アメリカで暮らしてみてわかる!日本での暮らしとのギャップ

こんにちは、サリーです。アメリカで暮らし始めて数ヶ月経ちましたが、最近感じるようになった日本での生活とアメリカでの生活のギャップについていくつかシェアしていきたいと思います。

アメリカで暮らしてみてわかる!ン本での暮らしとのギャップ

ゴミは分別しない?!

私の学校では、ゴミの分別をしません!燃えるゴミ、燃えないゴミ、プラスチック類、びん、カン、全て同じゴミ箱に入れてしまいます。

アメリカでは、だいたい普通のゴミと資源ごみに分別しますが、大学のような大きいコミュニティだと分別しないことが多いそうです。

初めは戸惑いましたが、今となっては分別が必要ないので楽チンです(笑)

お湯が出ない…

これはまず、日本にいたらほぼ経験することがないと思いますが、たまにお湯が出ません!

シャワーの時やお皿を洗うときなど、急に温度が低くなったり高くなったり…

また、場所によってはシャワーの出がとっても悪い上に熱いお湯が出なかったりと、毎日のように起こるわけではありませんが、お湯に関するハプニングはつきものです。

アメリカ留学中に感じるギャップ

パジャマで登校

たくさんの生徒がパジャマのような格好で授業を受けています(笑)

スウェットパンツやレギンスにトレーナー、クロックスなど学校内ではおしゃれをしている人はほぼ見られません。

メイクをしなかったり、髪をセットしなかったりする人もたくさんいますが、パーティーは別物!

パーティーの時はほとんどの人がおしゃれをしてメイクもバッチリ、エクステなどでヘアアレンジをしている人も見られました。

どこでも土足

アメリカでは一般的ですが、家の中でも土足です。

家についても靴を脱がないことには驚きましたが、これがカルチャーなので仕方がないかなと思って私もどこでも土足で生活しています…。

ただ、やっぱり自分の部屋の中では靴を脱いで生活する方が慣れているし、心地がいいので、私はカーペットを引いてそこのスペースは土足禁止にしてあります!

アメリカ留学中の土足の生活

まとめ

いかがだったでしょうか。

アメリカで生活してみて感じた日本での生活とのギャップ。

不便に感じることもありますが、便利に感じる部分もあるので、みなさんもぜひ、アメリカでの生活においてギャップを感じるような時があったらシェアしてくださいね!

留学エージェントに資料請求