Kindle(キンドル)のWord Wiseは、最強のリーディング学習ツール?!

kindle0

本を読むのにアマゾンのKindle(キンドル)を使っている人もいるかと思います。KindleにWord Wiseという機能があるのをご存じですか?

実は、これ外国語のリーディングの学習に、かなりオススメツールなのです。

未だKindleを使ったことのない人もいるかと思いますので、Kindleについても簡単に紹介します。

電子書籍って?

一昔前だと、外国語の本を手に入れるのは結構大変でした。紀伊國屋や丸善の洋書コーナーに行ってお取り寄せが定番でしたが、時間も費用もかかりました。アマゾン・ジャパンが出来て、日本側にも結構な量の在庫を持つようになって、洋書でも直ぐに届くようになりました。

アマゾンは更に進んで、電子書籍のKindleをだしました。その場でダウンロードし、直ぐに読むことができます。Kindleの電子書籍のタイトル数がかなり増えたので、凄く便利になりました。

「Kindle」は、アマゾン社が提供する電子書籍の形式です。電子書籍の形式には、楽天のkobo、丸善やジュンク堂が扱っているhontoアプリ、アプリ不要のブラウザベースで動作するものなど、幾つかの形式が出ています。

ただ、語学学習の観点からすると世界中のタイトルが揃っているKindleが一番と思います。

英語の売れすじの本は、だいたいKindle版が販売されており、しかも多くの場合、紙の本よりも安く手に入ります。

Kindleを読むためには?

Kindleの電子書籍を読むためには、

①Kindle電子書籍リーダー(Kindle専用端末)
②Fireタブレット
③Kindleアプリ

の3種類の方法があります。

①、②はアマゾンが直接端末を提供している方法で、機能のレベルによって9000円程度からアマゾンで販売されています。アマゾンのサイトから直接購入できます。

Kindleについてはこちら

Fire タブレットについてはこちら

本を読むだけなら①Kindle専用端末で良いのですが、英語学習の場合、単語を調べた時の発音も聞きたいので、音声の機能があるFireタブレットの方が便利です。

もしくは、既にipadやAndoroidタブレットを持っている場合は、Kindleのアプリをインストールすれば、Kindle電子書籍を読むことができます。Andoroidタブレットは、たくさん種類がでているのでこの機会に買うのもありです。私は、既に持っていたタブレット(Nexus)にKindleアプリを入れて利用しています。

・Kindleアプリの入手先 ※アマゾンのサイト
https://www.amazon.co.jp/gp/digital/fiona/kcp-landing-page

スマートフォンにもKindleのアプリを入れれば、電子書籍を読むことができます。ただ、スマホの場合、画面サイズの問題かWord Wise機能が使えないようです。少なくとも私の4.7inchのアンドロイド端末では、Word Wiseの表示ができませんでした。また、パソコンにKindleアプリをインストールしても、電子書籍を読むことは可能ですが、どこでも持ち歩くわけにはいきませんので、やはりタブレットの方がオススメです。

Word Wise機能とは何か?

さて、本題のKindleでのリーディング学習です。Kindleの電子書籍には、Word Wise対応の本があります。このWord Wise機能が便利なのです。Kindleにはもともと、分からない単語をタップすれば、辞書が出てくる便利な機能がありました。そこから更に進化したWord Wiseの機能をONにすると、難しめの単語の上に、自動でその単語の意味を理解するヒントが表記されるのです。パラフレイズしてくれるのです。

実際の画面のキャプチャ画像で説明します。

Word Wise対応しているKindle本であれば、簡単に設定できます。Kindleの画面に触すると右上に出てくる縦の点々のメニューを押してください。↓

kindle1

 

別のウィンドウが立ち上がります。下の方にある、【Word Wise】をします。↓

 

kindle2

 

ワードワイズの設定画面が出てきます。チェックボックスにチェックを入れて、元に戻ります。↓

 

kindle3

【Word Wise】機能がONになると、難しめの単語の上に、単語の意味のヒントが表示されるようになります。単語の上に出てくるので、若干うっとうしいかもしれませんが、慣れてくるとかなり便利です。分からない単語をいちいちタップしなくても、意味が追えるわけです。

 

kindle4

例えば、

proposition の意味がわからなくても、 a plan presented to one とパラフレイズされているので、「プランを出す」ことかなあと、なんとなく意味を掴むことができます。

もちろん、辞書をひきたい場合は、単語をタップすると別ウィンドウが3,4つ出てきます。

  • Word Wise
  • 辞書
  • Wikipedia
  • 翻訳 ※Bing

などが出てくるので、その場で意味を確認することができます。更には、赤丸のスピーカーマークを押すと、発音もしてくれますので、かなり便利です。

Word Wise対応の本の探し方

画面が見やすいのでPCで説明します。アマゾンに行き、Kindleストアに入ってください。著者名などで、いつもと同じように本の検索をします。左メニューに【Word Wise対応】という項目があるので、そこにチェックを入れると、Word Wise対応の電子書籍だけがヒットします。

下は、Drucker(ピーター・ドラッカー)で検索した結果です。Word Wise対応のものが148件ヒットししました。

kindle

なお、メニューの位置は、みなさんの環境によって場所が異なるかもしれません。タブレットのKindleアプリからKindleストアに入ってみましたが、私の環境ではWord Wise対応での絞り込みができませんでした。Word Wise対応のKindle本を買うには、パソコンからアマゾンにアクセスした方が良さそうです。

Word Wise対応のKindle本はかなりありますので、自分の興味のあるジャンルの本も見つかると思います。

Word Wise機能の助けを借りながら、ぜひ原著を読んでみてください!

 

 

 

この記事の著者

Hedgehog

Hedgehogライター

イギリス留学経験者。旅行業界と留学業界に詳しい。
ハリネズミと蕎麦茶が好き。

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ