イギリス留学「もって来て大正解!」と「持ってくれば良かった!」

あえるイギリス留学の持ち物

交換留学や語学留学など、長期間で留学する場合、スーツケースの中に何を入れたら良いのか、悩ましいところです。私も留学前には、インターネットでたくさんのブログや体験談を読んで、何を持って行ったら良いのか、とても悩みました。

現在、留学して約3週間目となります。ようやく生活の方も落ち着いてきたところで、持ってきてよかった!と思うものや、持ってこなくてよかった、もしくは持って来ればよかった…というものがいくつかあります。

今回は「持って行って大正解だったもの」と「持って来ればよかったもの」の2つに絞って紹介していきたいと思います。

日本から持ってきて大正解!だったもの

1. 麦茶、緑茶

まずはお茶系です!イギリスでは基本的に水道水を飲むことは可能ですが、石灰を多く含んだ硬水のため、人によってはミネラルウォーターを買い込む人も多いです。でも、お金のない留学生の場合、日常的に飲むお水は節約したいところ。

そんな時に非常に役立っているのが、日本から持ってきた、水やお湯に入れて作るタイプの麦茶や緑茶です。

私は水道水を飲むのにそこまで抵抗はありません。それでも、沸騰させると安心感があるので、麦茶や緑茶のパックは重宝しています。

2. ちびくろちゃん2合炊き

ちびくろちゃんとは、ご飯を電子レンジで炊くことのできる容器です。アマゾンなどで800円程度で売られており、コンパクトかつ作り方もとても簡単。1年間程度の留学であれば、炊飯器ではなくちびくろちゃんがあればやっていけると思います。
ちびくろちゃん2合炊き

3. お気に入りの出汁

日本食を作るにあたって1番重要と言っても過言ではないのが出汁です。味噌汁を始め、野菜に和えるなど、出汁があれば日本食の奥深さを再現することができます。

私は1年分の出汁を持って行きましたが、節約のために自炊したい、日本食を作りたい、と考えている方は是非持っていきましょう。

4. インスタント食品、乾物

お次も食べ物系です(笑)。イギリスの食べ物を信用していなかった私(実際来てみたら今の所全部美味しくていい意味で裏切られています)は、無印良品やスーパーでとにかくインスタント食品や乾物を買い集めました。中でもご飯と混ぜれば作れる炊き込みご飯の素やパスタの素、わかめなどの乾物はとても重宝しています。

1つ注意しなくてはならないのが、イギリスはお肉や乳製品の持ち込みが不可となっている点です。念のためにチキンエキスなど、少しでもお肉が入っているものは避けた方がいいでしょう。

5. 変圧器、たこ足配線

イギリスの電圧は日本とは違うため、日本から持って来た電化製品などを使いたい場合は変圧器は必須アイテムです。また、1つの変圧器にタコ足を繋げれば携帯やパソコン、ドライヤーなどを一気にさすことができるのでとても便利なアイテムです。現地でも調達することはできますが、電化製品は到着した日の夜から使うことが多いので、そこまでかさばらない変圧器とたこ足は持って行く価値ありです。

6. 折り畳み傘

これはイギリス留学ならではな持ち物ですね(笑)。ブライトンはイギリスの中では南に位置するため想像していたよりも雨は少ないですが、それでもいきなり雨が降って来たりすることはあります。こちらもかさばるものではないので常にビニール袋の中に折り畳み傘を入れて持ち歩くといいでしょう。

7. SIMカード

旅行や短期留学の場合は、Wi-Fiがあればなんとかやっていけるかもしれませんが、長期留学の場合はWi-Fi環境のない場所でもインターネットや電話が使えるように、現地の携帯会社と契約するのが便利です。

私は日本からSIMフリー携帯と、容量の少ないSIMカードを持って行き、空港に着いた瞬間からインターネットが使えるようにしました。イギリスは日本よりもWi-Fiは普及していますが、無料Wi-Fiだと会員登録が必要な場合も多く、現地のSIMカードを利用するといざという時に使えてとても便利です。

持って来ればよかったもの

1. フォーク、スプーン、菜箸

私の留学しているブライトンではなぜか、フォークとスプーンが単品で売っていません(お箸はなぜか売っています笑)!

また、自炊する場合は料理するときに必要な菜箸はイギリスでは見つけることができないので、かさばらないこの3点セットは持って言った方が楽だったなと思います。

菜箸

2. お茶碗、味噌汁入れ

お茶碗、味噌汁入れは、日本食ならではの食器です。こちらではスープを入れるような食器は見つかるのですが、ご飯やお味噌汁を入れるのに適した食器を見つけることがなかなかできず、結局スープ入れに味噌汁を入れて飲んでいます。

そこまでかさばるものではないので持ってこればよかったなと思っています。

3. ガイドブック

イギリスのガイドブック、およびヨーロッパ旅行用に、自分が行きたい国の日本語のガイドブックはイギリスの本屋さんにはまず売っていないので、持って言ったら便利だったなと思っています。

大学にもよるかと思いますが、イギリス留学している人は授業のないときに国内やヨーロッパを旅行する人が多いです。旅行の計画立てに日本語のガイドブックはとても重宝すると思います。

4. Kindle

留学中は日本にいる時よりも時間に余裕があり、考える時間も増えたように感じます。

自分の内面と向き合いたいとき、ホームシックになった時などは、やはり母国語である日本語で心を落ち着かせたいところです。かと言って日本の本を大量に持って行くわけにはいかないので、お金に余裕のある方はKindleを持って行くといいでしょう。
Kindle

まとめ

今回は、持って来てよかったものと、持って来た方が良かったものを厳選して書いてみました。

基本的には、イギリスにはなんでもあります。日本食も、スーパーに行けば売っています。しかし、どうしても日本よりも高いため、がさばらないものは、持っていってしまった方が早いと思います。特に、日本で買って来たパパッと作れる日本食はとても重宝しています。

イギリス留学 関連記事

留学経験者にもおすすめ!?【イギリス語学留学】

イギリス語学留学

ホームステイは短期留学の定番!イギリスでホームステイしてみた

イギリスでホームステイ

イギリスに短期留学に行ってみたい!気になる留学費用は…?

イギリス短期留学費用

イギリス留学におすすめの留学エージェント

イギリス語学留学

留学エージェントにパンフレット取り寄せ

この記事の著者

くるみ

くるみ

イギリスにあるUniversity of Brightonにて写真と映画を勉強中の都内大学2年生です。日本ではEuropean Studiesを専攻しており、映画・映像を副専攻しています。将来は日本の芸術・文化を世界に広める仕事がしたいと思っています。趣味は映画鑑賞、写真、旅行、カフェ巡り。ロックも大好きなのでフェスの本場であるイギリスのロックフェスにも行ってみたいと思っています。

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ