100ドル札はアメリカで使えない!?


こんにちは、サリーです。私は日本にいる時からそうでしたが、現金を持ち歩くのが嫌なのでカード派でした。

アメリカに来てからは、ほとんど現金を使う機会がないので、カードを持ち歩いていますがこの前”100ドル札は受け付けない”というサインを見つけました!

今回は、こちらについてをシェアしていきたいと思います。

100ドル札はアメリカで使えない!?

なぜ100ドル札が使えないの?

アメリカでは、どうして100ドル札が使えないお店があるのか…

理由は100ドル札の偽札がたくさん出回っているからなんです。

特に、100ドル札を持っているのは観光客や外国人留学生に多いので、100ドル札で払おうとすると疑われることがほとんどです。

だから、たくさんのお店で”100ドル札は受け付けない”というサインが見られたり、もうアメリカ人は使えないことがわかっているので100ドル札を持っていないことがほとんどだと思います!

カードではないと払えない?

答えはノーです!現金で払えるお店がほとんどですが、カードの方が早く支払いが済むので、カードで払う人が大半だと思います。

特に、レストランなどではテーブル会計ができる場合があるので、そういった時はカードしか受け付けてくれません。

逆に、有料の高速道路などでは、現金で払うか、日本でいうETCカードのようなものがないと通過できなかったり、公道のパーキングエリアはコインがないとお金が払えないので、現金が必要な場面も多々ありますよ!

100ドル札を”もらわない”コツ

では、旅行先などで現金を使いたい場合…どうしたら100ドル札をもらわないで両替できるでしょうか。

方法は2つあります!

1つ目は、ATM。ATMでは、自分で金額を設定できるので、少しの量だけ両替して、あとはカードで払う時などにおすすめです。

2つ目は、空港などにある両替所。ここで必ず、”100ドル札以外で両替してほしい”ということを伝えると、20ドルや50ドルを混ぜて両替してもらえます。

アメリカ留学中の買い物

まとめ

いかがだったでしょうか。100ドル札が使えないお店があるというのは、意外な落とし穴ですよね。

私はカード決済がほとんどですが、現金派の方や、まだカードが持てない年齢の方などは、両替時に100ドル札をもらわないように気をつけてください!

留学エージェントに資料請求