学校選びですべてが変わる!フィリピン留学学校の選び方

こんにちは!2回フィリピンのセブ島に留学しました!はらしょーです。

今回は語学学校の選び方について書こうと思います。

まずフィリピン留学ですが大きくわけてフィリピン本土に留学か周辺の島に留学の2パターンです!

学校数などを考慮すると本土では首都マニラ、周辺の島ではセブが人気だと思います。実際私もマニラかセブで悩んで、セブに留学に行きました。

セブ島に決めた理由

セブ島留学

どうしてセブ島に決めたか、というと治安が大きな決め手でした。フィリピンは日本に比べ、貧しい国です。スリなどの軽犯罪から発砲事件まで物騒な事件が多かったりします。

もちろんセブ島も日本のように安全なところではありませんがマニラに比べて、バカンスで来る観光客が多いこともあり、まったりとした雰囲気で比較的安全に生活が送れます。

実は留学前にマニラもセブも観光で行ったことがあったのですが、海などの自然が多いだけでなく、シティの中心がとても栄えていて過ごしやすかったので私はセブ島の学校から選ぶことにしました。

学校の選び方

次に学校の選び方ですが、正直フィリピンには語学学校がたくさんあり、ここが一番難しいと思います。

この選び方も大きく分けて2パターンだとおもいます。

1.エージェントを使う

エージェントとは多くの語学学校と提携している斡旋業者のことです。斡旋業者というと何か怖い感じがしますが、全くそんなことはありません(笑)

このエージェントは提携校の特徴や授業内容、費用など様々な情報を持っており、留学希望者とカウンセリングを行ったあ、その希望者に合った学校を紹介してくれます。

カウンセリングを受けたからと言って必ずすぐ留学しなくてはいけないわけではなく、私も実際3社のエージェントと話したあと学校を決めました。

漠然と留学を考えているのであれば、費用の概算を知るためにも一度コンタクトを取ることをお勧めします。

実際私は、2回目の語学留学の際にエージェントを利用しました。IELTSの対策がしたいという目的が明確だったため、”IELTSコースで!”と言ったらすぐに何校かの学校の詳細を教えてくれました。

2.気合で自分で探す

この方法も特に悪くはないと思います。

エージェントを介さず直接、語学学校に資料請求を依頼することもできるので、”絶対ここに行きたい!!”という学校があるのであれば直接webサイトや電話でコンタクトを取りましょう。

1回目のセブ島留学は、友達が留学した経験がありその友達の紹介で留学をしたため、エージェントは使わず留学をしました。

学校を選ぶときのポイント

セブ島留学

次に学校を選ぶときのポイントです。人によって色々判断基準があると思うので、いくつかのカテゴリに分けて書いていきます。私は二回ともセブ島に留学したので、ここではセブ島の場合について書いていきます。

1.立地

セブ島は狭い島といえど、地域によって雰囲気や利便性が全く異なります。そのため、留学ライフが180°変わってくるので、自分に合ってるかもと思う場所を選びましょう。

セブにはセブシティと呼ばれる都市部と、マクタン島と呼ばれるセブ島本土と橋で繋がった小さな島があります。

セブシティはセブの中心街でここに多くのレストランや商業施設、バーやクラブなども多くあります。夜までがっつり遊びたい!!って人はセブシティへの留学をお勧めします。

マクタン島まではタクシーで約30分ほどの場所で日本円だと、約500円~1000円手ところだと思います。毎日のようにセブシティに出て遊ぶようであれば、セブシティでの学校選びをした方がいいと思います。

マクタン島はまさにみんながイメージするリゾートといった感じです。海にすぐ行くことができ、自然も多く、セブシティとはだいぶ違った雰囲気です。

リゾートを売りにした語学学校が多くあり、敷地もシティに比べ広く使えるため、大きなキャンパスを構える学校も多いイメージです。

ただこのマクタン島、少し外れるとかなり治安が悪く、まっくらで外に出歩けないようなところもよくあります。

昼に学校と海でエンジョイし、夜は学生寮でゆっくりしたいって人にはマクタン島周辺の学校がおすすめです。

2.費用

セブ島留学

留学でついて回るのが費用の問題です。学校により費用が大きく異なるので確認をしてみましょう。

学校によってはインターンシップを半日、授業を半日行うことで、授業料が無料であったり格安になる学校もあるようです。

3.コース

学校によってさまざまなコースがあります。TOEICなどの英語のテスト特化型やビジネス英語専門コースなど幅広いコースが存在します。

英語だけではなくエンジニアリング講座を同時に学べる学校もあるようです。

自分に合ったコースがある学校を選びましょう。

4.講義スタイル

多くの学校がマンツーマンとグループのミックスで講義を行っていますが、

自分の好みに合わせマンツーマンオンリーであったり、グループレッスンの多い学校を選ぶといった基準で選ぶのもいいかもしれません。

まとめ

セブ島留学

自分なりにどうやって学校を選んだか、ということをまとめてみました。

学校選びは留学にあたり最も大変な部分だと思います。

自分の優先順位を決め、充実した留学ライフが送れるように学校選びをしましょう!

留学エージェントに資料請求

フィリピン留学&語学留学 関連記事

フィリピンの都市

この記事の著者

はらしょー

はらしょー

今までアメリカ、オーストラリア、フィリピン、イギリスの4か国に留学しました!はらしょーです。
高校で2ヶ国にホームステイしましたが、大学生活では英語からかけ離れた生活を送ってました。新卒で会社に入社をしましたが留学をすることが諦めきれず、イギリスのLeeds Beckett Universityに修士留学をしました!

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ