日本との違いに要注意!?アメリカのお酒事情

イツキです。今回の記事ではアメリカのお酒事情について説明します。アメリカならではの独自のルールや日本との違いがいくつかあるので、それらのことについていくつか紹介したいと思います。

日本との違いに要注意!?アメリカのお酒事情

お酒は21歳から!

最初にアメリカでお酒を飲酒できる年齢について、アメリカではお酒は21歳になるまで飲むことができません。

意外ですよね、自由の国アメリカという名称でも呼ばれる国であることからもっとゆるいと思っていた人も少なくないでしょう。日本ではお酒は20歳からなので日本よりもルールが実は厳しいんです。

この年齢のルールは、アメリカ人だけでなく、観光客や留学生にも適応されます。日本では飲酒可能な年齢だからといって飲んでしまうと法律違反になるので気をつけましょう。

レストランやスーパー、バーなどお酒を扱っている場所では、購入時や注文時に必ず身分証明書が必要になります。21歳以上であることが確認できないままお酒の販売をすると、お店側が罰せられることになっているため、お酒を買おうとすると、毎回年齢チェックをされることになります。

特に日本人は、実年齢よりも若く見られることが多いためパッと見の外見だけだと疑われる事が多いみたいです。 なので、お酒を買うときは生年月日と顔写真の分かるパスポートを携帯しておくと安心です。

お酒が買える時間帯が決まっている。

続いてお酒が買える時間帯のルールについて。アメリカではお酒を買える時間帯が指定されており、州によってお酒の販売出来る時間帯が限られています。

販売出来る時間帯は州により差はあり、9時から17時まで買える州もあれば、9時から26時まで買える州があり、州によって違ったルールがります。そのため、販売出来ない時間帯になると閉店していくお店がたくさんあります。

日本では24時間スーパーや酒屋が開いてなくてもコンビニで気軽に買う事ができますが、アメリカではこのような指定された時間の中でお酒を購入しなければなりません。

アメリカ留学中の飲酒

公共の場所での飲酒は基本的禁止!

アメリカでは公共の場所の飲食は禁止とされています。

日本ではそのような取り締まりは無く時には公園で、時には路上で飲んでいる方を見かけますが、アメリカではこのような光景はほとんど見られません。

もし公共の場で飲んでいるところを警察に見つかってしまったら罰金を取られてしまうからです。

アメリカだったらアメリカの開放的な自然の中や、公園、ビーチなどでビールを飲んでいる姿をイメージする人もいるかもしれませんが、それは飲酒を認められているエリアのみです。 そのため、公共の場所での飲食は控えた身のためでしょう。

飲酒運転について

次は飲酒運転について、みなさんは行うことはないと思いますが、飲酒運転に関する取り締まりも日本違いがあるので説明します。飲酒運転の取り締まりに関しては日本よりもアメリカの方がゆるいです。

アメリカの酒気帯び運転の基準は、血中アルコール濃度が0.8mg/mlと、日本の0.3mg/mlと2倍以上ゆるいです。だからといって飲酒運転が許されているわけではありません日本と同様に厳禁です。 日本の場合は交通法違反ですが、アメリカは刑事法違反です。そのため 違反をすると、逮捕されて懲役になる場合もあるのです。

また、飲酒運転で逮捕をされてしまうと、ビザを取り消しされ、強制的に帰国をしなければなりません。最悪の場合2度と入国ができないかもしれません。

酒気帯び運転の基準が低いから多少飲んでも運転してもいいという安易な考えは持たず、飲酒したら運転を絶対してはいけないという、日本での生活と同じ考えを持ちましょう。

アメリカ留学中に気を付けたい飲酒のこと

まとめ

以上、いくつかアメリカならではの飲酒に関するルール、日本との違いについて挙げました。日本と比較すると全体的にアメリカの方が飲酒に関するルールは厳しいということがわかっていただけたかと思います。

アメリカに留学したらルールはしっかり守ってお酒を楽しんでください。

留学エージェントに資料請求