アメリカでは絶対に必要!ソーシャルセキュリティーナンバーとは?

こんにちは、サリーです。この前やっと、私のソーシャルセキュリティーナンバー(SSN)が届きました!

SSNについて知らない方もたくさんいると思うので、今回はどうして必要なのか、必要書類などについてをシェアしていきたいと思います。

アメリカでは絶対に必要!ソーシャルセキュリティーナンバーとは?

ソーシャルセキュリティーナンバーとは

まず初めに、ソーシャルセキュリティーナンバー(SSN)とは社会保障番号のことです。

アメリカ人、アメリカに永住してる人、そして外国人労働者が持つべきカードです。これは、個人番号なので、一人ひとり9桁のランダムな番号が受け渡されます。

私の場合は、外国人労働者としてカードの申請を行いました!

カード発行は、ソーシャルセキュリティーオフィスでやってもらえますが、受け取るまでには1−2週間待たなくてはいけません。

どうしてSSNが必要?

SSNが必要な理由は、簡単にいうと、アメリカでの生活に困らないためです。

SSNが無いと、銀行口座がアメリカでは開けませんし、運転免許も取れません。クレジットカードの発行や、アパートの契約にも必要になる、とても大事なものになります。

SSN作成に必要な書類

まず初めに、私が用意したものは下記のものです。

  • パスポート
  • ソーシャルセキュリティーオフィスへの手紙
  • 学生だと証明する手紙
  • SSN申請フォーム

パスポートは必須!

この2種類の手紙は、私の学校に用意してもらった、ソーシャルセキュリティーオフィスで担当してくれる人に向けての手紙です。

内容は、一枚目が“私がアメリカで働くことができる”という証明で、2枚目が“私がフルタイムの学生”という証明です。

SSN申請フォームはオンラインでコピーができるので、事前に記入して持っていくものになります。

まとめ

いかがだったでしょうか。SSNを持つことで、アメリカで生活する上での、できることの範囲が広がります。

SSNは個人の大切な番号なので、他人に教えたり、無くしたりしないように十分気をつけてくださいね!

留学エージェントに資料請求