語学学校初日は不安でいっぱいです…

語学学校 語学学校の初日。何かと不安なものです。最初から心折れそうになる人も多いですが、踏ん張りましょう。 今回は、僕の語学学校の初日の様子をご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください!

語学学校の初日といえば、ドキドキのクラス分けテスト

語学学校の初日 語学学校初日は、通常クラス分けテストやオリエンテーションがあります。僕はオーストラリアのパースにある西オーストラリア大学の語学学校に、5週間の短期留学をしました。僕がこの学校に留学した時は日本の大学で事前にクラス分けテストを受けていたので、学校見学が初めにありました。事前に受けていない学生は初日に受けます。事前に受けたクラス分けテストは、SpeakingのテストがなくWritingとListeningのテストだけでした。 テストの内容や時間は学校によって異なると思いますが、一般的には”Writing”、”Listening”、”Speaking”、”Grammar”のテストを20~50分くらいずつ受けるようです。僕が行った語学学校ではクラスが9クラスあって、僕は下から4番目のクラスでした。僕はWritingのテストの点数が実際の実力よりも上に出たようで、同じクラスの他国の学生は僕よりもかなり英語ができていました。特に会話をする能力が高く、かなり圧倒されました。

不安でいっぱい

語学学校での不安 学校見学はランダムに選ばれた10人ほどのグループでまわったのですが、正直先生の言っていることはほとんど聞きとれませんでした。周りのみんなはうなずいたり、笑ったりしていて、いかにも分かっている風だったのでかなり焦りました。 見学が終わった後は、その日入学してきた留学生全員がホールに集められ、授業についての説明や施設についての説明がありました。先生はゆっくり丁寧に説明してくれるのですが、この説明もわからない部分がかなりありました。午後にはさっそく授業があるのですが、僕はすでに不安でいっぱいになっていました。 午後の授業に入る前にお昼休みがあったので、同じ学校から来ていた友達と情報交換をしました。来る前は「英語しか話さない」とか「日本人とは話さない」とか勝手にルールを決めていたにも関わらず、初日からそのルールを破ってしまってかなり自信を失いました。しかし、ここでめげてしまうわけにはいきません。僕の場合は5週間の短期留学だったので、1日も無駄にすることはできませんでした。

不安解決法1:とにかく話しかける

語学学校 僕はもう一度自分を奮い立たせ、友達と一緒に他国の学生に話しかけに行きました。僕も友達も文法や発音はめちゃくちゃなのですが、気にせず話しかけました。そうやって何人かの学生と話しているとだんだん慣れてきて、初対面の人とでも話すことに抵抗がなくなっていました。午後の授業でその友達とは別のクラスになったのですが、お昼休みに話しかけた学生がクラスの中にいました。その友達とはその後かなり仲良くなり、今でもFacebookでやり取りをしています。 話しかけるまでは不安でいっぱいです。緊張もします。しかし、それは他の留学生も感じていることです。初めは積極的に話しかけることに抵抗があるかもしれません。自分の語学力で大丈夫なのか不安にもなりますが、それは留学にきたほとんどの人が感じていることなのです。 逆に考えてみてください。他の留学生が積極的に話しかけてくれた時、嫌な気持ちになるでしょうか。例えそれがカタコトでもなんとかお互いにコミュニケーションを取ろうとするのではないでしょうか。 留学に来ている人たちは当然言葉を覚えに留学に来ているわけですから、他国の人とコミュニケーションを取ることに興味をもっている人が大半なわけです。ですから積極的に話しかけていきましょう。文法や発音など細かいことは気にせず、とにかく誰でもかまわず話しかけるということが大事です。特に語学学校の場合は校舎が狭かったりするので、違うクラスの人でも1日に何度も顔を合わせます。そんな時に笑顔で挨拶だけでもすれば、それだけでぐっと距離が縮まります。それを繰り返していけば自然と友達も増えていくはずです。とびきりの笑顔で、どんどん友達を増やしていきましょう。

不安解決法2:わからないことはそのままにしない

語学学校での不安や疑問 分からないことがあった場合は、一緒に来た人や学校にいる日本人に尋ねましょう。日本人がいない場合は、クラスの先生や事務の人に遠慮せずに聞いたほうが良いです。というのも、こういった学校のシステムをわからないままにしてしまうと、本来利用できたはずのサービスを受けられなかったり、提出すべきものの期限を過ぎてしまったりということが出てきてしまいます。ですから、このような情報は日本人同士でもどんどん情報交換をしたほうが良いです。 日本人がいない場合は学校の先生や事務の人に分かるまで説明してもらいましょう。学校の先生や事務の人たちはこういったことには慣れていますから、丁寧に教えてくれるはずです。

 おわりに

学校初日は誰でも緊張します。僕も緊張しすぎて、前日よく眠れませんでした。先生は何を言っているか分からない上に、周りは他国の学生ばかり。みなさんも僕と同じように不安で頭がいっぱいになってしまうかもしれません。 しかし、ここであきらめてはいけません。初めはわからないのが当たり前。初めは緊張するのが当たり前。まずは勇気を持って一歩を踏みだしましょう。はじめの一歩さえ踏み出せば、二歩目はもっと楽になって、だんだん慣れていくはずです。少なくとも僕はそうでした。大事なのはコミュニケーションを取ろうとする姿勢です。 初日は誰でも緊張するんだと思って、有意義な学校生活をおくってください。  

語学留学&オーストラリア留学 関連記事

【オーストラリアに留学しよう】オーストラリアの語学留学 オーストラリア語学留学 語学だけじゃもったいない?語学留学+αのすすめ! 語学+α留学
語学学校の授業ってどんな感じ?僕が行ったCELTの場合 オーストラリアの語学学校 オーストラリア語学留学!どの都市がいい?留学費用は? オーストラリア語学留学費用
留学エージェントに資料請求
賢く留学準備をするなら、こちらの記事も参考に! 「自分にピッタリの留学エージェントを探せ!」 > オーストラリア留学のおすすめ留学エージェント
留学voiceでは「語学留学体験談」を募集中!送ってくれた方全員にプレゼントも! 詳しくはこちら 「語学留学体験談 大募集」
留学エージェントに資料請求