イギリスのワーホリ中に引っ越し!どんなことに気を付けたらいい?

イギリス国内での引っ越し

こんにちは、イギリスワーホリ中のMayuです。

実は最近、引っ越しをしたのですが住所変更などの手続きの仕方が分からず困ったので、今回はワーホリ中に引っ越しをした時の手続き等についてお話ししたいと思います!

イギリス国内での引っ越しの際の注意点

まずは引っ越しに関わるお話をしたいと思います。

ワーホリで渡英されている方のほとんどは、シェアハウスに住んでいるのではないかなと思います。

以前、こちらの記事(「イギリスでワーホリ中。住む家はどう探す?」)で家の探し方についてお話ししましたが、大抵のお家にはminimum term (最低契約期間)があり、その期間を過ぎないことには引っ越しをすることはできません。

また、補足ですが引っ越しをすることを最低何週間までに伝えなければならないというnotice periodもあります。このnotice periodは仕事の契約にもあり、どちらも2週間が多いのではないかなと思います。

つまり、急に引越しや仕事を辞めることはできないということです。

また、私の住んでいた家の家賃は月々での支払いだったのですが実際に引っ越しを考えたときに、週払いの方が楽なのかなと思いました。

例えば、月の最初にお引っ越しをしたとしてその月分の家賃を丸々払っていたら勿体無いですよね。

私は月末に引っ越しをしたので特に問題はありませんでしたが、入居の際に引っ越しをする月だけ週払いにできるか聞いてみるのもありだと思います。

デポジットの受け取り

入居の際に払ったデポジットは、退去の時に問題がなければ全額戻ってきます。

私の場合は、荷物をまとめ終わってから大家を部屋に呼びチェックしてもらいましたが軽く見渡す程度で終わり、全額戻ってきました。

しかし、厳しい大家さんだと家具などが汚れていたり軽く傷をつけたりしてしまっただけでいくらか取られてしまう場合もある様です。

特に入居の際に気にしていませんでしたが、明らかな傷などは入居の際に確認などをするといいかもしれません。

引っ越し

引っ越しの際のオススメ情報

私の場合、新しいお家がお友達の家なのでありがたいことにそのお友達が手伝いに来てくれました。

通常だと、バスや電車で往復しなければならないので極力断捨離をしなければいけません。

私の場合、いらない服やベッドシーツなどの布製品はH&Mへ持って行きました。
H&Mでは、布製品をリサイクルすると5ポンドのクーポン券がもらえます。

また、イギリスではチャリティーショップが多くいらない雑貨などの小物はここで寄付するのもオススメです。

ロンドン郊外だとバスか電車の場合、1日に何往復したり何日かに分ける場合はバスの方がお得です。
というのも、電車は短期の定期などはなくかなり割高になります。
対して、バスは1日券や1週間の乗り放題チケットなどもあります。

引っ越しが完了したら

さて、本題の引っ越し後の手続きです。

色々な住所変更の手続きをとる必要があります。

①かかりつけ医(GP)の変更

同じ地区内での引っ越しの場合は特に問題ありませんが、町などが変わった場合は近場の病院に登録し直すことができます。

必要なものは、NHS numberです。
最初のGP登録後に、手紙で送られてくるのでこのNHS numberを持って病院に行きます。

窓口でGPを変えたい趣旨を伝えると、最初のGP登録でしたものと同じ様な問診票を書いて登録完了です。
以前通っていた病院での記録や処方されていた薬などはそのまま新しい病院に引き継がれます。

②NI numberやTax関係の住所変更

電話でもできますが、簡単なのはオンラインでの登録です。

Gov.ukのサイトからHMRCと呼ばれるイギリスの歳入税関庁から手続きができます。

このHMRCにはアプリもあり、トータルいくら稼いでいるか見ることができたり、帰国の際に払い過ぎた税金を返金する際にも必要になってくるので登録していない人はこの機会に登録するといいかなと思います。

③在留届の変更

在留届は、もし何かあった時に身元や状況を確認するために必要な手続きです。

オンラインで簡単に変更できますので、万が一のためにも変更をおすすめします。

④銀行の住所変更

前の家に住んでいた時に私が一番受け取った郵便物が銀行からだったので、こちらも引っ越しをしたらすぐに変更することをおすすめします。

オンラインから簡単に変更できます。

引っ越し

郵便物はどうする?

住所変更するものでも、例えば服屋さんなどの広告類や友達や家族への報告を忘れたりした場合などもしかすると前の家に郵便物が届いてしまうかもしれません。

もし、それが大事な手紙で捨てられてしまったりしたら困りますよね。

そんな時に便利なのがイギリスの郵便局が行っている“Redirection”というサービスです。

古い住所に届くはずだった手紙等を新しい住所に自動で送ってくれるサービスです。

オンラインや郵便局で手続きできます。

料金は
3ヶ月    £33.99
6ヶ月    £46.99
12ヶ月    £66.99
です。

安くはありませんが、プライバシーも守れますしいいサービスだと思います。

最後に

面倒な手続きもありますが、各種変更届はとっても大切なので忘れない様にしてくださいね!

イギリス留学 関連記事

> イギリス留学のおすすめ留学エージェント

ワーキングホリデー 関連記事

この記事の著者

Mayu

Mayu

今までに留学を3度経験しています。長期で行ったイギリスに心惹かれ、大学卒業後はイギリスでワーホリ。趣味は旅行と映画鑑賞。合言葉は'なんとかなる!

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ