留学を就活の武器にするたった1つの対策とは?

留学後の就職活動

はじめに

みなさん、こんにちは!Dスケです。今日は、大学の同級生であり仕事仲間でもあった友人とカフェで話をしていましたが、過去の話しより未来の話しをしていました。歌の歌詞にもありますが、まだまだ過去を振り返るには若すぎますよね。

僕は、基本的に未来の話をしてる方が、話をしていても聞いていても楽しいです。そんな中「留学後のキャリアについて」も話しをしていたので、今回はそのことについてお話しをしたいと思います。

社会人の留学はブランクになるか?

社会人の留学をブランクとするか、しないかは、たった1つの対策次第であると思います。

よく、英語だけでは意味がないよ。と言われていますが、もちろんその通りだとは思います。英語だけできて、そのほかの仕事が全くできなければ、仕事ができない人間と同じなので、どこにも転職はできないでしょう。

しかし、転職活動は基本的には経験、実績を見られますが、20代ではまだまだポテンシャルを見てくれると思います。その中で、語学留学というのは、ブランクになるのでしょうか?ブランクというのは、なにもしていない時期のことです。

留学はそれ自体が、最高の経験であり財産になります。日本以外で生活することが、すでに経験の1つであり、これからのビジネスを展開していく上でも、とても重要な経験だと思います。その上で、語学習得ができればキャリアは人と違った輝きを持つと思っています。

社会人留学後の就職活動

日本での就活ではやはりTOEICの点数が重要?

日本では、というよりどこの国でもそうかもしれませんが「留学」自体に価値を置くことはしないです。(本当はそれだけで人生にとって素晴らしい経験なのにね)

では、留学=英語力という位置付けで捉える企業が多く、その英語力は「TOEIC」の点数で、評価されています。まだ、そんなことしているんだねと思っていますよね。社員にTOEICの点数が高くても英語が全然話せない人もいることは明白なのに。笑 

日本においては、そうなんです。なので、留学をしなくても「TOEIC」の点数さえ取れればいいじゃん!と考えている人は、留学=英語力なので、それでいいと思います。

なので、留学を就職活動で利用しようと思う方はこの日本の評価制度に合わせる必要があります。つまり「TOEIC」を受験し高得点を取る必要があります。

イギリスでTOEIC受験できるの?

それが、今はできないみたいなのです。ヨーロッパではフランスなんかはTOEIC受験できるみたいなのですが。イギリスはIELTSという別の英語力を測る資格があるので、そちらを受験することになります。

なので、TOEICを受験するのは、留学後に日本へ帰国し受験した方が良さそうですね。なので、留学前に是非しておいた方がいいことの1つとして、TOEIC受験をし留学前の点数を出して置くこと。そして留学後に何点伸ばすことができたかがアピールの1つになります。(残念ながら就活には必要なことなんです。)

留学経験のメリット

おわりに

今回は、留学を就職活動で活かすためのお話を少しさせていただきましたが、新卒の方、転職活動の方、様々な方が留学をすることかと思いますが、日本の評価制度はまだまだこんな感じであることが現実みたいです。

どれだけ留学で素晴らしい経験をしても、それは評価対象にならないことが多々あるかと思います。しかし、勘違いしてはいけません。留学は皆さんにとって最高の経験です。日本のキャリアにおいての評価制度では、その経験は無視されTOEICの点数になってしまうだけなのです。なので就職活動を見据えた準備をすることで、留学を武器にすることができます。

この記事の著者

Dスケ

Dスケ

名前 Dスケ(小部家大将)
年齢 26歳
出身 大阪府豊中市
経歴
関西大学社会安全学部 卒業
大手企業に入社
ロンドン留学を決意し退職

趣味
映画鑑賞(年間100本以上は鑑賞しています)
バドミントン、テニス(練習中です)
美術館、博物館、カフェ巡り
写真撮影、ブログ作成
ファッション
資格の取得(基本的にはいろんなことを学ぶことが好き)

おすすめの映画
ニコール・キッドマンが出演している映画は個人的に全て好き
その他「PS I love you」「独裁者」「エリンブロコビッチ」
「オーロラの彼方へ」「今を生きる」など

好きな言葉
「stay hungry, stay foolish」 by スティーブ・ジョブズ

メッセージ
社会人になってからの留学はかなりハードルが高いのでは?と思われている方がほとんどだと思います。
今、留学を考えいてるけど迷っているという人も多くいると思います。
僕自身も大手企業を退職したことで周りの人からかなり、ネガティブな意見も言われました。
留学に意味があるのではなく、そこで何を学び次にどう活かすかが重要だということを心に留めて

ロンドンへ留学します。そこでの経験や学び得たことをみなさんと共有していきたいと思います。

また、留学情報だけでなくイギリスで流行しているものや
ヨーロッパのファッション・グッズなどをご紹介できればと思いますので
これから僕の留学を通して、皆さまと繋がりを持つことができることを心から楽しみにしております。
どうぞ、よろしくお願いいたします!

関連記事

留学voice Instagram

ページ上部へ戻る