アメリカ日常会話[学校で習わなかった!?よく使う単語・フレーズ]

us-mi_usslang1中学校から英語を学び始めて7,8年。教科書に載っている言葉と実際にアメリカ留学中で多用した言葉にギャップがありました。そこで今回はアメリカ滞在時に良く出くわした単語・フレーズを紹介したいと思います。こういった言葉遣いを知っておくことで、会話がとてもスムーズにいきますよ。

us-mi_usslang2Staycation

Stay + Vacation の造語で休日や帰省時に旅行やお出かけはせずに家でゆっくり過ごすことを言います。

Bucks

直訳は鹿の皮ですが、お金の単位のDollerと同じように使います。 $20=20 bucks

us-mi_usslang3Pissed off

怒るという意味。

Be into~

これは「~が好き」、「~に詳しい」という意味で、初対面の人には良く「What are you into?」とよく聞かれました。

Bunch of

これは「たくさんの」という意味でmanyなどと同じ意味です。

Pull Over

「車を停める」という意味から「着いたよ!」の意味でつかわれていました。車社会アメリカならではですね。

us-mi_usslang4Chill out

「ゆっくりする」、「リラックスして過ごす」の意味。

Come Over

家に遊びに行くという意味で使います。「Come over to my place.」で「家おいでよ。」といった感じです。

Roomie

Roommateの意味ですが、もっとそのルームメイト親しみがあり、女性的な言い方です。

Weed

直訳は「雑草」ですがマリファナを指すことばとして良く使われます。気を付けて下さい。汗

us-mi_usslang5High Five

日本で言うハイタッチのことです。Fiveは指の数、五本からだそうです。ちなみにハイタッチは通じません。。。

このほかにもたくさんのスラングやフレーズがあります。そしてもちろん滞在先によって日常会話の表現方法や単語が変わってくるので、留学先に合わせて事前にチェックしておくといいですよ。そうすることで現地での会話がスムーズになると思います。

しかし一番大切なのは分からない単語やフレーズに出会ったらその場で聞くこと!そうすることで日本では身につけられなかったであろう教養が身についていくのを感じることができます。ぜひ、留学先でチャレンジしてみてくださいね。

> アメリカ留学のおすすめ留学エージェント

この記事の著者

なんはい

なんはい

2015年4月から一年間アメリカのニューヨーク、サンフランシスコ、チーコの語学学校、コミュニティカレッジへ語学留学しました。

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ