【ニュージーランドオーペア留学】住み込みで子供のお世話する留学!?

こんにちは。留学voice特派員のなおです!

オーペア(オペア)というものを知っていますか?

日本では馴染みが薄いですが、海外の家庭へ住み込みで子どものお世話などを行う留学スタイルの1つです!

今回は、ニュージーランドでのオーペア留学をご紹介したいと思います。

オーペアとは?

オーペア留学

au pairという“対等の立場で”を意味するフランス語が語源となっており、海外の家庭へ住み込みで子どものお世話などを行う留学方法の1つになります。また、オーペア制度を利用している人のこともオーペアと呼ぶことがあります。アメリカでは、政府が行うオーペアプログラムがあったり、フランスを含むヨーロッパの数か国ではオーペア専用のビザもあります。

今回紹介するニュージーランドでは、オーペアビザなどはありませんがワーホリビザを利用しオーペア留学することが可能です。また、14週間以上の就学であり、就労時間が週20時間以内であれば学生ビザでのオーペアも可能になります。

オーペアのメリット

オーペア留学の1番の利点は、現地の暮らしを体験できることでしょう!住み込みのため、雇用関係というよりは、家族の一員として温かく迎え入れてくれます。家庭料理はじめとする、現地の文化を感じることができるのは大きなメリットだと思います。

また、オーペア留学では、住居費タダ、3食付きのことが多く留学費用を抑えることができます。ホストにより変わってきますが、給料を出してくれることも珍しくありません。子供が学校へ行く場合は、日中が自由時間となり語学学校へ通ったり、アルバイトすることもできます!そして、現地在住日本家族が日本人オーペアをもとめていることがあり、英語が話せない場合でも参加することが可能です。

ニュージーランドオーペアの特徴

前述したように、ニュージーランドにはアメリカのような政府によるオーペアプログラムもありません。また、ヨーロッパの国々でみられるオーペアビザもありません。しかし、ニュージーランドはワーホリビザの敷居が低いことで知られています。年齢制限18歳以上31歳未満を満たし、4000ドル(約32万円)を所持している日本人であれば基本的にはワーホリビザがおります。(健康状態やパスポート残存期間などその他条件あり)他国では1年間のワーホリビザ発給数を決めているところもありませんが、ニュージーランドでは人数制限はありません。加えて、同じくワーホリビザの敷居が低いことで知られているオーストラリアですら同一雇用主の下では6か月間の就労までと決められているのに対し、ニュージーランドではそのような制限もありません。

ワーホリビザのためオペアをしなければいけないということはなく、自分に合っていないなと思えば他の職種にチャレンジもできます!また、最初から様々な職種にチャレンジという人は、最初の3か月をオペアにしその3か月で新しい職を見つめ4か月目から別のことをするというのも面白いかもしれません!!!

ニュージーランド留学の人気都市

オークランド

オークランド

一番人気は、やはりオークランドでしょう!ニュージーランドで一番大きい都市であり、人口の3分の1、約135万にが暮らしていると言われています。

人が多いということは、それだけ仕事もあると考えられます。お仕事の見つけやすさは、ニュージーランドで一番でしょう!

大都市というと東京のようなごちゃごちゃした感じを想像してしますかもしれませんが、オークランドは、港にはたくさんヨットがあり、緑も豊かな素敵な街です。

ウェリントン

ウェリントン

ウェリントンは、ニュージーランドの首都です。しかし、国会議事堂をはじめ、国の重要な機関もあり政治の中心にはなっているが人口39万人と首都とは思えないようなこじんまりとした都市です。

ただ、つまらない都市というわけではありません。2015年には、BBCにより世界で一番ホットな都市ランキング1位に選ばれています!

カフェ文化が栄えており、おしゃれなカフェがたくさんあります!

クライストチャーチ

クライストチャーチ

ニュージーランド第二の都市です。イギリス植民地時代の影響が残っている街で、美しいイギリス風の庭園があります。

イギリス以外で最もイギリスらしい街と評されるほどです。イギリスのワーホリは人数制限があり抽選のため難しく、イギリスに行きたかったという人にはおすすめです。

こども好きにぴったりなオーペアの仕事内容

実際に求人として挙げられていたお仕事の例をいくつか紹介します。

ニュージーランド人家庭(オークランド)

子ども:7歳の女の子

給料:要相談

労働時間:週平均15ー25時間(変動・交渉可)

その他:希望であればホストが紹介する語学学校へ通うことができます。授業料もホストが負担してくれます。

【お仕事詳細】

月曜日〜金曜日

学校外の時間のお世話。

夕食の準備(週平均3-5日)

家の掃除等

土曜日、日曜日はフリーです!

オウンダブルベッドルーム・バスルームが提供されます。

日本人家庭(オークランド)

子ども:15歳、7歳の男の子

家庭内言語:日本語

勤務時間:朝と15時以降

期間:3週間

条件:25歳以上女性、喫煙者NG、免許アリ

【お仕事詳細】

基本お仕事は平日。

朝の片付け、15時に息子のお迎えがメインのお仕事になります。

日中は自由時間となり、アルバイトや語学学校へ通うことが可能です。

また、ホストの自家用車を借りることもできます。

家具付きのシングルルーム、平日の3食と光熱費、wifiが含まれています。

オーペアを募集している家族を見つける

オーペア留学エージェントでは、日本人オーペアに合った条件のホストファミリーが紹介されてます。また、エージェントを利用することで留学経験もなく、ちゃんとしたホストを見つけたりするのが不安という方でも安心です。

以下は、日本で有名なオーペア留学エージェントです。

【World Au Pair in Japan】

【オペアジャパニーズコネクション(AJC)】

自分で手配したいという方は、以下のサイトから自分で探すこともできます。

【AuPair World】

【Great AuPair】

【Find AuPair】

まとめ

オーペア留学を通して、英語だけではなく現地の文化などたくさんのことが経験できると思います。特に、ニュージーランドではのんびりとした素敵な時間を過ごせると思います!

このサイトで複数留学エージェント会社からオーペア留学に関する資料を一括無料請求することもできるので是非活用してみてください!!!

オーペア留学 関連記事

LINEで送る
Pocket

この記事の著者

なお

なお

イギリスのリーズ大学に1年間交換留学していました!
大学卒業後、今年9月から修士課程のためイギリスに戻ります!!!
よろしくお願いします♪

関連記事

ページ上部へ戻る