海外留学といえばここ!アメリカとはどんな国?

海外留学といえばここ!アメリカとはどんな国?

はじめに

こんにちはイツキです。

みなさんは海外といわれて「どこの国が一番に思い浮かぶか?」と言われたら多くの人は「アメリカ」と答えるのではないでしょうか?なぜなら世界的の経済や政治の中心の国であり、公用語は英語、世界的にも有名な芸能人や会社、ブランドがアメリカ発祥であるため、そういった影響から海外=アメリカという強いイメージを持っている方が多いのではないでしょうか?公用語も英語であることから留学の候補地としても人気です。そこで今回はアメリカがどのような国であるか、留学することでどのようなメリットを得ることができるかについて紹介していきたいと思います。

アメリカの基本情報

アメリカ、正式名称は(United States of America)北アメリカ大陸の中央に位置する国で首都はワシントン。国土自体は本土にある48州とハワイ、アラスカの2州の計50州で構成されており、国土全体の面積は日本の25倍。総人口は3億2000万人で日本の総人口の3倍近く。日本よりも面積、人口の両面で遥かにスケールがでかいということが分かりますね。

世界の中心地であるアメリカは世界でも有数の多民族国家で、ヨーロッパ系、中東系、ラテン系の白人、アフリカ系黒人、アジア系、など多くの人種で構成されています。ヨーロッパ系は、スコットランドやウェールズを含めたイギリス系はもちろん、ドイツ系、アイルランド系など全人口の約4割を占めています。中南米から移住したヒスパニック系が多く、スペイン語を第一言語としている人も多いため、スペイン語は、事実上の第二公用語ともされているようです。アメリカに行けば英語ではなく他国の様々な言語とも触れ合うことになるでしょう

アメリカ留学

物価

次に物価のことについて、みなさんご存知かもしれませんが日本よりも物価は高いです。食費、水道光熱費、交際費、などあらゆる面において日本よりも高いと言えます。

物価は国土も広く州の数も多いので、都市や地域によって物価は違います。国内で最も物価の高いとされる都市はニューヨーク、次にサンフランシスコ、そしてハワイといった高層ビルの立ち並ぶ大都市や観光客が年中集まる観光地は自然と物価が高くなります。だからといって地方で物価が一見低く見える地方の都市でも、交通費がかかるため、生活費を抑えられるというわけではありません。どの地域においても他の国より出費の水準は高いと考えておいてください。

治安

続いて治安について、アメリカははっきり断言しますが、治安は悪い国です。犯罪発生率も圧倒的に日本、そして他の諸外国よりも上です。そして日本人留学生や観光客も最悪の場合、殺人事件に巻き込まれるといったケースも多くあります。

私自身、留学で言ったわけではありませんが、ロサンゼルスを旅行したときは毎晩パトカーのサイレンを聞いて過ごしていたので、都市や州にもよると思いますが、日本が治安がよくアメリカの方が遥かに悪いということは実感しています。

そのため、「自分の身は自分で守る」という意識を持っておく必要があります。一番日本人が巻き込まれる犯罪はスリやひったくりといった軽犯罪。貴重品や手荷物から目を離さないように。また、ズボンといった衣服のポケットにはいれずポーチやボディバッグといったジッパーで閉められる物にいれる。そしてスリ、ひったくりは複数犯の場合が多いので、日本語で親しげに話しかけられても気を許さないようにしましょう。また、夜に出歩く事は最悪、命の危険を感じるような犯罪と出くわす場合あるため、一人であるかない。人気の少ない道にはいらないといった注意を忘れないようにしましょう。

アメリカ留学のメリット

アメリカ留学のメリット

ここまでは物価や治安の悪さなどネガティブな面について紹介していきましたが、もちろんアメリカには留学する価値のあるメリットがたくさんあるのでいくつか紹介していきたいと思います。

教育の多様性

なんといってアメリカに留学することのメリットは教育の多様性です。

まずアメリカには4000以上の大学あります。これだけの数があれば、地域や規模、費用、難易度など、自分の希望条件をすべて満たす大学を見つけられる可能性が他の国の大学で留学するよりも高いです。逆にいうと志望校を絞り込むのがとてもたいへんなのですが、じっくり色々な大学を調べれば自分が納得いく大学に出会えるはずです。また専攻分野も合計で600以上あり、ユニークな専攻もたくさんあって、日本の大学ではあまり学べないようなことが学問として学ぶことができるので、自分が興味がある分野についてドンピシャにはまった専攻を受ける事ができるかもしれません。

アメリカ英語を学ぶことができる

次のメリットはアメリカ英語を学ぶことができることです。

英語は世界で共通言語として色んな国の人々に使用されています。しかし国によってはイギリスのクイーンズイングリッシュや、オーストラリアのオージーイングリッシュなど、訛りのある英語が話される国も少なくありません。

その点、アメリカで話されているアメリカンイングリッシュは、世界的に話される標準的な英語。私が英語の授業で習う英語もアメリカ英語なので、他の英語圏の国よりもとっつきやすく英語の勉強をできることができると思います。

まとめ

簡単にですがアメリカの基本情報、留学することのメリットについてまとめさせていただきました。治安はあまり良くなく、日本に比べると物価が高いですが、本場の英語を学ぶことができる、多用な質の高い教育を受けられるということが分かっていただけたかと思います。留学を検討している方は是非アメリカを候補に入れてみてはいかがでしょうか?

この記事の著者

イツキ

イツキ

大学3年の後期から1年休学中。オーストラリアのブリスベンにて、1年の語学留学で滞在。現地の情報を留学生の視点から発信していきます。

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ