NYの寒い冬を乗り切ろう

東京に住んでいるとなんだかんだで基本的に氷点下いかないですよね。

今回は東京の気温に慣れている方はどのくらい覚悟してNYで冬を越すべきかをご紹介していきましょう。

NYの寒い冬を乗り切ろう
View of beautiful New york skyline with snow, USA

寒くなるのはいつから?

NYって日本みたいに秋が全然ないんですよ。暑い夏が終わると一気に冷え込みます。まるで、恋が冷めたかのように一気にドカーンといきます。

ちなみに夏と冬の最大温度差は60度くらいあります。今年の夏の最高気温は7月で38度くらいでした。この日、野外で撮影が入っていたのですが、水の消費量が半端なかったことをいまでも覚えています。

10月くらいから寒い日と暖かい日が混ざり合って徐々に冷え込みはじめます。昼夜の温度差があるので服装に困る時期です。

見出しの答えとしては、11月から冷え込み始めます。

どれくらい寒くなるの?

平均としてみるとそこまででもないのがNYです。少し平均を見てみましょう。

11月
最高:12度 
最低:5度

12月
最高:6度
最低:0度

1月  
最高:4度
最低:-3度

2月
最高:5度
最低:-2度

いやいや、大したことないじゃんって感じですよね。私もNYに行く前に平均を調べた時思いました。ただ、NYはその日によって全然気温が違うんですよね。

例えば、去年の11月の話です。初雪は11月ですし、ブラックフライデーの日は-8度でした。そんな格好の洋服まだ持ってないよ!!という感じでした。今年の11月も普通に氷点下の日ありました。

12月も平均の最低0度って書いてありますけど普通に-15度とかの日もありました。

なので、NYの気をつけるべき点は温度差です。平均がそこまでじゃないからって舐めてたら痛いめに合います。

こんな時が寒い・こんな時がやだ

NYはビルが多いので、ビル風もすごい時があります。そんな時に辛いのが冷たすぎる風です。気温は我慢できるけど風がまるで武器なのかって思う程肌が痛いです。なので、体を隠すだけではなく、顔を隠せるマフラーなどが必須です。 

また、NYは海・川に囲まれているので、川辺などは遮るものが何1つなく風が強いです。ただ、川辺は観光スポットも多いので避けることが難しいですね。

次に寒いのではなく、暑い時のご紹介です。夏は暑いを超えて熱いレベルの駅のホームです。ただ、冬も氷点下に合わせて着込んでいるので、駅のホームはとても暑いです。ただ、その環境に慣れて外に行くときもまた地獄です。

まとめ

以上が、NYの冬のご紹介となります。NYにこれから滞在する方、旅行で行く方はそれなりの覚悟を持っていきましょう笑  

ちなみに3月になると急に20度になったりもします。一昨年の2月でも、18度台になったりしていました。まるで読めないNYがまたいいですよね。

留学エージェントに資料請求