通帳はない?!オーストラリアの銀行口座

オーストラリア ドル ブリスベンに留学中のイツキです。今回の記事ではオーストラリアで暮らす上で欠かせない銀行口座について紹介していきたいと思います。

オーストラリアの4大銀行

オーストラリアには日本で言う三菱UFJ,りそな、みずほ、三井住友などの大手のように4台銀行という物が存在します。 その4大銀行というのが
  • ナショナル・オーストラリア銀行 National Australia Bank (NAB)
  • コモンウェルス銀行 Commonwealth Bank of Australia (CBA)
  • オーストラリア・ニュージーランド銀行 Australia and New Zealand Banking Group (ANZ)
  • ウエストパック銀行 Westpac Banking Corporation (WBC)
それぞれの銀行によって金利や細かいシステムが違いますが、一時的な滞在である留学生にとってはあまり気にしなくていいでしょう。 私自身はウエストパックを利用しており、他の日本人の留学生もウエストパック、もしくはコモンウェルスを利用している人が多いです。おそらくこの二つは支店やATMを街中でよく見かけるため現地の人にも支持されている銀行なのでしょう。 オーストラリア ドル

銀行口座の作り方

まずは口座を作る際に必要なものです。 どこの銀行も大体共通であり、大まかにいうと、必要な物は5つでパスポート、住所、電話番号、デポジット(最初に預金するお金のこと)、学生証さえあれば、作る事ができます。 もちろん口座を作る際のやりとりは英語なので不安かと思いますが、飛び込んでしまえばもうあとは身を任せるままです。安心・安全の大手銀行なので、顧客対応はしっかりしています。なおかつ、オーストラリアは外国人が多いので、英語が話せない顧客に対してもきちんと簡単な英語で伝えてくれるので安心です。もし不安であれば知人の方に同行してもらって一緒に行く事を薦めます。 この手続きが終われば、1週間程度で指定した住所にキャッシュカードが届きますそこから自由にお金の引き出し、預け入れが、支店、ATMですることが可能になります。 パスポート

インターネットの活用

日本とオーストラリアの銀行の大きな違いは通帳が存在しないことです。 インターネットバンクが主流になっていますので、ネット上で残高を確認する形になります。 自分はウエストパックを利用しているため、ウエストパックの銀行のアプリをインストールしています。このアプリだけで残高確認、送金等ができるため、かなり便利です。わざわざ銀行の支店やATMに行く必要がありません。 また、ATMで引き出しをする際、キャッシュカードを持っていなくてもアプリを活用すればお金を引き出す事が可能です。 このインターネットが主流のシステムは日本よりもかなり便利だと思います。

アルバイトをするのであれば必須

日本からの留学生の方で、最初のほうは面倒くさいので作らなくてもいいという方を見かけますが、オーストラリアに留学した際はなるべく早く口座を開設することをおすすめします。 その理由としてこっちの口座を持っていない方は、アルバイトをすることがほぼできません。こちらの給料の支払いは日本同様に銀行への振込みが主流です。そのため、口座を持っていなければ雇わないところが大半です。 オーストラリア留学の強みは、アルバイトをすることが可能である事なので、アルバイトを絶対するという方はアルバイトが見つかるように作っていたほうがよいです。 オーストラリア 今回の記事は以上です。銀行口座を持つ事によって、留学生活が便利になりますよ

オーストラリア留学 関連記事

> オーストラリア留学のおすすめ留学エージェント
留学エージェントに資料請求
あなたの語学力を5分で診断