イギリス大学院留学してみる?

イギリス大学院に留学しようかなーとなんとなくでも思ったら知っておきたいイギリス大学院留学の基本情報を紹介していきます。

イギリス

どうしてイギリスの大学院?

イギリスはアメリカと並んでレベルの高い大学院や大学院における研究で知られています。イギリスの大学院は日本やアメリカの大学院に行くよりも早く学位が取得することが可能です。なので、大学院には行きたいけれど、なるべく早く修士・博士を取得したい!という方にはオススメです。イギリスの大学院はGREを受けずに受験することができます!これは留学生には負担が少なくて済むのかなと思います。

イギリスとアメリカの大学院の違いが知りたい!という方はこちらの記事をどうぞ どう違う?イギリスとアメリカの大学院

イギリスの大学院入試

イギリスの大学院を受験するにはonlineのApplicationの他には、Personal Statement、学校が発行する公式の成績証明書、今までに書いた論文(英語)、推薦状、英語能力テストの公式スコア(IELTS)が必要になります。コースによってはポートフォリオや数学の試験を受ける必要があることもあります。Personal Statementはなぜその大学院に進学したいのかと研究テーマについて書きます。IELTSのスコアについては学校によって求められるスコアが変わってきますが、大体6.5~が必要となることが多いようです。それまでに英語で授業が行われる教育機関で学位を取得している場合などにはすIELTSのスコア提出を免除されることもあります。

イギリスの大学院はRolling審査を行っており、出願の開始から早いもの順で出願が完了したものから順番に審査が行われていき、定員に達した時点で締め切られるので早めに出願しましょう。

大学院の図書館

アカデミックイヤーはいつ?

イギリスでは基本的には、アカデミックイヤーのはじまりは9月です。9月~1月中旬までがFirst semester、1月下旬~6月中旬までがSecond semesterになります。

休暇は主に、Christmas break、Easter breakと夏休みです。試験はセメスターの終わりにあります。

「いまさら聞けない!アカデミックイヤーとは?学期制って?」

大学院のコースについて

大学院ではご存知の通り修士と博士の学位が取得が可能です。

Masterは通常1年間のコースになります。MasterにはTaught MasterとResearch Masterがあります。Taught Masterは講義やゼミ中心の授業を履修し修士論文を書くことで取得できる修士課程です。Taught MasterにはMSc (Master of Science)やMA(Master of Arts)があります。Research Masterは研究が中心のカリキュラムで修士論文を書くことで取得できる修士です。簡単にいうと研究者になるトレーニングの修士課程です。

Master of Philosophyの場合には2年間のコースになります。Master of Philosophyは研究ベースの修士課程です。ただMScと同じかというと、MPhilの方がより研究主体で自分で研究を行ったりします。

博士号であるPhDをとるには3年間のコースになります。

参考 http://www.topuniversities.com/blog/types-masters-degrees

大学院での研究

大学院では成績はどう評価される?

成績の評価の仕方は学校によって変わってくることもあるかと思いますが、大体70%以上がA、60%以上がB、50%以上がC、40%以上がD、30%以上がE、20%以上がF、10%以上がG、10%未満がHです。D以上の成績が合格、ということになりますが、博士課程に行くにはC以上が必要と言われています。学校によってはA1、A2、A3のようにより細かく評価を分けていることもあります。

学位を取得する際にそれまでの成績に照らしあわせて、Distinction、Merit、Passに分けられます。(落第するとFailです。)Distinctionは達成率が70%以上の場合、Meritは60%以上、Passは40%以上です。DistinctionまたはMeritの場合には、学位とともにそのことが記載されます。

大学院の費用はおいくら?

アメリカの大学・大学院同様、近年授業料の値上がり状況にありますが、最近ポンドに対し円が強くなってきたので、イギリス留学のチャンスかもしれません。

年間授業料

文系:£12000~

理系:£15000~

MBA:£23000~

イギリスの大学院の授業料

おわりに

せっかく大学院に進むなら世界トップレベルの教育機関であるイギリスの大学院へ留学してみると、日本の大学院に進学するだけじゃ味わうことのできない様々な経験をすることができるかもしれません。日本の大学院とは求められるものが違ってきたり、英語が母語ではないというハンデを背負ってのは学位取得は簡単ではないかもしれませんが、チャレンジしてみる価値はあると思います。

イギリス留学 関連記事

賢く留学準備をするなら、こちらの記事も参考に!
「自分にピッタリの留学エージェントを探せ!」

LINEで送る
Pocket

この記事の著者

mm

mm

アメリカ長期滞在中

関連記事

ページ上部へ戻る