ニュージーランド留学中に、カフェでのんびりしてみたい!コーヒーの種類は?注文の仕方は?

ニュージーランドのカフェ

Kiwi(ニュージーランド人の愛称)はコーヒーが大好きで、あちこちに素敵なカフェがたくさんあります。ただ、「海外のおしゃれなカフェってなんか入りにくい…」と思ったことはありませんか?

そこで今回はニュージーランドのカフェ文化とコーヒーの種類、簡単な注文の流れをご紹介します!

留学して実感!ニュージーランドのカフェは、朝が早い!

ニュージーランド人は、出勤前にコーヒーを買っていく方が本当に多いです。朝、オークランドの街中を歩いていると、テイクアウェイのコーヒーを片手に会社に向かっている人や、カフェで朝食をとっている人を見かけます。

ですので、多くのカフェは朝6~7時には開店し、9時頃まで朝のコーヒーラッシュが続きます。

その代わりに閉店時間も早く、16~17時には閉まってしまいます。(チェーン店などはもう少し遅くまでやっているところもあります。)

朝のピークを過ぎると、のんびりコーヒーを楽しみに来るおじいさんおばあさんや、仕事の息抜きにコーヒーを買いに来るビジネスマン、またカフェでビジネスミーティングをする方もいます。それくらいニュージーランド人にとってカフェは欠かせない存在なのです。

ニュージーランドのコーヒーは日本と違う?現地で愛されているコーヒーの種類とは?

ニュージーランドのコーヒー

ニュージーランドの主流は、エスプレッソ

ニュージーランドはエスプレッソが主流で、ドリップコーヒーを提供しているお店は少ないです。ニュージーランドで愛されている、エスプレッソをベースにした様々な種類のコーヒーをご紹介します。

  • Flat White(フラットホワイト)Esp + Steamed Milk + 少量のFoamed Milk
  • Latte(ラテ)Esp + Steamed Milk + Foamed Milk
  • Cappuccino(カプチーノ)Esp + Steamed Milk + たっぷりのFoamed Milk

上記の三種類はコーヒー界の兄弟といったところです。ベースのエスプレッソに、スチームミルクとフォームミルクで構成されています。

ニュージーランドのコーヒーと言えば、フラットホワイト

日本人や欧米人にはなじみがないコーヒーかもしれませんが、ニュージーランドやオーストラリアでは人気のコーヒーです。ベースのエスプレッソにスチームミルクを注ぎ、表面にはきめ細かなフォームミルク(フロスとも呼びます)が薄く広がっています。ラテとよく似たコーヒーですが、ラテよりもフロスが薄いです。

フォームミルクたっぷりのカプチーノ

一方、このフロスが最も多いのがカプチーノです。同じサイズの紙カップに入れたラテとカプチーノを持ってみるとカプチーノはフロスが多いのでかなり軽いです。そしてカプチーノの特徴として、上にシナモンパウダーやチョコレートパウダーが乗っていることが多いです。かけてほしくない場合は”Can I have my cappuccino without cinnamon nor chocolate? ”と言っておくといいかもしれません。

  • Mocha(モカ)Esp + Chocolate Syrup + Steamed Milk
    チョコレートシロップが入っているので甘いコーヒーです。Café MochaやMochaccinoと呼ばれることもあります。
  • Short Black(ショートブラック)Espresso
  • Long Black(ロングブラック)Espresso + Hot Water

ニュージーランドには、独特の呼び方のコーヒーがある!

ニュージーランドのコーヒー

続いてはニュージーランド独特の呼び方のコーヒーです。ショートブラックとはエスプレッソのことです。

ショートサイズのブラックコーヒーだと思って注文してしまうと、濃~いエスプレッソが出てきてしまうので、注意しましょう(笑)一方、ロングブラックとはエスプレッソをお湯で薄めたコーヒーなので、私たち日本人がイメージする普通のブラックコーヒーに一番近いです。アメリカ―ノと呼ばれることもあります。

間違いやすいコーヒーの名前で、Macchiato(マキアート)というものがあります。こちらは、エスプレッソにフロスを乗せただけの小さいコーヒーなので、飲むというよりスプーンで食べる感じのコーヒーです。スターバックスのキャラメルマキアートとは全く違うものなので、注意しましょう!

  • Fluffy(フラッフィー)
    フラッフィーとはふわふわに泡立てたミルクにチョコレートパウダーをかけた子供用のドリンクです。マシュマロなどがついていることもあります。

ニュージーランドでアイスコーヒーといえば、フラッペ状のもの?

ニュージーランドの人々は夏でも温かいコーヒーを注文する人が多いです。そのため、注文時はわざわざhot latteやhot teaと言わなくてもただlatteやteaと言えばホットが出てきます。冷たいドリンクが飲みたい場合にはiced latteやiced teaと注文しましょう。

ただ、ニュージーランド(とオーストラリア)では”Iced coffee”というと、エスプレッソとミルク、氷をブレンドしたフラッペ状のものを指す場合が多いです。お店によってブレンドされていない状態を提供してくれるところもあるので、注文する前に確認するといいと思います。

ニュージーランドで一般的な、カフェでの注文の仕方

カウンターで注文した後、ナンバーカードを受け取り、ピックアップカウンターでコーヒーを受け取る、という流れのカフェが多いです。

お店で飲んでいく場合は、注文時に”For here”と言っておき、テーブルにナンバーを置いておけば席まで運んできてくれます。

これで留学中も安心!注文時に仕えるフレーズ

ニュージーランドでのコーヒーの注文の仕方

実際にカフェで働いていてよく耳にするフレーズと、ネイティブの友人にチェックしてもらったフレーズです。

Can I have~の後は (個数)(サイズ)(商品名)(砂糖)(持ち帰りかどうか)の順番で注文するのが一般的です。もちろんすべてパーフェクトに注文しなくても、情報が足りなかったら店員さんから聞かれるので大丈夫です。例えばサイズが抜けていたら”What size?”など。

Can I have a small flat white for here?

スモールのフラットホワイトをください。店内で飲みます。

Could I get a large cappuccino to take away?
ラージサイズのカプチーノを持ち帰りでいただけますか?

Actually could I get small one?
あ、やっぱりスモールで。

May I have a soy latte with one sugar?
ソイラテいただけますか?砂糖入りで。

Can I please get a small chocolate to go?
持ち帰りのスモールチョコレートください。

Can you put sugar/milk on the side?
砂糖/ミルクを別添えにしてもらえますか?(自分で量を調節したいときに)

Do you have gluten free/organic food?
グルテンフリー/オーガニックの食べ物はありますか?

Do you do iced vanilla latte?
アイスのバニララテできますか?

※バニラ、キャラメル、ヘーゼルナッツなどのフレーバーシロップを置いてあるカフェがすごく多いので、ぜひ試してみてください。

Can I have whipped cream on it?
ホイップクリームを乗せてもらえますか?

Could I have a long black with almond milk?
アーモンドミルク入りのロングブラックをいただけますか?

Could I get one of those Mince Pies?
ミンスパイをひとついただけますか?

Could you heat it up?
あたためてもらえますか?
Can we pay separately?
個別会計できますか?

Can I get my receipt?
レシートをもらえますか?
※言わないとくれないことが多いので、必要ならば言っておくと安心です。

Can I pay by credit card?
クレジットカードで払えますか?
※支払いの際に店員さんからHow would you like to pay?と聞かれたら、カードか現金かということです。

Could I get a single shot medium latte to take away?
持ち帰りで、シングルショットのミディアムラテをお願いします。

 

ニュージーランドの人々は、エスプレッソのショット数をカスタマイズする方もたくさんいます。

例えば、通常ダブルショットのラテをシングルショットに変更すると、コーヒーの強さが減り、ミルキーなラテに仕上がります。逆に、強いコーヒーが飲みたいときはCan I have an extra shot?と言えば通常より強いコーヒーを作ってくれます。

ショット数がわからない時はhalf strengthと伝えれば通常の半分の強さで作ってくれます。

留学中、どうしても普通のドリップコーヒーが飲みたくなったら・・・

私は日本では毎日ドリップコーヒーを飲んでいました。ニュージーランドに来てから一か月ほど経ったころ、どうしようもなく普通のドリップコーヒーが飲みたくなり、クイーンストリート沿いのダイソー(1個3.50ドル均一です)でドリッパーとペーパーフィルターを購入しました。豆はエスプレッソ用に挽いてあるものがほとんどですが、フィルター/フレンチプレス用というのを見つけることができました。スーパーマーケットで、200g6~12ドルほどで売っています。

もっと簡単に安くコーヒーが飲みたい方は、インスタントコーヒーもたくさんスーパーに売っています。毎回カフェでコーヒーを飲むわけにもいかないので、普段は家で淹れたドリップコーヒーを飲んで節約しています。(カフェで飲むとミディアムサイズのラテで5ドル前後です)大きいスーパーに行くと豆の種類もたくさんあって、次はどの豆を買ってみようかな!と小さな楽しみになっています。
いかがでしたか?コーヒー好きにはたまらない国、それがニュージーランドです。ニュージーランドに来られた際は、ぜひお気に入りのカフェを見つけて、自分好みにコーヒーをカスタマイズして楽しんでみてください!

ニュージーランド留学 関連記事

ニュージーランドで語学留学!どんな国?人気の理由は?

ニュージーランド語学留学

オークランド留学 – ニュージーランド最大の都市!港に並ぶヨットを眺めながら、おしゃれなカフェで過ごすならココ

オークランド語学留学

【まとめ】語学留学にチャレンジ!どの国に行く?期間は?費用は?

語学留学

オーストラリアとニュージーランドの違いについて調べてみた!

ニュージーランド留学とオーストラリア留学の違い

留学エージェントに資料請求

> ニュージーランド留学のおすすめ留学エージェント

この記事の著者

mizuho

mizuhoニュージーランドでワーホリ中

商社を辞めてニュージーランドでワーホリ中。とにかくリラックスして英語を学ぶのが目標。コーヒーとペンギンが大好き。

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ