フィリピン留学、どんな服装で行くべき?

フィリピンイツキです。今回の記事ではフィリピン留学に行く際、現地で着る事になるであろう服装について紹介していきたいと思います。

フィリピンの気候

まず、フィリピンの気候はどのような感じであるか、気候によって現地での服装は決まってきます。

フィリピンは東南アジアの国の一つであるため、気候が温暖な国ではないのかと思う方が多いかと思います。

実際その通りでフィリピンの気候は高温多湿の亜熱帯気候で一年を通じて大きな気候の変化はありません。また年間平均気温は26,5C。まさに南国。フィリピンの首都マニラの年間平均気温は27.9℃、年間平均最高気温は31.2℃。最も低い平均最低気温でも18.5℃とかなり温暖であることがわかります。

 

また、季節は6月から11月の雨季と12月から5月の乾季があります。しかし、雨季でも日本の梅雨のように1日中雨が降り続くことはなく、明け方や夕方にスコールが降る程度です。

そのため夏服を着る事が向こうでは一般的になります。

汚れてもよい安価な服がおすすめ

さて、服装についてですがフィリピンはまだまだ発展途上の国、そのため道路は舗装されていない所が多く、歩道もきれいで整備されているとはいえません。道路の水はけが悪いため、スコール後は足元が濡れやすいです。なので、歩いているだけでもズボンや靴は汚れてしまいます。そのため、自身が持っているお気に入りの服、高価な服を持ってくることはおすすめしません。また、多くの学校が提供しているランドリーサービスは日本のクリーニングとは違うため色落ち、色移りなども起こり得ますので、最初から気にならない服装を選びましょう。

フィリピン セブ

長袖の服も必須

気温が高いフィリピンでは、半袖、短パンだけで過ごせるわけではありません。

フィリピンは教室内・レストランなど何処へ行っても冷房がガンガン掛かっており、室内はかなり寒さを感じることもあります。そこでカーディガンやジャケットなど、軽く羽織れるものを持っていきましょう。羽織っていないと寒さで授業どころではありません。笑これが原因で到着1週間以内に体調を崩される方が多く、学校を休んでしまうという方が何人かいたので気をつけておいたほうがよいです。

また、夜冷えることもあるのでしっかりと身体を暖めて眠ることができるよう長袖のパジャマを一枚持参しておくと良いかもしれません。

学校ではサンダル、外ではスニーカー

靴についですが、学校内ではサンダルを履くことをおすすめします。学校の寮の多くは日本とは違う靴を履いたままする欧米式の所が多いです。靴ですといちいち脱いだり履いたりするのが面倒くさい、また学校は朝早いのでさっさと身支度を終わらせるためにもサンダルを持参して履く事をおすすめします。実際、私がいたときはほとんどの人がサンダルで学校内は過ごしていました。

 

逆に外出時はスニーカーを履いたほうが良いです。上記の様にフィリピンは道路が舗装されていない箇所が多くあります。綺麗な道に慣れている日本人にとっては、非常に歩きにくく感じるでしょう。また雨が降ると、水たまりもできやすく、さらに歩きにくくなります。もし女性で高いヒールなどを履いているととても危険です。サンダルで舗装されていない道路を歩く事は怪我をする可能性があるので、注意が必要です。

ビーチサンダル

現地で服を買うのもあり

あまり余分な荷物を持っていきたくない方、持って来た服が足りなかった場合は現地で購入する事が可能。

現地で買うTシャツは安いもので50~100ペソ(約120~250円)くらいなので、洗濯して着まわすと考えてもそんなに金銭的に負担にもならないでしょう。

また、現地で買った服を着ていれば、高級なものだと思われることもなくスリにあう可能性も減るかもしれません。

 

学校によっては、留学生のいらなくなった服を寄付で集めている所もあるので、現地で買ったTシャツ等がいらなくなった場合は、学校においていく事も可能です。寄付できるだけでなく、帰りの荷物も少なくする事ができるので一石二鳥ですよ。

 

フィリピン渡航前にしっかり服装の準備はしっておきましょう。

フィリピン留学 関連記事

フィリピンの都市
LINEで送る
Pocket

この記事の著者

イツキ

イツキ

大学3年の後期から1年休学中。オーストラリアのブリスベンにて、1年の語学留学で滞在。現地の情報を留学生の視点から発信していきます。

関連記事

ページ上部へ戻る