリカで現存する数少ない男子大のひとつ、Wabash College(ウォバッシュ・カレッジ)での実体験をもとにした連載「アメリカの男子大学潜入レポート」。第2回目は男子大学における「異性との出会い」についてご紹介します。前回第1回目の記事では導入編として、男子大学の歴史や概要についてふれました。今回はより詳しく、その内情を、日常生活に的を絞ってみてゆきたいと思います。

日常生活において大きなウェイトを占める、恋愛。男子大学にいる学生は、この点困ることは必須です。近場の共学の大学までは車で1時間。近くの街は寂れている。大学近辺は見渡す限りのトウモロコシ畑。現地の学生はまだしも、留学生はその出会いのなさにしばしば不満の声を漏らしていました。友達の紹介、などといったありふれた出会い方には触れません。この記事では男子大学ならではの、女性との出会い方に迫ります。

寮の共用バスルームで出会う

アメリカの大学の寮

留学中の寮生活。生活の中心になること間違いありません。男子校の寮はもちろん全員男子学生。トイレとシャワー、洗面所のあるバスルームは共用で、男性用のみ。これは想像に易いですね。男子学生しか住んでいないので当然といえば当然です。ただ、女性が泊まりにきたときはどうでしょう。男子大学だからといって、みな彼女や女友達がいないわけではありません。週末になるとアメリカ人の学生は彼女を呼んで、一緒に過ごすことなどよくあります。トイレ、我慢できるわけがありません。普通のバスルームとは別に、多機能トイレがひとつ各フロアにありました。最悪、トイレはそこを利用すればよいです。

が、彼女たち、普通に男性用の共用バスルームの洗面台とシャワーを利用してました。もちろんパーテーションで区切られてはいましたが、隣で友達の彼女がシャワーを浴びていてびっくりしたこともありました。隣でカップルでイチャイチャしながらシャワーを浴びられると、ちょっと虚しい気分になりますね。配慮はしていたらしく、主に使用は早朝でしたが、私はトレーニングのために早起きしたり、勉強のために徹夜をすることが多かったので、ばったり遭遇することが多かったです。同世代のアメリカ人女性とのコミュニケーションが主に洗面所で行われるというのも変な話です。ある意味、限られた異性との出会いの場でした。

フラットパーティーで出会う

大学のパーティー

アメリカの大学には寮とはまた別にフラタニティという居住宿舎があります。フラットとも略されますが、イギリスのそれとはまったく性質が異なります(イギリスでは単にアパートを指すらしいです)。フラタニティという組織としての説明はここでは省きますが、「伝統と固有の文化、強い連帯のある男子学生寮」だとここでは仮に定義しておきます。

ある日、友達のひとりが、寮からフラットに移りました。理由は不純。週末に女の子がくるパーティがあるから。男子大学で数少ない同世代の女性と出会う機会のひとつが、フラットに属することでした。フラットの魅力やメリットは数多くあるのですが、男子校では「出会い」の比重も高まります。それはそうだ、と思う人も多いと思います。しかし、共学の大学に留学している人からすれば少しおかしな話です。フラタニティは男子寮で決まりごとも多く、「普通に男女がいる寮に住めば良いや」と考えるのが当たり前だからです。そんな人でも、男子大学へ来れば、フラタニティに心惹かれるはずです。ちなみにその下心に満ちた友達。パーティーで白人の女の子にまったく相手にされないと嘆いていました。

クラブ活動で出会う

大学のクラブ活動

クラブ活動も、日本のサークルとは比べられませんが、ある程度は盛んです。グリークラブ(男声合唱団)が人気でした。このグリークラブにも不純な動機で入ろうとした友達を知っています。このグリークラブ、他大学の女声合唱団との交流があったからです。フラタニティと同じで、人によっては異性がいないという理由で敬遠されかねない男声合唱団が、異性目的で魅力的にうつるというのは面白いですね。

他大学との交流が盛んで、女性と出会える機会が多いものに魅力を感じる留学生が多かったです。結局のところ、アメリカ人の現地学生は出会いにはそこまで困っていない印象を受けました。

 

予想以上に少ない

男子大学での交流

車を持たず、BARなどにも入れないアンダーエイジの留学生が、この田舎町の男子大学で女性との交流を保つことはなかなか難しいように思えます。こうして書き出してみると、その出会いの驚異的少なさに改めて唖然としました。ただ実際問題、勉強がとても大変なので、そこまで出会いに頭を悩ませることはないかもしれません。男子校だからこそ楽しいという点もあるので、ぜひ一度アメリカの男子大学への留学を考えてみてはいかがでしょうか。

アメリカ留学 関連記事

コミュニティカレッジ(Community College)ってなに?費用は?誰でも入れるの?

アメリカのコミュニティカレッジ

アメリカの大学・大学院へ進学!必要な条件は?入学試験はある?

アメリカの大学・大学院進学

正規留学ならチャンスかも!アメリカ大学留学奨学金のすすめ(前編)

アメリカの大学の奨学金

どう違う?イギリスとアメリカの大学院

アメリカとイギリスの大学院

留学エージェントにパンフレット取り寄せ

> アメリカ留学のおすすめ留学エージェント

この記事の著者

Leo

Leo★アメリカ大学(男子校)1年間

イタリア生まれの日本育ち。大学2年次から3年次にかけて1年間、アメリカ中西部の男子校に留学。国際関係、紛争、芸術(制作)を学ぶ。留学中は自転車部と民族音楽サークル所属。趣味は自主映画製作。イギリスの大学院へ進学予定

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ