10か月、シドニーに留学!シドニーの印象は?

留学時期:2014年2月〜12月(10ヶ月間)
留学先:オーストラリア シドニー

高校1年生から2年生にかけて、オーストラリアのシドニーへ、留学をしました。シドニーの中心地からバスで20分程行った、静かな住宅街にある、カトリック教の女子中高一貫校でした。

10か月、シドニーに留学!シドニーの印象は?

きっかけは、その学校に私の友人が在籍していて、彼女に留学を勧められたからでした。彼女は以前、日本の私の高校へ、日本語を学びに留学生として来ており、その際に私の家にホームステイをしていました。

彼女の家族が日本に訪れた際も、家族絡みでの交流があったため、異文化に対する興味が自然と湧いてきたのだと思います。

とはいえ、当時16歳の私にとって、親元を離れ、行ったことのない土地で、分からない言語で生活をすることに対して、大きな不安がありました。

しかし、まだ見ぬ新しい世界への好奇心と情熱が不安を勝り、周りの人の応援の言葉に背中を押され、留学を決断しました。

オーストラリアのおしゃれなお店

多民族国家であるオーストラリアには、紀伊國屋や、日本食屋、DAISOなどがあり、日本の文化が多く浸透しているのだと感じました。

他の国と比較すると、比較的日本人の割合が多いのも、魅力の1つなのではないかと思います。

長期の留学生活は不安も多く、ストレスも少なからず溜まるので、自分の国の食べ物や、言語、人々が恋しくなったときに、日本の雰囲気が近くで感じられる環境があることは、今改めて思うと非常によかったなと思います。

また、オーストラリア人の大らかで、明るくフレンドリーな国民性も非常に魅力的だと思います。

休日には友人や親戚を家に集めて、大勢で誕生会やBBQをすることが多く、人と人との距離が非常に近いことが印象的でした。

自然豊富なオーストラリア

シドニーは都心でありながらも、珍しい動物や鳥、緑が多く、綺麗な海に囲まれた、自然豊かな生活が送れます。

大都市の東京に住んでいた私にとってはその空気が非常に新鮮で、リフレッシュすることができました。

長期休暇に入ると、皆、車を走らせビーチに行きます。白い砂浜にタオルを敷いて、本を読んだり、音楽を聞いたり、昼寝をして、1日中のんびりするのが主流で、非常に楽しむことができました。

日本との時差も然程変わらないので、初めての長期留学の地として、オーストラリア、シドニーは非常に過ごしやすかったです。

もちろん、異文化や言語の壁に直面することも多くありましたが、不安や恐怖を乗り越えて見たその先の景色は、美しく輝いていて、何より経験は自分の財産になると実感しました。

オーストラリアのビーチ
留学エージェントに資料請求