オーストラリア留学中の住まい人気トップ3

留学する上で欠かせないことの一つが住まい探しですね。言葉も文化も違う知らない国での家探しは決して簡単なものではありません。今回は留学生がどのような家で過ごすのか、そのタイプは大きく3つのタイプに分かれます。

今回はそれらのメリット・デメリットと一緒に紹介をしていきます。

オーストラリア留学中の住まい人気トップ3

1. ホームステイ

日本人は最初の1か月ホームステイをしながらシェアハウスを探すというタイプの人が多いです。学校や留学エージェントがホームステイ先とのコネクションを持っていたり提携していたりすることが多く、手続きやホームステイ先探しを全て行ってくれます。

オーストラリア留学中の住まい人気トップ3 ホームステイ

ホームステイのメリット: 「ネイティブと会話できる」

ホームステイはオーストラリアで実際に住んでいる人の家の一室を借りたり、そこに住んでいる子供たちと同じように暮らしたりするタイプのことです。現地でオーストラリア人とのコネクションを作ることは極めて困難ですが、ホームステイでは必然的に知り合いが出来、毎日「今日はこんなことがあった」と会話が出来るので、確実な英語の伸びが期待できます。

さらにオーストラリアではホームステイが大変盛んなため、「ホームステイをしてみたい」と思っている現地の人もたくさんいます。一か月のホームステイが終わった後、ホームステイ先の知人の家に安く住まわせてもらえることもあります。またオウンルームを持てる、料理の必要がない事などもメリットです。

ホームステイのデメリット: 「選べない」

ホームステイ先は学校やエージェントが決定するので、条件の希望は言えるもののどこの家にということは基本的に選ぶことが出来ません。家ごとにルールがあり、そのルールや環境で揉めることが多々あります。

揉め事で多いことが「門限」「食事」です。オーストラリアは夜10時に寝る人が多いため、門限のある家では「夜8時」などと日本人から相当早い時間に決められていることがあります。もちろんその場合友達と飲みに行くことも、ナイトマーケットに行くことも出来ません。

次に多いのが食事です。オーストラリアは移民の国。オーストラリア人と言ってもどこの国にルーツがあるかわかりません。アジアやミクロネシアの島々からの移民の場合、国ごとに特徴的な食事が出される、またはその臭いに耐えられない、イギリスからの移民の場合食事が美味しくない、などはよく聞く話です。

場合によっては途中でホームステイ先を変えることも出来ますが、その変える先もまた選べないので起こりうることは同じです。

2. シェアハウス

長期留学の人に一番人気なのがシェアハウスです。日本ではあまり聞きませんが、オーストラリアではシェアハウスをすることはごく当たり前で、オーストラリア人が「一人暮らしをする」ということも基本シェアハウスです。

オーストラリア留学中の住まい人気トップ3 シェアハウス

シェアハウスのメリット: 「安い」

シェアハウスは一つの家を複数人でシェアするので当然安いです。市内の中心に住んだとしてもさほど高くなく、便利な生活が送れることが魅力です。

他の国の人とシェアをするので英語力を伸ばすことも出来、シェアメイトと食事や映画に行くことも出来ます。プライバシーや「一人の時間が欲しい」ということが初めは心配かもしれません。

しかしプライバシーと一人の時間が欲しいのはみな共通です。夜ベッドにいるときや一人の時間を楽しんでいるときはお互いに気を使うので、意外とすぐに慣れるものです。

シェアハウスのデメリット: 「シェアメイトは選べない」

シェアハウスは自分で場所や家を選ぶことが出来ます。気に入らないと思ったら出て行って次の場所に移ることも出来ます。

しかし一つだけ選べないことがあります。それは「シェアメイト」です。

いくらインスペクション(見学)をしても、シェアメイトがどんな人なのかは自分で実際に会ってみないと分かりません。シェアメイトが日本人だらけで全く英語の勉強にならない、ゴミを捨てない、食器を全く洗わないなどとにかく汚い、また一つ一つの物音がうるさかったり大声で電話しだす人もいます。

オーナーや長く住んでいる人が勝手にルールを作ったり人の物を使ったり、自己中心的な人がいるのも事実です。

3. スチューデント・アコモデーション

“Student accommodation”とはいわゆる学生寮のようなものです。こちらもホームステイと同様に学校が手配してくれる、もしくは学校経由で申し込むことが出来ます。

オーストラリア留学中の住まい人気トップ3 スチューデント・アコモデーション

スチューデント・アコモデーションのメリット: 「設備が整っている」

スチューデント・アコモデーションは企業によって運営されているので、セキリュティがしっかりしており、バーベキュー場や卓球台、プール、シアタールームなど様々な設備が完備されており、常に清潔です。朝ごはんやコーヒー、マフィンが無料で食べられることもあります。オウンルームも付いているのでプライバシーも安心です。

スチューデント・アコモデーションのデメリット: 「高い」

グレードにもよりますが、基本ホームステイよりも高いです。もちろん食費は含まれていない上、洗濯機も有料であることなどを加味すると相当な費用がかります。

資金に余裕がある人や学生寮だけは譲れないという人にはお勧めですが、日本人でスチューデント・アコモデーションを選んでいる人はごく少数です。

まとめ

留学生の多くが選ぶ「ホームステイ」「シェアハウス」「スチューデント・アコモデーション」の3タイプを紹介していきました。

自分に合った住み方を見つけるのがベストですが、せっかく日本の外で生活をする貴重な機会なので、一度はシェアハウスを体験してみてはいかがでしょうか。

この記事の著者

さすぴえ

さすぴえ

「日本と世界の距離を無くしたい!」という思いから、大学を休学してブリスベン(オーストラリア)に留学中の22歳。旅行と音楽とお酒が大好き!
日常のあれこれから将来につながる経験まで、将来世界で活躍したい学生へ向けた記事を発信していきます。

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ