イギリスのワーキングホリデー!基本情報・ビザ

非常に人気があるイギリスのワーキングホリデーことYMS(Youth Mobility Scheme)。正確に言うとYMSは就労を目的とするビザなので、いわゆるホリデーを前提としたワーキングホリデーとは異なります。ただ、若者向けで2年間の期間など、ワーホリと近い考え方をするビザなので、便宜上、イギリスのワーキングホリデー=YMSとして紹介します。留学エージェントなどで紹介されているイギリスのワーキングホリデーというのも、このYMSのことです。

他の国のワーキングホリデー制度とはどう異なるのでしょうか。今回はイギリスのYMSについて、詳しく紹介していきます。

イギリスって、どんなところ?

イギリスはヨーロッパ大陸の北西岸に位置する島国です。英語発祥の地であり、本場の英語を学びに世界中から留学生が集まります。歴史がある国であり、歴史的建造物から大英博物館などと観光スポットもたくさんあります。ビートルズなどの音楽やサッカー大国としても有名です。また、首都ロンドンを始め、魅力的な都市がたくさん!歴史と最先端が共存している国であり、観光地としても人気です!

イギリスでワーキングホリデー

YMSってなに?

YMSとはYouth Mobility Schemeの略です。日本ではイギリスワーキングホリデーと認識されていますが、他国のワーキングホリデーとは異なり、どちらかといえば就労ビザに近いです。希望者が大変多く、取得が大変困難です。応募情報は毎年10月~12月に発表されます。

YMSの特徴

最長2年間滞在可能です。他国のワーキングホリデー制度は休暇を目的としたものですが、YMSは語学や観光ではなく、就労を目的としたものです。そのため、フルタイムでの就労が可能で、就学期間や労働時間に制限がありません。この就労を目的とする点が、ワーキングホリデーとの大きな違いです。

毎年定員は1000人のみで、抽選によって選ばれます。行けるかどうかは完全に運になります。たいへん人気で、毎年かなりの狭き門になっています。

応募資格

  • 日本国籍のパスポートを所持していること
  • 18歳以上30歳以下であること
  • 過去にYMSビザまたはYESビザ(以前のイギリスのワーキングホリデー制度)を取得していないこと

※日本からイギリスへのワーキングホリデー(YES:Youth Exchange Scheme)は、2008年に廃止されています。YES時代は、15-25歳で1年間だったのが、YMSになって30歳までで2年間に拡充されています。対象範囲が広がり、働くことを考えている人にとっては利用しやすくなったので、余計に人気になっています。


イギリスの地図

ビザの申請をしてみよう

YMS申請抽選

申請を希望する人は応募期間の決められた時間にメールを一通送らなければなりません。

メールの題名にはパスポートと同じ表記の申請者氏名、生年月日およびパスポート番号を必ず明記。

メール本文には

  • 名前
  • 生年月日
  • パスポート番号
  • 申請手続きを行う国
  • 電話番号と携帯番号

を明記し、送信してください。

受付期間終了後に、1000名の申請者がランダムに選ばれます。選ばれた申請者には申請可能通知、予約方法の詳細およびYMSビザ申請に必要な書類に関する2通目の自動返信Eメールが送られます。当選した場合のみ、この申請可能通知のEメールを受け取ることができます。後日、落選者には落選通知メールが送られます。

2016年の場合は、下記の日程でした。

翌年の応募情報が、毎年10月~12月に発表されますので、情報はこまめにチェックしましょう。早い者勝ちとかではないので、受付申請期間までにチェックできればOKです。

※制度は変わる可能性が常にありますので、やはりマメなチェックはかかせません。

オンライン申請

当選した場合にだけ、次のステップの案内のメールがきます。予約方法や、YMSのビザ申請に必要な書類等について記載されています。

オンラインにてビザの申請をします。オンラインでは申請書の作成・来館予約・保険料と申請手数料の支払い・申請書の印刷を行います。申請書はすべて英語で記入しなければいけません。この時に入国日と滞在先住所を記入する必要があります。

ビザ申請

オンラインで作成した書類を含めた必要書類を持ち、申請者本人が実際にビザセンターへ申請をしに行きます。イギリス大使館では申請受付を行っていないので注意してください。

提出書類

  • YMS申請書(オンライン作成)
  • 資金証明書(1890ポンド以上)
  • パスポート(有効期限が6ヶ月以上のもの)
  • パスポート顔写真ページのA4カラーコピー
  • YMS当選メールのコピー
  • 来館予約の予約票(オンラインで印刷)

上記の申請書以外の書類は原本とコピー1部の提出が必要です。

イギリスの公衆電話

注意点

  • YMSは予定日前の入国または出国日の延長はできません
  • 入国日よりも前に英国またはアイルランドに入国するとビザの資格がなくなってしまう
  • 申請後何か月後に入国しなければいけないという制限はない
  • YMSの取得が困難なことから、それを利用した詐欺に注意すること
  • パスポートの有効期限が2年以上なくても、半年以上あればビザを申請することができる

イギリス

おわりに

今回はイギリスのワーキングホリデーこと、YMSについて紹介しました。他国のワーキングホリデー制度は随分異なりますね!自由度が高く人気であるイギリスのYMSは、競争率がかなり高いです。イギリスのYMSだけに的を絞らず、他の国も見て見てください!YMSを取得した方や実際にイギリスに留学する予定の方はイギリスでワーキングホリデーも見てみてください。

留学エージェントに資料請求

ワーキングホリデー&イギリス留学 関連記事

≪参考≫

英国大使館

ビザセンター

賢く留学準備をするなら、こちらの記事も参考に!
「自分にピッタリの留学エージェントを探せ!」

LINEで送る
Pocket

この記事の著者

Yuko

Yukoフランス留学経験者

大学2年生の時に、半年間フランスのパリに語学留学しました。

関連記事

ページ上部へ戻る