留学先の衛生面って気になりますよね、イギリスのトイレはどう?

イギリスのトイレ事情

はじめに

こんにちは!Dスケです。今日は、アルバイトで一日中、英語を話していました。本当に、貴重なバイトだなと思います。そこには留学した人もいれば、これからする予定の人もいてとても刺激をもらえました。

そして、つくづく思うのが、日本以外のアジアの方はなぜ、あんなにも英語力があるのかってことです。笑 

日本人も勉強している量は本当に負けていないはずなのに、圧倒的にスピーキング力が日本の教育では培われないんですね。もう、残念でしかないです。

「令和」の時代の子供達は、英語がペラペラになれる教育を受けて欲しいですね!

そして、今回は「イギリスのトイレ事情」についてお話しをしたいと思います。

イギリスのトイレ事情

トイレは日本と同じ感じ?

日本と似ている部分は、衛生面的なところです。必ず紙があり、手洗い場には石鹸がついています。

僕は、イギリスってトイレとかも本当に汚いイメージを勝手に持っていましたが、現地の人の話を聞くとそうでもないということです。本当に良かったです。笑 多少潔癖症になりかけている僕にとっては、吉報でした。笑 

日本から、アルコールジェルを持っていきます。もう、これさえあれば結構、無敵状態です。

しかし、日本と違うところもあります。

まさかの有料トイレがあるみたいです。「え~!お金を取るの?」って思いますよね。笑 そして、ほとんどのトイレにウオシュレットが付いていないみたいです。

なので、イギリスでは常に小銭を少々とアルコール除菌、念のためにティッシュを持っていると安心みたいです。

イギリスのトイレ事情

トイレの探し方

日本のようにどこでも、トイレがあるというものではないみたいですが、イギリスでもトイレに困るということはあまりないみたいです。

緊急でトイレが必要になったら近くのデパートがオススメです。とても綺麗にされているみたいです。それかカフェに入るかが一番現実的だそうです。

カフェによっては、オーダーをしていない人には貸さないというスタンスを取っているところもあるので、そこは仕方ないっちゃ仕方ないのですが、諦めて他を探すかコーヒーでもオーダーしちゃいましょう。

こういうことを聞くと、日本ってなんて親切な優しい国なんだろうって思っちゃいますよね。なので、トイレについては日本とは違うという認識を持っておく必要はありそうです。

そして、最後にイギリスのトイレに困った時にThe Great British Public Toilet Mapで検索してみましょう。このサイトでイギリスのトイレを検索することができます。

おわりに

イギリスのトイレ事情について今回はお話しさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

トイレは、日常的に当たり前にいろんな場所で綺麗な環境で使っていましたが、それは当たり前ではないんですね。海外から帰って来た日本人は、よく日本の豊かさに改めて気付かされることになったとよく言いますよね。

日本は、トイレだけではなく、やはり様々な点である意味天国みたいな国なのかもしれませんね。それでは、次回をお楽しみに!

イギリス留学 関連記事

留学エージェントに資料請求
あなたの語学力を5分で診断