留学は、就職活動に本当に有利?

留学後の就職活動

はじめに

こんにちは!Dスケです。

僕は、日本で毎日桜を見ながら外国人の方が多くくるアルバイトをしています。道案内や、サービスの説明などを英語でしていて、少しずつ自信がついてきました。

留学前に準備ができることはたくさんあると思います。留学をさらに効果的にするには、日本で英語をしっかりと勉強することだと思います。日常会話くらいは日本で勉強して、外国では日常英会話のブラッシュアップや、発音、さらには専門的な英語を学べると、社会人としては次の仕事にも繋げられますよね。

留学をより有意義にできるよう、日々こちらで記事を投稿しておりますので、是非チェックして見てくださいね。

今回は、「留学は就活で有利になるか?」についてお話ししたいと思います。

留学って就職活動に有利なのか?

この質問は、大学生はとても気になりますよね。

就職活動で「留学」してました。と言えるのは、有利か?になりますが、大きなアドバンテージになると思います。

もちろん、留学=「英語がある程度話せる」と「日本以外の環境に触れている」というような認識を持たれることになります。厳しい人は、留学するだけでは、全く意味がなく「留学先で何をしたかが重要」と言います。もちろん、正論です。

そして、多くの大学生が勘違いしているのは、「留学をしていました」というアピールのみで、自己PRを終えてしまうことです。これで、就職活動に失敗するので、留学は就職活動でやくにあまり立たないなどの印象が広がったのだと思います。

留学後の就職活動

就職活動でどう「留学」をアピールするのか?

まず自己アピールは、自分がその会社でどのように活躍できるか、どういう人材を目指しているか、自分の魅力を全力でPRする場です。

なので、「留学」はそのアピールをする材料の1つでしかありません。留

学をして、自分がその会社でどのように活躍できるのかを、面接官にイメージさせる必要があります。なので、留学自体をPRしても、意味がありません。

留学で学び自分が今後どうしたいのか、どうその会社に貢献できるのかに置き換えてPRをして見てください!

留学の経験は、大学時代にできる最高の経験の1つだと思います。

もちろん、皆さん以外にも留学をしている人は何人もいて、英語がペラペラな帰国子女もたくさんいます。その中で、限られた席を取るためには、自分の留学をPRすることにとらわれずに、自分の魅力を全面にだすことを意識して見てくださいね!

留学後の就職活動

おわりに

就職活動のために留学するというのは、大いにアリだと思います。

目的が少しずれているかなとは思いますが、「何もPRするものがないよ~」という学生は多くいるので「留学経験者」というだけでも、大きなアドバンテージになると思います。

ただ、会社側からすると留学経験者=「英語がある程度話せる」「日本以外の環境を経験している」というハードルを持つので、入社後は少しプレッシャーを感じるかもしれませんが、しっかりと飛び越えてくださいね!

留学エージェントに資料請求