アメリカ留学、お金はどう管理する?

どうも。今回は留学したいと考えている後輩のご家族から最近質問されたことなんですが、アメリカへの留学中に僕がどのようにしてお金を管理していたのか、日本にいる家族からどのようにお金を送ってもらっていたのかについてお伝えしていきたいと思います。

アメリカ留学、お金はどう管理する?

カード社会

よく言われていることなのですが、アメリカはカード社会です。大体のところでクレジットカードもしくはデビットカードが使えますし、オンライン決済などもすごく一般的です。学校の食堂や自販機なんかでもカードが使えたりします。

僕が高校でアメリカに留学した際は、日本からキャッシュパスポートというオンラインでチャージできるカードを持っていきました。このキャッシュパスポートなんですけど、の国でも使えるようなので結構便利です。

留学生の友達の中には日本のクレジットカードを持ってきている人も結構いましたが、不自由なく生活できるようでした。VisaかMastercardならほとんどどこでも対応しています。

正直、一年以下の高校留学ならアメリカで銀行口座を開く必要もないと僕は思います。

銀行口座

先ほどお話ししたように、日本から持ってきたデビットもしくはクレジットカードでほとんど事足りますが、大学の授業料の支払いやアルバイトの入金先としてアメリカの銀行の口座が必要になることもあります。

州によって主流の銀行は違うので、州内の支店の多い銀行の口座を開くことをおススメします。

アメリカで銀行の口座を開くのは結構簡単で、手数料なども学生の場合はとらない銀行もあります。

また近いうちに口座開設のことについて別の記事を書こうかなと思います。

アメリカ留学での現金

現金

僕は高校のときは1000ドル(日本円10万程度)の現金を日本から持っていきました。別にそんなにもっていく必要なかったなあと思ったので大学で再び来た際は500ドルくらいを両替しておいた気がします。

心配な方は渡航前にある程度の現金を用意しておくのもいいかもしれません。

さいごに

お金などアメリカでの生活に深くかかわることは留学生、その親御さんたちの気になるところみたいですね。

またこんな感じの情報を記事にしていきたいと考えています。それではまた!

留学エージェントに資料請求