アメリカの大学・大学院進学に必要!GPA(Grade Point Average)とは

アメリカ進学GPA アメリカの大学・大学院に進学するのに、必要な学力。日本の大学や大学院と違い、入学試験さえ合格すれば、入学できる訳ではないので、大学に進学するなら高校の、大学院に進学するなら大学の成績証明書が必要になるんです。 今回は、成績証明書(Transcript)で重要なGPAについて、ご紹介します!

GPA(Grade Point Average)とは

アメリカで一般的に使用されている成績評価方法のこと。 世界で通用する基準のため、日本の大学でも導入され始めています。 ただし、日本の学校によっても、学業成績の評価方法は異なるもの。 そのため、日本での成績を、特定の算出方法で、GPAを出す必要があります。 通常、大学学部課程ではGPA2.0以上、大学院ではGPA3.0以上の成績が要求されますが、大学や大学院によっても異なりますので、事前によく確認しておきましょう。 GPA

GPAって、どう計算すればいいの?

アメリカの5段階評価

A(excellent)90~100 4ポイント B(good)   80~89 3ポイント C(average)  70~79 2ポイント D(pass)   60~69 1ポイント F(fail)    0~59 0ポイント

日本の4段階評価の換算表

優 またはA 80~100 4ポイント 良 またはB 70~79  3ポイント 可 またはC 60~69  2ポイント 不可またはD  0~59  0ポイント

GPAの出し方

GPA=(科目Aの成績×単位数)+(科目Bの成績×単位数)+‥‥ ――――――――――――――――――――――――――― 総単位数(全科目の単位の合計) 例えば 英語 優  → 4ポイント×4単位 =16 歴史 優  → 4ポイント×4単位 =16 物理 良  → 3ポイント×2単位 =6 数学 可  → 2ポイント×4単位 =8 国語 可  → 2ポイント×4単位 =8 体育 不可 → 0ポイント×2単位 =0 GPA=(16+16+6+8+8+0)/18=3

GPAが低かったら、入学できない?

各大学や大学院によって、基準は設けていますが、入学の選考には成績以外にも、エッセイや課外活動など、自分をアピールできるものがあります。 人として魅力的な方を入学させたいと、学校側はしていますので、GPAが多少低くてもあきらめないで、チャレンジしてみることが大切です。 アメリカ進学

無事に入学できても、退学になる?!大学在学中のGAP

海外の大学は、日本と違って、入学しやすく卒業が難しいもの。 大学や大学院によって、一定の基準の成績を取ることができなかった場合、即退学!なんてことも。 取りたい授業でも単位が取れるのか、取れなかった場合のことなどもよく確認することが大切ですね。 こちらの記事も参考に。 アメリカの大学留学中に単位がやばい!どうする?

大学・大学院留学 関連記事

アメリカ留学 関連記事

> アメリカ留学のおすすめ留学エージェント
留学エージェントに資料請求
あなたの語学力を5分で診断