イギリス留学中のおすすめ観光スポット!セイントポール大聖堂

イギリスのセントポール大聖堂

はじめに

みなさん、こんにちは!Dスケです。今日は家でピザを買ってきて、映画鑑賞をしていました。海外の人たちは、映画や本をよく知っています。授業中なんかでも映画を見ることがときどきあるみたいです。

僕も映画が好きなので、知らない映画なんかを教えてもらうとすぐに見るようにしています。もちろん、英語の字幕なしです。こういう映画が海外では人気なんだな〜と思ったり、日本では有名ではない日本映画が海外で知られていたりと、映画についての話題は楽しいです。

そして今回は、イギリスで有名な「セイントポール大聖堂」へ行ってきたのでそのお話をさせて頂ければと思います。

イギリス セントポール大聖堂の内観

圧巻の迫力!セイントポール大聖堂

ロンドンのテムズ川のそばにこのセイントポール大聖堂はあります。最寄駅はテムズリンク駅で、そこから歩いて5分程度のところにあります。人だかりができているので、すぐにわかると思います。

イギリスの美術館や博物館は全て無料なのですが、この教会ではチケットを買う必要があり金額は20ポンド(3000円)です。

イギリスの大聖堂

ただし、本当に外観で写真を撮るだけで終わらせるにはもったいないです。

このセイントポール大聖堂は、大聖堂の中でもバチカンに次ぐ世界で2番目に大きい教会です。中に入ると、今までに見たことがない異世界の景色です。豪華絢爛な内装に、本当に精巧に作られた扉、天井にはモザイクが、そして正面には金の十字架がステンドグラスによって光輝いています。

神秘的すぎて、心がどこかに持って行かれてしまうような気分になりました。

イギリスのセントポール大聖堂のステンドグラス

ロンドンの街並みを一望できる

このセイントポール大聖堂のもう一つの魅力は、ドームの頂上まで登ることができロンドンの景色を一望することができます。

ただし、中にはエレベーターが1台しかなく、螺旋階段をひたすら登り続けました。ところどころでお年寄りの方が座って休憩していたり、少しぐったりしている方もいました。

ひたすら登ること20分くらいです。目の前には、イギリスのレンガ調の家に、高層ビル、テムズ川などロンドンの素晴らしい景色を堪能することができました。

大聖堂の展望台からの眺め

おわりに

このセイントポール大聖堂へは、イギリスに来たら絶対に行くべきスポッットの1つだと思います。中の豪華さには、本当に僕もびっくりしました。タイミング合えば、パイプオルガンや聖歌を生で聞くことができます。

閉館は、16時と早いです。なので、朝に行き心を落ち着かせ近くにはカフェがたくさんあるのでそこでコーヒーを1杯飲むだけで、とても優雅な1日の始まりを迎えることができると思います。是非、行って見てくださいね!

この記事の著者

Dスケ

Dスケ

名前 Dスケ(小部家大将)
年齢 26歳
出身 大阪府豊中市
経歴
関西大学社会安全学部 卒業
大手企業に入社
ロンドン留学を決意し退職

趣味
映画鑑賞(年間100本以上は鑑賞しています)
バドミントン、テニス(練習中です)
美術館、博物館、カフェ巡り
写真撮影、ブログ作成
ファッション
資格の取得(基本的にはいろんなことを学ぶことが好き)

おすすめの映画
ニコール・キッドマンが出演している映画は個人的に全て好き
その他「PS I love you」「独裁者」「エリンブロコビッチ」
「オーロラの彼方へ」「今を生きる」など

好きな言葉
「stay hungry, stay foolish」 by スティーブ・ジョブズ

メッセージ
社会人になってからの留学はかなりハードルが高いのでは?と思われている方がほとんどだと思います。
今、留学を考えいてるけど迷っているという人も多くいると思います。
僕自身も大手企業を退職したことで周りの人からかなり、ネガティブな意見も言われました。
留学に意味があるのではなく、そこで何を学び次にどう活かすかが重要だということを心に留めて

ロンドンへ留学します。そこでの経験や学び得たことをみなさんと共有していきたいと思います。

また、留学情報だけでなくイギリスで流行しているものや
ヨーロッパのファッション・グッズなどをご紹介できればと思いますので
これから僕の留学を通して、皆さまと繋がりを持つことができることを心から楽しみにしております。
どうぞ、よろしくお願いいたします!

関連記事

留学voice Instagram

ページ上部へ戻る