イギリス留学なら、ブライトンおすすめですよ

留学ボイス読者のみなさん、はじめまして!

私は現在、イギリスのブライトンという街に大学の交換留学できています。ブライトンはイギリス人やヨーロッパの人たちの間では有名なリゾート地なのですが日本のガイドブックを見るとロンドンにばかりフォーカスしているものが多く、まだまだブライトンに関する情報はあまり得ることができません…。

このブログではブライトンに関する留学情報をどんどん発信していきたいと思っているので、みなさんの留学先選びの参考になれば嬉しいです!

ブライトンの基本情報

ブライトンはイギリスの南部に位置する海辺の街で、町中にインディペンデントな古着屋さんやレコード屋さんが立ち並ぶ、日本でいうと横浜と下北沢をミックスしたような街です。

イギリス ブライトンのBrighton Pier

街のシンボルである”Brighton Pier”

 

イギリス ブライトンのRoyal Pavilion

”Royal Pavilion”

また街中にはたくさんの古着屋さん、グラフィティアート、コーヒー屋さんを見つけることができます。

イギリス ブライトンの古着屋さん

イギリス ブライトンの街

イギリス ブライトンのカフェ

イギリスといえば紅茶!アフタヌーンティというイメージがあると思いますが、ブライトンにはインディペンデントなコーヒ屋さんがたくあります。コーヒが大好きな私にはたまらい環境です。

LGBTQにも寛容な街と言われていて、シンボルである虹色のマークもたくさん見つけることができます。

イギリス ブライトン

ブライトンに留学するメリット

・学生の街

ブライトンにはロンドンほどではないにせよ、大学や語学学校が数多く存在しています。
そのため、勉強に必要な道具を揃えるのにも苦労しません。また、ロンドンのように大きすぎず、田舎のように小さすぎないので、街の景色に飽きることなく留学生活を送ることができます。

・治安が良い

上記のようにブライトンは学生がたくさん住んでいるため、夜遅くまでやっているパブなどが比較的多いのですが、友達と真夜中まで飲んでも一人で帰れるくらい治安がいいです。

・マイノリティに寛容

ブライトンはLGBTQの人々に寛容な文化がありますが、彼らだけでなく、他のマイノリティの人々にもとても寛容です。街全体に個性を受け入れてくれる雰囲気が漂っているので、私のような日本人にも分け隔てなく接してくれます。

・日本人が少ない

ブライトンは比較的日本人が少ない街です。もちろん、大学で学んでいる日本人はいるのですが、ロンドンのように街で日本人とすれ違うことはほぼありません。しかしだからと言って全く日本の要素がないわけではなく、日本食レストランやスーパーも揃っているので日本が恋しくなったらいつでも行くことができます。

 

このようにブライトンにはまだまだ紹介しきれない魅力がたくさんあります。
イギリスでの留学先というと真っ先にロンドンなどの大きな都市を思い浮かべてしまいがちですが、ブライトンを選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか?

留学エージェントにパンフレット取り寄せ

イギリス留学 関連記事

留学経験者にもおすすめ!?【イギリス語学留学】

イギリス語学留学

ホームステイは短期留学の定番!イギリスでホームステイしてみた

イギリスでホームステイ

イギリスに短期留学に行ってみたい!気になる留学費用は…?

イギリス短期留学費用

イギリス留学におすすめの留学エージェント

イギリス語学留学

留学エージェントにパンフレット取り寄せ

この記事の著者

くるみ

くるみ

イギリスにあるUniversity of Brightonにて写真と映画を勉強中の都内大学2年生です。日本ではEuropean Studiesを専攻しており、映画・映像を副専攻しています。将来は日本の芸術・文化を世界に広める仕事がしたいと思っています。趣味は映画鑑賞、写真、旅行、カフェ巡り。ロックも大好きなのでフェスの本場であるイギリスのロックフェスにも行ってみたいと思っています。

関連記事

ページ上部へ戻る