アメリカ 西海岸で語学留学

カリフォルニア州やワシントン州、オレゴン州などがある西海岸。海岸沿いには大きな都市も多く、日本人の多い地域も比較的多くあります。

西海岸ってこんなところ

西海岸というと、東海岸はじめ他の地域に比べ、リラックスした雰囲気のする地域です。一年を通して過ごしやすい気候の地域が多く、高緯度でも緯度の割には冬でも気温が下がらないことが特徴です。海岸沿いということで、海の貿易の拠点として栄えてきた都市が多く、世界に向けて開かれた街が多くあります。

西海岸の都市といえば?

西海岸の語学留学におすすめの都市をその特徴と一緒に

  • シアトル(ワシントン州):中規模の大学付属の語学学校が多いです。サンフランシスコやロサンゼルスよりも費用を押さえて留学できることも魅力です。東京から一番近い都市でもあり、日系人が多いので日本人留学生にとては生活しやすい環境です。
  • ポートランド(オレゴン州):小中規模の語学学校が多く、独立したカレッジ形式の語学学校や大学付属、私立など形態は様々で、物価も他の都市に比べると安く収まり、費用を押さえて通える学校も多いです。学生割引で街の中でのバスなど公共交通機関が利用できるので、生活しやすいです。
  • サンフランシスコ(カリフォルニア州):都市の中にある小中規模の私立語学学校が多いです。大学付属の学校をありますが、独立したカレッジの語学学校も多いです。海外からの留学生が多いので、もちろん日系人も少なくないですが、日本人率の少ない学校で英語を勉強することができます。
  • サンタバーバラ(カリフォルニア州):リゾートな環境にある小規模の語学学校が多いです。リゾート地という場所柄、都会の中心よりも田舎よりであり、車が運転できる方が暮らしやすいかもしれません。
  • ロサンゼルス(カリフォルニア州):大都市にある中規模の語学学校が多いです。大学付属の学校をありますが、独立したカレッジの語学学校も多いです。大都会ということで物価はかかりがちですが、演劇や音楽などイベントや映像や写真などの専門学校も多く、様々なチャンスにも恵まれやすいです。語学以外にも、と考えている人におすすめの留学先です。
  • サンディエゴ(カリフォルニア州):リゾート環境の中〜大規模の語学学校が多いです。大学付属の語学学校もあり、中には費用が安い学校もあります。
  • バークレー(カリフォルニア州):学園都市にあり、小中規模の語学学校が多く、大学付属の語学学校が多いです。他の学生との出会いも豊富です。

どんな人向け?

リラックスした雰囲気が特徴なので、ゆったりのびのびと勉強したい人におすすめです。ストイックに勉強したい人には少し物足りないかも。日本人の多い都市もあるので、初めての留学という人や日本食が手に入る地域で暮らしたいという人は西海岸の都市で留学することがおすすめです。都市部には大学が多いこともあり、大学付属の語学学校が狙い目です。大学付属の語学学校ですと、図書館や寮など施設がコミュニティカレッジや世界に展開する語学学校よりも充実しています。また、他の留学生だけではなく現地のアメリカ人と知り合えるチャンスも多いです。また、都市部ではダンスや音楽を習いながらのプラスアルファをしながらの留学も可能です。

参考

留学したい!と思ったら…パンフお取りよせ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この記事の著者

mm

mm

アメリカ長期滞在中

関連記事

ページ上部へ戻る