【え!払えない!?を防ぐ】クレジットカードとの賢い付き合い方

クレジットカード 留学には欠かせない、大事な大事なクレジットカードの話です。  

留学前の出費を侮るな

  • 寮費の支払い
  • 航空券の予約
  • 海外保険の加入
  • ビザ申請料
  • その他諸々 など
留学前は、とにかくお金がかかります!特にこういった住居費・移動費などは金額が大きい分、支払いが大変になってきます。 留学を1ヶ月後に控えた、とある夏。私は、ある危機に直面しました。 それは… クレジットカードが上限に達してしまった!! のです。 当時、私自身のクレジットカードは上限10万円でした。そのためビザ申請料・その他諸費で7月には10万円に達してしまい、それならば親のクレジットカードを借りよう!ということで、父のカードを借りて7月中に一年分の寮費の支払いを済ませました。 航空券とパスポート 「よし、次は航空券だ。」 そう思った矢先、突如父のクレジットカードが使えなくなりました。 「あれ…?おかしいな」 何度も何度もルフトハンザ航空のオンライン予約をトライするも、支払い画面になるといつもエラーに。 「むむむ…」 ついにはルフトハンザのコールセンターに電話して事情を説明する私。言われたとおりに予約を試みるも失敗。 「こんのぉ、ルフトハンザめヽ(`Д´#)ノ !!!!」 怒り心頭になる私。それをなだめる母。 「本当にどうしたのかしらね」と悩ましげな母でしたが、「あっ」と思い立ち、どこかへ電話をかけました。 数分後、「謎が解けたわよ」とドヤ顔の母登場(●`・ω・´●) 母の電話先は、なんと!父のクレジットカード会社でした。 解決 カード会社の人いわく、クレジットカードは月が替われば上限がリセットされるのではなく、引き落とし期限まではそのまま先月の使用額が引き継がれるらしいのです。つまり、7月末に寮費の支払いをした父のクレジットカードの残額は、8月上旬の時点で「上限-寮費」の差額しか使用できず、その額よりも高い航空券を予約しようとしていたため、いつも支払い画面でエラーが出てしまっていた!とのことでした。 普段あまりクレジットを使わない私の家族。世間的には当たり前かもしれない事実に、ただただ「そうなんだ~」と頷くばかりでした。 原因がわかって安堵すると同時に、本当は何も悪くなかったのに陰口を叩いてしまったルフトハンザのコールセンターのお兄さんに、心の中で小さくお詫びをしました。 結局、ルフトハンザのサイトからだとクレジットカードでしか決算ができなかったので、HISでチケット予約を代行してもらいました。HISに現金振り込みで支払うという形で、この問題はなんとか解決することができたのです。  

もしも留学中に増枠が必要になったら…

「そんな使わないでしょ」と思っても、留学中もクリスマスやイースター休暇の旅行代など意外にお金がかかるものです。 「留学中にも増枠できないかな…」という場合。 答えは、できます。 実は、私は留学中にも20万円の利用枠を一時的に30万円に引き上げてもらったことがあります。 その時は、クレジットカード会社に国際電話をして、旅行でお金が必要だと事情を細かく説明しました。その後、カード会社が私の両親へ確認を行ったのち、「一時利用枠引き上げ」で1ヶ月間限定で30万円まで利用可能にしてもらいました。ほぼ即日もしくは翌日には、増枠されていました。 カード各社によって申請方法は異なるかと思いますが、国内大手の三井住友VISAカードの場合も同様のようです。
ご利用になれる方 三井住友VISAカード・三井住友MasterCard個人カードの本会員の方のうち、満20歳以上の方がインターネットでお申し込みになれます。また、海外からの留学生の方はご利用枠の引き上げのお申し込みを承ることができません。 次のお客さまはお電話でのお申し込みのみになります。 ・現在一時引き上げ中の金額・期間の変更をご希望の方 ・前回引き上げ終了後間もない方 ・未成年の方および学生の方 (お引き上げには本会員のお申し込みによる審査の後、原則として親権者の同意確認が必要となります。)
審査について 即時にお引き上げできる場合と、お電話による再申し込みが必要となる場合がございます。 カードご利用枠について 1万円以上(1万円単位)でお申し込みになれます。 参考:カードご利用枠の引き上げ―三井住友VISAカード
しかし!注意してほしいのが、必ず審査に通るとは限らないということです。 ① 半年~1年以上の利用実績 ② 毎月、延滞することなく支払いを継続している 最低でもこれらの条件をクリアしていないと、審査に通らないかもしれません。注意しましょう!  

おわりに

私は留学前のひと月で約120万円が一気にふっ飛びました。そうなんです、留学ってこんなにもお金がかかるものだったのです。 今回の一件があって以来、私はクレジットカードについて、やたらと詳しくなりました。渡航前にクレジットの上限の増額手続きを済ませ、留学中もずっと「上限まであといくらか」と厳しくチェックするようになったのです。 「失敗から、人は学ぶ」 某民放の番組じゃないですが、私のしくじり経験を反面教師にして、これから留学に行く皆さんには、ぜひクレジットカードの上限に余裕をもって、留学準備を進めてもらえればと思います。  

参考サイト

カードご利用枠の引き上げ―三井住友VISAカード
留学エージェントに資料請求
あなたの語学力を5分で診断