ワーホリ必見!仕事探しのコツ①レジュメ編

オーストラリア ブリスベン

こんにちは!ブリスベンに留学中のべしです。

今日はワーホリを考えている皆さん必見!仕事の探しのコツをご紹介します!

僕は日本食レストラン2店舗とインターンシップ2社をこの仕事探しの方法で内定を獲得しました!その方法を今日は特別に皆さんにお教えしたいと思います!

オーストラリア ブリスベン

1.レジュメの書き方

レジュメとはなんぞや?と思った方も少なくないと思います。レジュメとは日本でいう履歴書のようなものです。ただし、日本の履歴書とは違い、内容を自分できめて一から自分で作る必要があります!!!これが意外に大変でワーホリ勢が一度は必ずつまずくところです笑

そのレジュメを作るコツを紹介します!

① 応募する仕事に関連する仕事を書き出す。

飲食業に応募するのに、「塾講師やっていました。」と言われても、その能力はどのやって飲食業に活きるの…?と雇用主は思ってしまいます。飲食業に応募するなら、居酒屋のバイト経験や接客業の経験を書くのが効果的です!

② 仕事の説明を具体的に!

「居酒屋で働いていました。」だけではほかの応募者に負けてしまいます。どのくらいの期間、どのような仕事内容をしていたのかを具体的に提示し、“そのお店(会社)のために何ができるのか”を明確にしましょう!

③ ビザの期限、働ける期間・時間(アベイラビリティ)を明記する。

雇用主はできるだけシフトに多く入ってくれる、フレキシブルな人を雇いたいと考える人が多いです。その点では学生に比べてワーホリは有利です。なのでしっかりとビザの期限やアベイラビリティを明記しましょう!

 

以上がレジュメの効果的な書き方です。

基本的にこの内容に学歴を加えてA41枚にまとめます。もし余白が余った場合は仕事内容に合わせて資格やボランティア経験、趣味などを書くと面接で有利に働くこともあります。

オーストラリア ブリスベン

2.レジュメ配りのコツ

レジュメができあがったら次の難関はそのレジュメを配り、面接の機会を得ることです!

ここがまた大変なんです…笑

方法はいくつかありますが、代表的な3つをご紹介します!

① 日豪プレス

これは日本人経営の飲食店などが多く求人情報を出している日本人向けのサイトです。

まだ英語力に自信がない人や飲食店経験がすくない人はこのサイトを使うことをおすすめします。

Gumtree, Seek.com

この2つのサイトはオーストラリアの求人サイトです。そのため、ローカルジョブ(現地人経営)の求人が多く出されています。英語力に自信にある人、英語環境でチャレンジしたい人はこのサイトを使うことをおすすめします。

③ 手渡しで配る

わたしはこの方法を強くおすすめします!特に②と組み合わせて使うことによって求人している小目背に直接渡すことができ、マネジャーと直接コンタクトがとれるというメリットがあるため、仕事を見つけやすいです!私の友人もこの方法でローカルジョブをゲットしていました!

オーストラリア ブリスベン

以上が仕事探しのコツです!大変な作業が多いですが、仕事を手に入れることができればお金も手に入れることができ、ワーホリ生活を豊かにすることができます!頑張りましょう!

次回は面接のコツについてお話ししたいと思います!

オーストラリア ブリスベン

オーストラリア留学&ワーキングホリデー 関連記事

LINEで送る
Pocket

この記事の著者

べし

べし

大学を休学し、オーストラリアのブリスベンでワーホリをしています!英語学習、アルバイト、インターンシップ、観光スポットなどオーストラリアの様々な経験や出来事をシェアしたいと思います!

関連記事

ページ上部へ戻る