どれも簡単!!留学に出発する前のおすすめ勉強法

こんにちは!!新型コロナウイルスで留学予定が延期になってしまった人もいるのではないでしょうか。
でも、家にいる時間も多くなり、自分の時間が増えた方も多いのではないでしょうか。
という事は勉強のチャンス!!

今回はわたしが留学前にやっていた勉強法、またはやっておけばよかったなということを紹介します。
もちろん通常の文法、Reading、Listeningなどの英語の勉強もやりましたが、ここで紹介するものはどれも簡単なもので必死に机に向かってペンを動かすものではありません。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

どれも簡単!!留学に出発する前のおすすめ勉強法

1. モチベーションをあげながら

息抜きを英語につなげちゃいましょう!!
現地の観光ガイドブックなどを見たり、調べたり。そうすることでワクワクしますし、よりやる気が出ました。
そして、必要そうな英語をリストアップするということもやりました。
たとえば、行きたいカフェを見つけたとします。
注文するときに使う英語は何だろう? ⇒ Can I have a iced latte?
お会計お願いしますってどうやっていうのだろうか? Check please.
と、必要そうな文をネットで調べてリストアップするのです。
すこし勉強に飽きてきたな、や、他にやることないかな~と、集中力が切れてきたときに行いました。

2. とにかくボキャブラリーを増やす

増やすといっても単語帳をつくって持ち歩くというものではなく、まず海外で暮らす中で必要なのは“カーペット”や“パソコン”など生活の中にあるものの単語を覚えるのも大事です。
あたりを見回してみて目に入ってきたものをひたすらに英語で声に出してみる。
これだけです。意外とわからないものが多かったりします。
最初は、Apple、Desk、Wallet、Microwave、など単語から始めます。
そしてだんだん言葉数を増やしていき、An Apple、のように冠詞をいう練習に切り替える。
さらに、There are an apple on the deskなど分を長くすること。
ここで大切なのは日本語を頭の中に入れないこと。
🍎⇒リンゴ⇒Apple と、本訳するのではなく、
🍎⇒Apple と、頭を英語モードに切りかえるという感覚をつかんでください。
現地に行ったら日本語から英語に訳して会話する時間はありません。
英語脳を作る練習と単語の復習、わからない単語を知るきっかけにもなります。
家の中はもちろん、おでかけ中やスーパーに買い物に行ったときに買うものを英語で言っていくなどもおススメです。

ボキャブラリーを増やしながら学ぶ

3. 英語で日記を書く

こちらは出発する前はもちろん、出発後も行っていました。
自分の思っていることを外に出すというトレーニングにもなります。
この表現を英語でどのように表現するのだろうかと調べて書いていき、使いながら覚える、そして線を引いて見返せるようにしていました。

こちらが実際のものです。
「前よりよくなる」という表現はどのように表すのだろうかというのを調べて書きました。線を引いておけば、見返すときにわかりやすいです。
最初は日本語からの翻訳でOK!!単語を実際に使って、日本でよく使うけれども英語でなんて言ったらよいかわからない言葉を覚えるのに役立ちました。

ある程度言葉がたくわえられ、英語脳も鍛えられるのでスラスラと書けるようになります。
後の会話するときにも役立ちます。

英語で日記を書いて学ぶ

4. 少しでも英語に耳をならす

こちらはやっている人も多いと思います。ですがやるとやらないでは全然違います!!私は洋画や洋楽に興味がなく、現地に到着後になかなかListeningがのびなかったので英語の歌詞を聞くようになりました。すると、やはりのListeningが上がった実感はわきました。歌は日常会話より早口なので耳が鍛えられたのかもしれません。おまけに知っている歌が多いとクラス内で話題もふえるので話すチャンスも!!
セサミストリートなどの海外の幼児向け番組やディズニーチャンネルのYouTubeなどを見るのも勉強になりますよ!!
わたしのようにやっていない人は時間のふえた今、ぜひ初めてみてください!

5.おすすめの本

その名の通り、3単語のみで英語は伝えようとするのです。
どうしてもそれだけで伝わらなかったらその後ろに1~2語プラスするというようなやり方。
英文法のしくみがわかり、こちらも英語脳をつくるのに最適な1冊だとおもいました!

・単語しかわからない
・英語のテストはできるけどしゃべれない
などの人にオススメです。
単語を覚えるときのコツや日常で覚えておくと便利な単語リストなど、それ以外のわかりやすい解説などものっているのですごく参考になります。

語学学習におすすめの本

Amazonはこちらです。
https://www.amazon.co.jp/会話もメールも-英語は3語で伝わります-中山-裕木子/dp/4478069409/ref=sr_1_2?dchild=1&keywords=3+%E5%8D%98%E8%AA%9E+%E8%8B%B1%E4%BC%9A%E8%A9%B1&qid=1586756974&sr=8-2

まとめ

いかがでしたか??

キーワードは“英語脳”を作ること。
言いたいことを頭の中で英語に翻訳するのではなく英語でダイレクトに伝えられるように、スムーズに出てくるようにするのがコツです。
日本にいるときは英語にふれる機会は少ないかもしれませんが、機会を探してみましょう。
正直に言うと、わたしは机に向かってやる英語の勉強は嫌いです。
今回は少しでもそれをやらないためにやってきたことを紹介させていただきました。

留学前のその小さな行動が、現地に行った後に必ず有利になるはずです。
おうちにいる時間が長くなったいま、できることを見つけて前に進みましょう。

頑張ってください。

留学エージェントに資料請求