留学中の電話会社のこと、通信費のこと

留学中の携帯電話

今やスマホが無いと仕事ができない人や生活がままならない人が大半かと思います。
今回は、留学に行く時に漠然と心配していたスマホや電話の事を書こうと思います。

私は英語に不安があったので、最初に契約したのはアメリカ現地にあったdocomo USAでした。マンハッタンにある紀伊国屋書店にありました。日本人向けに展開しているので、当然スタッフは日本人です。

(今はアメリカではdocomo USAは展開していないので、参考程度にして頂ければと思います。)

月の定額プランで80ドルちょっとだったように記憶しています。
その後docomoがアメリカ事業からの撤退を受け、その後はKDDIで契約しました。これはマンハッタンにあるBOOK OFFの中にカウンターがあり、上手いことできてるなと思います。日本の企業だからと言ってハンコがいる、という事もないので安心です。月額のプランで選べるので、基本家か学校か図書館というwi-fiががっつり繋がる環境に入り浸る私的には通信費は最低限で良かったので初めからKDDIにしておけばよかったな、と思いました。

というか日本製のiphoneが海外のSIMに対応していないというのが本当に大問題なんです。中国人の友達に「アメリカ用のiphoneを新しく買った」というと「自分の国で買ったのでいいじゃん」と言われました。これは日本人が他国の人から言われることあるあるだなと思います。

アメリカで買ったiphone6は今でも日本でwi-fiモデルとして使ってます。

当時オンライン授業を取っていた事や諸々の事情で家にwi-fiがないと課題すら出来ないのでtimewarnerの家庭用wi-fiをいれました。これは自力で電話して契約を取り付けました。割と、たどたどしい英語でも頑張って聞き取ってくれるオペレーターの人に当たって本当に良かったと思います。

timewarnerは、サポート体制がいいし解約も簡単なので良かったです。留学で寮などには住まず一人暮らしをする人には一応オススメです。

留学エージェントに資料請求