語学学校のクラス分けテストどうしたらいいの…?クラス分けの基準と注意点

語学学校のクラス分けテスト語学学校やコミュニティカレッジで行うオリエンテーションではクラス分けテストが行われます。初めての学校、しかも外国でいきなりテストだなんて緊張しますよね。コミュニティカレッジでは算数・数学のテストも受けましたが、ここでは英語のクラス分けテストの意味、問題傾向や準備について紹介したいと思います。

基本的なクラス分けテストの方法

基本的なESLなどの英語クラスには多くのレベルを用意している学校がほとんどです。クラス分けテストの結果に応じてクラスやレベルを決定するためにテストを行います。 方法は学校によってペーパーテストやコンピューターで答えるやり方、対人でのインタビュー等があります。コンピューターでの試験の場合、前の問題に戻れないことがあります。あとで確認はできても時間がかかったりするので問題に答える度に確認修正しましょう。そしてアメリカのキーボードは日本のものと少し異なります。アルファベットの位置は同じでも記号の位置が慣れないところにあるので気を付けましょう。

クラス分けの基準は「英語の基礎文法・ルール」

英語の文法ESLのクラスでは基本的には文法を中心に学びます。なので一番の判断基準は英語の文法・ルールを知っているかどうかです。ペーパーテストでは長文読解の穴埋めや並べ替え問題などが多くあかります。記述の読解問題やリスニング問題は日本で受けて事のある試験などと特に変わりはありません。ただ、インタビューやライティングテスト(エッセイ)をしたことがない人は特に要注意です!

インタビューテスト

ペーパーテストと違い、後で確認・修正が出来ません。その場で聞かれたことにすぐ答えなくてはなりません。インタビューではとにかく意識した「正しい英語」(時制や動詞の変形など)特に文章で話すことをおすすめします。例えば「Where are you from?」という質問には「Japan.」と一単語だけではなく、「I ’m from Japan.」などきっちりと答えることで自分の文法能力をはっきりと示すことが出来ます。 英語を話すときは発音を気にしがちですが、クラスのレベル判断の基準には最低限の発音だが必要で、ネイティブのような発音は全く求められていません。特に語学学校のインタビュアーは非英語話者の外国人に慣れた人なのでアジア人・日本人のアクセントを理解するのは一般の人より長けているはずです。発音はあとまわし、文法を重視して話しましょう。

ライティングテスト

ライティングのテストである一つの質問に対して記述で答えるものが多いです。質問は「なぜ英語を勉強するのか」などそこまで複雑だったりトリッキーな問題はそんなに出ません。 ライティングのテストで特にエッセイを求められたときは、「正しい英語」に加え、書き言葉(Transition words 等)が使えるか、英語のエッセイの構造が出来ているかというところも判断されます。日本の起承転結ではなく、Topic sentence, Body, Conclusionで構成することが大切です。

クラス変更

クラスやレベルが決定した後でも上下1レベルづつの範囲程度でクラス変更可能なところが多いです。しかし無理して上のクラスを取ることはおすすめしません。無理にレベルを上げて、四苦八苦したり、悪い成績を取ったり、モチベーションがなくなったり、最悪クラスを修了できない場合があります。実際に友人やクラスメートにいました。

再テスト

クラス変更には再テストを必須とする場合もあります。ただし、変更受付の期限があるので確認を取りましょう。 そしてテスト内容や結果に不満や不備がある場合は迷わずその旨を担当の職員に伝え、必要に応じて再テストの要請をするなり対応しましょう。私は初めてのクラス分けテストのインタビュアーがかなり威圧的な態度の試験官で不当に思う成績を付けられたので、即他の試験官による再テストを要請し、無事に自分に合うクラスを見つけることが出来ましたよ。

クラス分けテストの準備

基本的には自分本来の英語力を判断してクラスを決定するので準備は必要ありません。ただし、心配性の人、ある特定のクラスを受けたい人は準備が必要かもしれません。
  • 試験方法、日時の確認
特にコミュニティカレッジでは学校のホームページに試験の見本や試験要綱が載っている場合が多いです。載っていない場合は学校に直接問い合わせましょう。
  • 試験方法と自分の事情
コンピューターの使用に不安がある、リスニング用の共用のヘッドホンを使用したくない、日程が合わないなど様々な事情が考えられます。事前に自分で調べる、学校に対応してもらうなどしてスムーズにテストが受けられるようにしましょう。
  • 自分の必要とするクラスに入るためのスコアの確認
これは条件付きクラス、あるいはある一定のレベル以上のクラスが必要な人(例えば大学入学のため、TOEFLクラスのため等)は必ず必要な点数を確認しましょう。必要であれば事前勉強をしましょう。大学で勉強するの為の条件付きクラスを目指す場合、無理な留学計画にならないようにTOEFLスコアなどと照らし合わせて十分に確認しましょう。 語学学校のクラス 基本的には入学試験ではないので、過度な緊張はせずに自分のベストを出す事が大切です。無理な猛勉強したり、自分に合わないクラスへ行くよりは、落ち着いてテストを受け、自分の基本的な英語能力にピッタリなクラスを取ることが一番です。   自分にあった語学学校を選ぶためにも、情報収集は大切。留学エージェントに相談すれば、たくさんある語学学校の中から、自分にあった語学学校を紹介してもらえますよ。ぜひお気軽に相談してみてくださいね。 留学エージェントに資料請求

語学留学&アメリカ留学 関連記事

 アメリカ語学留学!どの都市がいい?留学費用は? アメリカ語学留学費用 語学だけじゃもったいない?語学留学+αのすすめ! 語学+α留学
 アメリカ語学留学のすすめ アメリカ語学留学  【まとめ】語学留学にチャレンジ!どの国に行く?期間は?費用は? 語学留学
留学エージェントに資料請求
> アメリカ留学のおすすめ留学エージェント
留学voiceでは「語学留学体験談」を募集中!送ってくれた方全員にプレゼントも! 詳しくはこちら 「語学留学体験談 大募集」
留学エージェントに資料請求