オーストラリアの街比較!あなたに合う街はどこ?

こんにちは。今日はすでにオーストラリアへの留学を検討している方!必見!
どの街がおすすめ?各街の比較をしたいと思います!
ぜひ自分に合った街を探してくださいね。

ブリスベン

オーストラリアの街比較 ブリスベン

自然と都会の便利さがバランスを保つ町。
年中気温も温かいブリスベンはシドニー、メルボルンに続き第三の都市です。
ゴールドコーストへも電車で1時間でいけ、海がきれいなことで有名なサンシャインコーストまで車で1時間半、ヨガやサーフィンの聖地として有名なバイロンベイへも車で2時間でいけます。ブリスベンはコンパクトな都市ですが、世界でも有数の治安のいい街とされており、その綺麗な景色や人の優しさも魅了の1つです。物価は他の街に比べて比較的安く、とても暮らしやすい街ですよ。落ち着いた中で勉強に集中したい方にお勧めです。

食費平均;$10(ランチ)
家賃平均:$165(都市部・シェアルーム・家具・Wi-Fi付)

ゴールドコースト

オーストラリアの街比較 ゴールドコースト

オーストラリアで7番目に大きな街。
世界的に有名なビーチに歩いて行けるというのが最大の魅力!海周辺の街はビーチサンダル、Tシャツ、短パンで過ごす人が多く、スローライフを感じます。年中天気が良く、気温も高いため日本人の方には人気な場所です。ともかく海!というような街なのでサーフィンをしたい、毎日海を見に行きたいという方にはお勧めです。

食費平均:$12(ランチ)
家賃平均:$160(都市部・シェアルーム・家具・Wi-Fi付)

シドニー

オーストラリアの街比較 シドニー

オーストラリア最大の都市シドニー!
最大の都市だけあって学校や仕事の数も多いです。歴史ある大都市に多文化を融合した世界的にも活気のある街。オペラハウスやハーバーブリッジなど観光地も多く、イベントもたくさん開催されています。都会ですが、清掃も行き届いていて比較的な綺麗な都市ですよ。ただ、少し物価が高めで仕事数は多いものの、時給が最低賃金を下回る職種もちらほら…

食費平均:$13(ランチ)
家賃平均:$200(都市部・シェアルーム・家具・Wi-Fi付)

メルボルン

オーストラリアの街比較 メルボルン

アートやファッション、グルメ好きな方にピッタリな街。
ここはオーストラリアで2番目の都市ですが、美術館や図書館が有名であるように、スポーツや芸術面では1番の都市と言われている大きな街です。少し電車で出かければ海をみにいけますが都市には世界で認められるようなバリスタが集まり、おしゃれなカフェやアート的な建物が建ち並びます。世界で住みやすい街ランキング1位に7連連続で選ばれている人気な街です。ただ、オーストラリアの中では寒い日もあり、都会のためかごみや街の空気が濁っている印象です。

食費平均:$13(ランチ)
家賃平均:$200(都市部・シェアルーム・家具・Wi-Fi付)

パース

オーストラリアの街比較 パース

「世界で1番美しい街」といわれるほど美しい街です。
とにかく海がどこよりも綺麗と人気の街!!!大都市ではありませんが、のんびりした雰囲気の中で住みたい人や日本人の少ない所に住みたい方にはお勧めの場所です。

食費平均:$13(ランチ)
家賃平均:$190(都市部・シェアルーム・家具・Wi-Fi付)

ケアンズ

オーストラリアの街比較 ケアンズ

世界遺産であるグレートバリアリーフで有名なリゾート地!
観光客がとても多いのでガイドやお土産屋さん等の観光業の仕事が多くあります。
学校は他の都市に比べて比較的少なく、アットホームな学校が多いです。海好き、ダイビング好き、リゾート気分を味わいたい人にはお勧め。ただ、グレートバリアリーフ以外のビーチは海が濁っていることも多く、少しがっかりしてしまうかも…

食費平均:$13(ランチ)
家賃平均:$155(都市部・シェアルーム・家具・Wi-Fi付)

以上、オーストラリアの街比較でした!
自分の目的や目標にあった街を選んでみてくださいね。

留学エージェントに資料請求