アメリカ留学中の食事って?ミールプランって?

こんにちは。アメリカのサウスカロライナにあるクレムソン大学に留学中のえりかです。寮については以前ご紹介したので、今回は留学中の食事についてご紹介していきます!

アメリカ留学中の食事って?ミールプランって?

アメリカ留学中の食事の選択肢は3つ

海外に行く際に一番楽しみでもありながら、不安に感じる部分でもあるお食事について簡単に説明していきます。まず、アメリカ留学中の食事の選択肢として主に3つの選択肢があります!

  1. 三食ミールプラン
  2. 三食自炊
  3. ときどきミールプラン+ときどき自炊

ミールプランって?

「ミールプランって?」と思った方も多いのではないでしょうか。

ミールプランとは、いわゆる学食の回数券のことです。

日本では、定食のようなメニューの中から食べたいものを選んでその都度お金を払い食べることができますが、アメリカでは、新学期が始まる際に一学期分の回数券を購入して、その回数券を使って食事をすることができます。

さらに日本の学食との大きな違いは、ビュッフェ形式で食べたいものを好きなだけ食べることができます。

アメリカの大学のミールプラン

メニューは日替わりで毎日少しずつ違うものの、ラインナップは同じなのでだいたい似たようなものを食べています。ピザ・ハンバーガー・ブリトー・サラダ・デリ・グルテンフリー・ベジタリアン・デザートなどがあります。

私は、大きなボウルにサラダをたっぷり盛って、チキンやポークなどその日のメニューによって食べられるものは違いますがお肉をタンパク源として食べています。デザートにたっぷりのフルーツを食べることもあれば、ヘトヘトに疲れている日はお腹がはちきれるまで食べることもあります。

アメリカの大学での食事

自分で好きなものを好きなだけ食べることができるので、バランスの良い食事がしやすいと同時に食べ過ぎてしまうリスクもあります。私は最近チョコチップクッキーにはまってしまい、誘惑と戦っています(勝率50%)。

さらに、朝から夜まで空いているので自分の好きなタイミングで行くことができるのも忙しい留学生活を送る留学生にとってとても便利ですよね!

三食ミールプランをおすすめしない理由

ただ、私が三食ミールプランをおすすめしない理由は主に二つあります。

金額

一つ目は、金額です。

私が通うクレムソン大学のミールプランは、使える回数が決まったものと無制限のものと二種類あります。

私は一番安いミールプランを購入しました。一学期に30回分の学食プラス300ドル分の学内のコンビニやスタバなどで使えるポイントがついたもので約7万円です。

一学期に30食は、1週間に約2食を学食で食べることができます。つまり、1日3食×7日=21食。そのうちの2食を学食で食べることになります。

無制限のミールプラン(つまり学食使い放題)ともなると桁が大きく変わってきます。だいたい20万円ほどです。一学期が約4ヶ月なので、一ヶ月の食費が5万円。さらに、お友達と外食することも考えると、プラスアルファ…とても安いとは言えませんね。

アメリカの大学の食堂

二つ目は、味です。正直なところ、あまり美味しくはありません。美食大国と言われる日本で生まれ育った私にとってアメリカの(特に学食)は、味が濃過ぎたり、くどかったり、甘かったり、脂っこすぎたり…

実際に学食で味付けのされたお料理を何度トライしてもなかなか口に合わず、最近はサラダと味付けのないお肉やハンバーガーコーナーにある味付けのないハンバーグなどを選んでいます。

日本のお米や味付けが一番美味しいなとしみじみ感じています。日本の味に慣れている人が毎日学食で食事を済ませようと思うと、それはそれでなかなかしんどいと感じるかもしれません。

アメリカの大学のミールプラン活用

ミールプランをうまく活用しよう

ただ3食自炊も留学生にとって少し負担になってしまいます。今日は作りたくない!疲れた!!!と思う日もしばしばあります。そんな時に救世主になるのがミールプランなので、うまく活用するのがコツです。

ミールプランと自炊の組み合わせで、ストレスフリーな留学生活を送りましょう!

留学エージェントに資料請求