アメリカのバレンタイン事情!

こんにちは、サリーです。少し過ぎてしまいましたが、2月14日はバレンタインでしたね!

日本とアメリカでは全く違ったバレンタインデーの過ごし方があるので、今回は私の体験を元にシェアして行きたいと思います。

アメリカのバレンタイン事情!

男の子から女の子へ!?

アメリカでは日本と真逆で、男の人から女の人のプレゼントをするのがほとんどです。

日本では、ずっと好きだった人に告白をしたり、カップルが女の人から手作りチョコレートを渡したりなどが普通ですが、アメリカでは女の人はほとんど何もしません。

また、アメリカには日本のように友チョコや義理チョコなどの文化も特にないので、バレンタインデーは”カップルの日”という風に認識されています!

チョコレートはあげないの?

アメリカでは、チョコレートを渡す人もたくさんいますが…それよりもバレンタインのカードやバラの花束、ディナーやちょっとしたギフトを渡す人もたくさんいるんです。

特に、バレンタインの時期になるとウォルマートでは色々な種類のレターカードやマグカップにテディベアなど様々なギフトが見られますが、もちろんチョコレートもたっくさん置いてあります。

アメリカでのバレンタイン体験

私のバレンタインデー

私の彼は海外の方なので、アメリカのバレンタインについての認識があったのでサプライズをしてもらいました(泣)12時ぴったりにお家の前まで来てくれて、バラの花束、大きなハートのチョコレート、そしてお手紙のプレゼントが。今年のバレンタインは2人でディナーだけにしようと話し合っていたので、完璧なサプライズでした…!

やはり、海外の方はサプライズ好きな方が多いですね。

バレンタインにバラのプレゼント

いかがだったでしょうか。

アメリカでは、日本と全く違ったバレンタインの文化があるのでこちらでは新鮮な体験ができると思います!バレンタイン後は、どちらのお店でも売れ残りセールをやっているのでそちらもお見逃しなく!!

留学エージェントに資料請求