留学前にやっておく5つのこと

皆さん、こんにちは。
今日は留学に行く意志が強まっている人やすでび行くことを人に向けて留学にいってみて思った、留学に行く前にやっておけばよかったことをリストにしてみました!
私が特に思ったことは5つ!!

留学前にやっておく5つのこと

1、 単語の勉強

これを受けてやっておけばより留学生活、授業がより楽しく受けられる!

語学学校に入学する際、必ず簡単なテストを受け、クラスのレベル分けをされるのですが、1番下のクラスでやるのはこのような単語の勉強など自分でやれるような基本的なものが多いです。これでは新しい発見がなく、コミュニケーションにもいかないため正直あまり面白くない…単語の勉強は自分でもできる内容!すこしでも基礎力を高めてから留学生活が始めるとより日常生活に近い内容が学べ、授業がさらに楽しいと思えます!!

成人したネイティブの英単語数は20,000~30,000.10歳のネイティブは10,000語もの語彙を知っているそうです。日本人は中学~高校生で3,100習得できるといわれています。ネイティブの子供くらい喋れるようになりたければあと7,000語を覚える必要があります。ちなみに私がオーストラリアで出会った留学生はすでに2年滞在していましたが、新しい単語の勉強を毎日継続していましたよ。

準備期間がないときは難しい単語を覚えようとしなくてもいいので、中学・高校時代に習った単語の復習をしていきましょう。中学生でならった単語を復習するだけでも大きな違い!

ちなみにある英語教材では毎日新しい単語を10ずつやるよりも1週間同じ単語を50繰り返しやる方が定着するといってました!私もこの方法で定着しやすくなりましたよ!!

2、品詞の特徴を学んでおく

なぜこの並びになるのか?文法で不明点があるとき、これがわかると圧倒的に理解力が上がります!

動詞、形容詞、形容動詞、名詞、副詞、接続詞等のどんな形態の単語がどの品詞に当てはまるのかわかっておくと学校に行った際の分法の組み立てがとってもわかりやすくなります!ただ、単語を覚えるので精一杯!という方は語学学校でも教えてくれるので後回しでも大丈夫です。

3、自分の自己紹介を英語で考えておく

最初に全く英語がわからなくても最低限これができれば友達ができる!!基本的に語学学校は母国語禁止、英語しか喋ってはいけませんという環境下なので最低限自分の説明や相手へのいくつかの質問を考えておくとすぐ友達ができますよ。そして、友達ができれば自然と勉強への意欲が生まれ、もっと勉強したくなります。

4、留学中の目標をたてよう

半年や1年の留学はあっというま。目標ややることリストをつくらないまま過ごしていると何となく毎日が過ぎてしまい、日本人で集まって飲んで過ごす毎日で終わってしまうこともあります。「私は何も学べなかった」「結局英語力が上がらなかった」という人も多くみてきました。せっかくの機会なのに何も習得できず、達成感や充実度なく終わってしまうのはもったいない!「帰ってきたらTOEIC800点」「現地のインターンやボランティアをする」「外国人の彼氏を作る」など、いくつかやりたいことリストを作っておくと充実度は全く違いますよ!

留学の目標

5、出発前に思う存分日本を楽しむ

現地で過ごしていると日本食が食べたくなったり日本が恋しくなると思います。なので、できるだけいられるときは思う存分楽しむ!家族や友達と過ごし、日本国内を観光し、日本食をたくさん食べる!海外で日本食食べようとすると高いですし…これでもかというくらい日本を満喫しておきましょう!
そうするとより日本の良い部分が見えてきたり、いろんな角度からの日本や海外が見れると思いますよ。

以上、いかがでしたでしょうか。
みなさんの留学生活がより充実しますように!!

留学前の生活を楽しもう
留学エージェントに資料請求