メイクも私服もいらない!?!?!アメリカの女子大生のキャンパスライフ

こんにちは。アメリカのサウスカロライナにあるクレムソン大学に留学しているえりかです。今日は、アメリカの女子大生のファッションやメイクについてご紹介していきます!

結論から言います。アメリカの女子大生は、日本では考えられないくらいラフです。例外もいないと言っても過言ではないでしょう。それくらいラフです。日本の女子大生ライフを2年半過ごしてきた私にとってある意味カルチャーショックでした。

メイクも私服もいらない!?!?!アメリカの女子大生のキャンパスライフ

メイク

まず、メイクなんてしません。9割の女子がすっぴんです。日本では身だしなみの一つとして捉えられることがあるくらい(私はこの考え方は嫌いですが)、化粧をすることは当たり前のように感じています。

私も日本の大学に通っているときは(ほぼ)毎日メイクをしていました。

ところがどっこい!アメリカの女子大生はほぼ全員すっぴん!

留学中のメイク

時々、マスカラをしている学生やファンデーションを塗っている学生はいますが、まぶたがアイシャドウでキラキラしていることなんてまずありません。

クレムソン大学は田舎なので、場所も少しは関係しているのかな?いや、私はクレムソン大学しか知らないのでなんとも言えませんが。

少なくともクレムソン大学では学生のほとんどがすっぴん登校です。そのため、郷に入れば郷に従えということで、私もいつものメイク時間を睡眠時間に回してすっぴん登校しています!

留学に持って行くメイク用品

私はコスメマニアで、化粧品を集めるのが大好きだったので、日本からも大量に化粧品を持ってきていました。しかし、残念ながらその化粧品たちが活躍するのは月に1〜2回程度。

たまにあるパーティーや友達と市外まで遊びに行くときくらいしか化粧はしなくなってしまいました。こんなにたくさん持ってこなければよかったと少し後悔。

これから留学にくる学生さんは、必要最低限の化粧品で留学にいきましょう!

アメリカは、化粧品も安くてバリエーション豊富に売っています。日本からは必要なものだけで、プラスアルファはアメリカで買うのがベターかもしれませんね。

ファッション

日本の大学では、キャンパス内はおしゃれな女子たちがそれぞれ自分の個性を表現する服装をしていますよね。

私の大学では、ファッション系の専攻の学生がたくさんいるので本当にカラフルで、見渡す限りおしゃれな女子大生があふれています。

留学に持って行くメイク用品

しかし、ここ!クレムソン大学は、、、、レギンス+Tシャツ!夏はレギンスがショートパンツに。

全員がこのスタイルです。デニムを履いている生徒は1日に1人見るか見ないか…

スカートを履いていたら、今日はお出かけでもするの?パーティーがあるの?って聞かれたり。いい意味で、みんな同じ格好。夏はレギンスがショートパンツに。

さらに、アメリカの大学あるあるなのがフリーTシャツ。ありとあらゆるイベントなどで無料でTシャツを配っています。だから、もう服なんて買う必要ありません。レギンスとただでもらったTシャツを着れば立派な女子大生です。

私は普段からジムに通ったり、テニスをしたりするので楽ちんスタイルは本当に助かっています。そのままジムに行けたり、部活がある日はテニスの服装で授業を受けたり…

パッキングをする際は動きやすい服装を多めに、おめかし用の服装は少なめに。これが鉄則です。

もちろん、ばっちりメイクをして、おしゃれをして貫くのもアリだと思います!むしろ私はそれがかっこいいと思います!!私は、楽ちんな方を選んでしまいましたが(笑)それでは、また次回のブログをお楽しみに!

留学エージェントに資料請求