留学前に知っとこう!アメリカで親しまれている料理

イツキです。
留学前、留学にいってからの楽しみといえば、「現地で外国人の友達をたくさん作る」、「観光地に行く」、「その国の文化を知る」など数えたらきりがないと思います。中でも「食べ物」に重きを置いている人も少ないと思います。以前の記事:アメリカ留学 基本情報 について紹介しました。

そこで、今回はアメリカの定番の食べ物について紹介していきたいと思います。

アメリカで親しまれている料理

ハンバーガー

最初に紹介するのはハンバーガー。

マクドナルドやモスバーガーといったハンバーガーチェーン店が日本に多数存在しているため、日本でもお馴染みの食べ物ですよね。バンズというパンに牛ひき肉を焼いたものと好みの具材を挟んだ食べ物。

アメリカ留学中に食べたいハンバーガー

アメリカではハンバーガーの肉は牛肉100%と決まっており、あとは好みでチーズやレタスなどの野菜をのせて食べるのが一般的です。アメリカのハンバーガーは日本のものよりボリュームがあるのでたっぷり楽しむことができ、ハンバーガー一つでお腹一杯になるくらいのサイズです。(人によりますが)

値段は安いもので10ドル高いもので20ドルの間、アメリカは日本よりも物価が高いので、日本でハンバーガーを食べるよりお金がかかりますが、日本の物よりもボリュームが大きいハンバーガーは留学に行ったら一度は食べるべきだと思います。

ホットドッグ

次に紹介するのはホットドッグ。

ホットドッグも日本でお馴染みの食べ物ですね。コンビニのパンコーナー、そしてパン屋で手作りの物など、見かける機会はハンバーガー同様に多いです。

豚の粗挽き肉を使ったソーセージが一般的な日本のものとは違い、アメリカでは主に牛の絹挽き肉を使っているので、味も食感も少し違います。

またパンも柔らかくて甘みのあるものを使用しており、具材にタマネギやピクルスを刻んだ薬味や、トマトなどの野菜を一緒に挟むので味の種類は豊富です。

アメリカで手軽に食べられるホットドック

ホットドッグはアメリカではファストフードの定番という感じでとてもリーズナブルな値段で売られています。現地のセブンイレブンでは2ドル、街中にある屋台では4~5ドル程度で買うことができるので、現地の人は朝ごはんやお昼の軽食によく購入されるそうです。

値段も安いので、お昼を安く済ませたい時などに是非食べてみてください。

ナチョス

次に紹介するのはナチョス。

この食べ物はあまり日本では馴染みがありませんね。ナチョスとはトウモロコシをすり潰して作った薄焼パンであるトルティーヤを、揚げたり焼いたりしたチップスに、チーズなどをかけて食べる料理で、挽き肉やハラペーニョのスライス、アメリカの伝統料理であるチリコンカンという料理と一緒にいただくのが定番です。

実はメキシコ発祥の料理ですが、アメリカはトウモロコシの生産量が世界一位であるため、必然的にトウモロコシから作られるナチョスは多く作られ、今ではアメリカにとっても定番な食べ物になりました。

アメリカでは定番のナチョス

ナチョスは特にアメリカで定番のおつまみとして親しまれており、映画館や野球場などで多く売られています。値段も5~10ドルの間でナチョスを買うことができます。

是非、お酒と一緒にナチョスを買ってお酒や映画、スポーツ観戦を楽しんでみてはいかがでしょうか?

ステーキ

最後に紹介するのはステーキ。

言うまでも無く肉料理の定番ですよね。そしてアメリカの食べ物といえばステーキと連想する方が多いくらいアメリカの料理定番だと思っています。

アメリカのステーキ=でかくて、肉厚というイメージを持たれる方が多いと思います。確かにその通りで、日本で食べるよりもでかくて肉厚です。ただ、それだけではなく、調理方法にもアメリカならではの特徴があります。

例えば、数日間や数週間の間、低温で寝かせてから調理したり、ステーキにかけるソースにこだわることで、オリジナリティ溢れる料理に仕上げたりといったお店や食べる地域によって違った特徴があります。

アメリカ留学中に食べたいステーキ

是非色んな所でステーキを食べて違いを体感してみてください。ステーキは場所によって値段は様々、普通のレストランでは15~25ドル、高級ステーキ店では50~60ドル、価格帯はお店によって様々です。

折角アメリカ行くのであれば、高級の物も是非食べてみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回はアメリカで定番の食べ物4種紹介しました。

どの料理もアメリカらしい、パンチの強い食べ物ですよね。他にもアメリカにはたくさん地元の人に愛されている食べものがたくさんあります。

他の物は現地に実際行ってみてどのような食べ物が人気か調べてみてはいかがでしょうか?

アメリカ留学を検討している方は「食べ物」に関することも楽しみに入れれば、より楽しい留学を楽しむことができると思いますよ。

留学エージェントに資料請求