憧れの全寮制学校!名門ボーディングスクールって、どんなところ?

みなさん、ボーディングスクールってご存知ですか?

ボーディングスクールというのは、全寮制学校のことです。

この記事では、「ボーディングスクール??初めて聞いた!」という方にも分かるように、ボーディングスクールについて説明いたします♪

ボーディングスクールとは

ボーディングスクール(Boarding School)とは、寮制の学校のことです。Boardingは、下宿を意味しています。

ボーディングスクールでは、教師も一緒に生活していたり、学校の中に寮があったりします。生徒が教師に見守られつつ、成長することができるのです。

映画『ハリーポッター』をご覧になったことがある方は、想像しやすいかもしれませんね!

寮で勉強する女性

ボーディングスクールの種類

ESLのあるボーディングスクール

ESLとはEnglish as a Second Language(第二言語としての英語)の略です。

つまり英語がネイティブではない人たちに向けて、英語を学ぶクラスがあるボーディングスクールのことです。例えば文法のクラスや、リーディング・リスニング・スピーキング・ライティングのクラスがあります。

英語を使いこなせることが入学条件となっていて、英語を学ぶクラスの無いボーディングスクールもありますので、ご注意ください。

ジュニアボーディングスクール

アメリカなどでは小学校~高校の学年を1年生~12年生と表現します。8年生・9年生までの学生が所属している学校をジュニアボーディングスクールと呼びます。

ちなみに9年生~12年生の学生が所属している学校はハイスクールと呼びます。有名なハイスクールに入学するためには、ジュニアボーディングスクールで英語力を養うと効果的です。

プレップスクール

アメリカにある、大学進学のための準備を目的とした高校のことです。大学レベルの授業を行っているところもあります。(イギリスでは、パブリックスクール進学のための準備を目的とした学校をプレップスクールと呼び、8~13歳の子供を対象にしています。)

アート系ボーディングスクール

芸術に関する授業が充実しているボーディングスクールです。美術や音楽はもちろん、演劇、ダンス、物語創作を学ぶこともできます。出願の際にオーディションを受けたり、作品集を提出したりしなければならない場合もあります。

スポーツ系ボーディングスクール

プロスポーツ選手を目指したければ、スポーツ系のボーディングスクールを選ぶと良いでしょう。規則正しい寮生活を通し、本格的な練習を積むことができます。同じようにプロを目指す生徒が世界中から集まってきて、良い刺激を受けられます。

ミリタリーボーディングスクール

退役軍人によって創設されたボーディングスクールのことです。カリキュラムや進路は通常のボーディングスクールと変わりません。しかし、生活における規則や先輩・後輩の上下関係が厳しいと言われています。

スモールボーディングスクール

生徒が少人数のボーディングスクールのことです。総学生数は150~200名以下となっています。学生と教師のつながりが強く、面倒見が良いです。英語力が低い、不登校などの問題を抱えていても丁寧に対応してくれます。

男子校/女子校

共学ではなく、男子だけ/女子だけの学校です。性別に応じた教育が行われています。男子校はスポーツ、女子校は芸術に力を入れている学校が多いです。学校がパーティーやイベントを催すため、異性との交流もなされます。

女子校

国際バカロレア(IB、International Baccalaureate)の認定校

国際バカロレア(IB、International Baccalaureate)とは、世界共通の大学入学資格のことです。平成29年5月現在、140以上の国で認められています。認定校では、国際的な視野をもった学生が育成されています。試験を経て、国際バカロレアの資格を得ることができます。

ボーディングスクールで人気の国と特徴

アメリカ

アメリカにはThe Ten Schools(10スクール、テンスクール)をはじめとする、ボーディングスクールが多くあります。

<The Ten Schools>

アメリカで、歴史的にも学術的にも権威のある名門のボーディングスクール10校のこと。有名進学校として知られています。

  • Phillips Academy(フィリップス・アカデミー) 1778年創設、マサチューセッツ州
  • Phillips Exeter Academy(フィリップス・エクセター・アカデミー) 1781年創設、ニューハンプシャー州エクセター
  • Deerfield Academy(ディアフィールド・アカデミー) 1797年創設、マサチューセッツ州
  • The Lawrenceville School(ザ・ローレンスビル・スクール) 1810年創設、ニュージャージー州
  • The Hill School(ザ・ヒル・スクール) 1851年創設、ペンシルベニア州
  • St. Paul’s School(セント・ポールズ・スクール) 1856年創設、ニューハンプシャー州コンコード
  • The Loomis Chaffee School(ザ・ルーミス・チャフィー・スクール) 1874年創設、コネチカット州
  • Choate Rosemary Hall(チョート・ローズマリー・ホール) 1890年創設、コネチカット州
  • The Taft School(ザ・タフト・スクール) 1890年創設、アメリカ合衆国コネチカット州
  • The Hotchkiss School(ザ・ホチキス・スクール) 1891年創設、アメリカ合衆国コネチカット州

イギリス

イギリスでは、寄宿制の名門パブリックスクールがあります。

イギリスのパブリックスクールは、私立の中等教育機関を指しています。(アメリカでは公立の学校をパブリックスクールと呼びますが)

<有名なパブリックスクール>

  • Eton College(イートン校) 1440年創設、ロンドン
  • Rugby School(ラグビー校) 1567年創設、ウォリックシャー
  • Harrow School(ハーロー校) 1572年創設、ロンドン

スイス

スイスには、世界で最も高額な教育機関の一つとして知られるル・ロゼ学院のような、セレブリティ向けのボーディングスクールが多くあります。

<有名なボーディングスクール>

  • Le Rosey(ル・ロゼ学院) 1880年創設、ヴォー州
  • Leysin American School(レザンアメリカンスクール) 1960年創設、ヴォー州

スイスの山の風景

ボーディングスクールに通う条件

■例1:EFアカデミー ニューヨーク校

  • 年齢:14~19歳。年齢や専門、取りたい資格などに応じてコースを選ぶ。
  • 書類:パスポートのコピー、学校成績、学びたいこと
  • 入学試験:学習における強みや弱みを把握するためのもの、英語レベルテスト
  • 学力:準備コースは中学2年生以上、IGCSEコースは中学2、3年を修了していること、IB DIPLOMA、IB CERTIFICATE、A-LEVELコースは高校1年を修了していること
  • 英語力:準備コースは英語力に応じて、IGCSEコースはIELTS 4.5(EF英語レベルテスト41/70)、IB DIPLOMA、IB CERTIFICATE、A-LEVELコースはIELTS 5.5(EF英語レベルテスト52/70)

※英語の能力が十分でない場合、事前に準備コースを受けることで英語力を養うことができます。

■例2:Phillips Academy

  • 年齢:中学3年生~高卒生
  • 書類:成績証明書、英語での作文のサンプル、短い作文(生徒・親)、推薦状(先生から・英語力・数学・個人についてなど)
  • 学力:中学3年生、高校1年生はSSAT、ISEE、高校2年生はSSAT、ISEE、SAT、PSAT、ACT、高校3年生と高卒生はSAT、PSAT、ACTから選んで提出
  • 英語力:TOEFL

費用

■例1:EFアカデミー ニューヨーク校

  • IGCSE(14~16歳向けコース)学費:年間USD41,850
  • 入学金:年間USD395
  • 試験:年間USD375
  • 医療費:年間USD225
  • 活動費:1学期USD315
  • 教材費:1学期USD235

■例2:Phillips Academy

  • 入学試験代:USD70
  • 学費(寮生):年間USD52,100
  • その他(概算):USD2,400

費用の計算

期間

■例1:EFアカデミー ニューヨーク校

  • IGCSE(14~16歳向けコース):中学3年生、高校1年生
  • IB DIPLOMA、A-LEVEL、IB CERTIFICATE(16~19歳向けコース):高校2年生、高校3年生
  • 準備コース(上記のコース開始前):2~12か月間

■例2:Phillips Academy

Grade9(中学3年生)からPG(Post Graduate)まで

授業内容、教育方針

■例1:EFアカデミー ニューヨーク校

国際バカロレア認定プログラムや、A-LEVEL(イギリスの大学入試に必要)プログラムがある。アメリカ・イギリスのトップ大学の合格実績を誇る。

国境のない未来に向かって、インターナショナル教育を生徒ひとりひとりに行う。

 

■例2:Phillips Academy

最難関の進学校。アイビーリーグの各大学に10人以上が進学している。

文系・理系・芸術など、様々な分野の科目が開講されている。大学レベルの勉強ができる。

ボーディングスクールでの生活

■例1:EFアカデミー ニューヨーク校

100エーカーの敷地。マンハッタン中心部まで40分。

様々なアクティビティが用意されている。最新設備と施設がある。

■例2:Phillips Academy

とても学問に熱心な先生が指導してくれる。先生のおかげで、学問に対して関心を持つことができる。

寮生たちは、寮の中で生徒やカウンセラーと強いつながりを作ることができる。

卒業後の進路

アメリカやイギリスの有名大学

例:アメリカのアイビーリーグ(ハーバード大学、イェール大学、コロンビア大学など)

イギリスのオックスブリッジ(オックスフォード大学、ケンブリッジ大学)

イギリスのラッセルグループ(ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン、マンチェスター大学など)

アイビーリーグ

ボーディングスクールに通うメリット、デメリット

メリット

  • 一日中、英語漬けの環境に身を置くことができる。
  • 現地はもちろん、世界中の生徒が通っているので、グローバルな人間になれる。
  • 家族と離れて自立した人間になれる。
  • 国際的な進学校なので、世界中の優秀な学生と切磋琢磨できる。
  • 一生ものの人脈を築ける。

デメリット

  • 費用が高い。
  • 日本語での勉強がおろそかになる。
  • 親と離れて生活をしなくてはならない。

名門ボーディングスクールは学費が高額となるものの、その分、しっかりと教育を受けられます。

是非、ボーディングスクールを選択肢に入れてみてくださいね♪

 

弊社がご紹介する留学エージェントでも、手配が可能です。

まずは、お気軽にお問合せください!

LINEで送る
Pocket

この記事の著者

haru

haruインドネシア留学経験者

インドネシアに留学していました!友達がたくさんできて、楽しかったです:)現在は、留学に関するライターをしています。

関連記事

ページ上部へ戻る