ハワイの大学・大学院進学!南の島ハワイで新たな学生生活!

こんにちは!

留学voice特派員のはらしょーです!

私はイギリスの大学院を卒業しました。

留学というと、交換留学や語学留学、正規留学など様々ですが、今回はハワイへの大学・大学院進学、つまり正規留学について紹介したいと思います。

ハワイの大学・大学院の種類

大学の講義

ハワイには大きく分けて、私立と州立の教育機関があります。

州立の高等教育機関は3つの州立大学と、その傘下にある7つのコミュニティカレッジの計10校の学校で、ハワイ大学システムを形成しています。

ハワイ州立大学

ハワイ州立大学は、以下の3校から形成されます。

  • ハワイ大学マノア校
  • ハワイ大学ウエストオアフ校
  • ハワイ大学ヒロ校

これら大学は1年生から直接入学することも出来ますし、傘下にあるコミュニティカレッジで2年間履修し、その後大学の3年生から編入することも出来ます。

英語力や費用の面から、留学生はコミュニティカレッジ→大学の流れで留学する人が多いです。

ハワイ大学・マノア校は第二外国語教育の分野で、全米1位であったり、

ヒロ校は全米で唯一ハワイ語の大学院家庭があったりと、言語教育に非常に強いのが特徴です。

コミュニティカレッジ

州立大学の傘下で、課程終了後に州立大学に編入できるのが、コミュニティカレッジです。

二年間の履修プログラムとなっています。

以下の7つのコミュニティカレッジがあります。

  • カピオラニ・コミュニティーカレッジ
  • ホノルル・コミュニティーカレッジ
  • リーワード・コミュニティーカレッジ
  • ウインドワード・コミュニティーカレッジ
  • ハワイ大学附属マウイ・カレッジ
  • ハワイ・コミュニティーカレッジ
  • カウアイ・コミュニティーカレッジ

大学での専攻がまだ決まっていない場合や、

英語のスコアが大学入学基準を満たしていない場合などはコミュニティカレッジから入る方法が良いと思います。

ハワイ私立大学

ハワイには州立大学の他に、私立大学も存在します。

具体的には

  • ハワイ パシフィック大学
  • シャミナード大学

などが挙げられます。

大学ごとに、特化している学部が異なるので、自分の学びたい事に合った大学を選ぶことが大切です。

ハワイの大学進学に必要な条件は?

大学進学の疑問

条件は学校や学部、課程によりことなるので細かい情報はカウンセラーに問い合わせることをおすすめします。

今回は、いくつかの学校の条件を例に挙げ、紹介したいと思います。

カレッジ

カレッジには英語コースとカレッジレベルコースに分かれており、入学時の英語力の条件が違います。

州立の、ハワイ大学カピオラニコミュニティカレッジを例に挙げると、

カレッジレベルに入学するには以下の英語力が必要です。

  • 英検:2級以上
  • Cambridge英検:FCE以上
  • IELTS:5.5以上
  • TOEFL:iBT61以上
  • TOEIC:650以上

大学

ハワイの大学に進学するには、高校卒業の資格が必要となります。

また高校の成績(GPA)を一定基準以上で卒業している必要があります。

特にハワイ州立大学マノア校は、高いGPAが求められていて、直接入学を目指す場合ではGPAが3.5以上あることが望ましいようです。

入学審査はケースバイケースですので、詳しい事が知りたい場合はエージェントに相談する事をお勧めします。

英語の条件も大学により異なりますが、

ハワイ州立大学マノア校のwebサイトにはTOEFL PBT480/CBT157/iBT55以上との記載がありました。

ただし入学後、英語学習プログラムの受講も必要なようです。

大学院

ハワイの大学院に進学するには、大学卒業の資格、または申請時に卒業見込みである必要があります。

GPAは入学時3.0以上が求められることが多いそうです。

英語力は一般的にIELTS6.0~7.0程度の英語力が求められる場合が多いです。

しかし大学院は専攻により大きく異なる場合が多いため、カウンセラーへ自分の専攻の入学要項を問い合わせる事をおすすめします。

ハワイ留学の費用

海外大学進学の費用

費用は大学、専攻により異なります。

参考程度にお考え下さい。

コミュニティカレッジ

コミュニティカレッジの学費は大学に比べてかなり割安です。

そのため、コミュニティカレッジからの編入の方がトータルの学費を大きく抑えることが出来ます。

一年間の学費はおおよそ90万前後です。

大学

ハワイの大学の学費は大学により大幅に異なります。

また同じ学校内でも、学部によって異なりますので、自分の行きたい大学、学部の費用をしっかりと確認しましょう。

1年間の学費は約200万円~400万円と言われています。

そのため、やはりコミュニティカレッジに2年間通い編入することで、大幅に費用を抑えることが出来ます。

大学院の場合も授業料は大きく異なるので、気になる方はまず資料請求してみて下さい。

ハワイ留学のメリット

ハワイ留学

学部が豊富

ハワイの大学は様々な学部があります。

また、専攻を変えたい!と思った時に学部の変更がしやすいのも特徴なようです。

費用

コミュニティカレッジの存在によって、四年間の総額の学費を抑えられるのもハワイ留学の特徴です。

そのためイギリスなどの大学に比べると、総額の学費を安く抑えられる場合もあります。

環境

ハワイは観光地という特性もあり、人々が陽気でフレンドリーです。

また、様々な国から留学生が集まっているのもあり、外国人にオープンな文化なようです。

言わずもがなですが、海が綺麗で、島生活ならではの留学ライフが送れるのもメリットの一つです。

ハワイ留学で必要なビザは

ハワイは3か月以内の滞在は、観光ビザに当たるESTAで滞在できます。

しかし、大学や大学院に進学するとなるとF-1と呼ばれる学生ビザを取得しなくてはなりません。

このF-1ビザでは週に20時間以内の就労が許可されています。

費用

ビザ申請料:160ドル(約16,000円)
SEVIS費:200ドル(約20,000円)

申請には日本円で約36,000円の費用がかかります。

まとめ

ハワイ

今回は、ハワイの大学・大学院についてまとめてみました!

やはり大学は国により、様々な特徴があります。

教育体制や費用など、自分に合った留学を計画する事が大切だと思います。

詳しく知りたい方は、こちらから無料で資料請求してみて下さい。

留学エージェントに資料請求

大学・大学院留学 関連記事

ハワイ留学 関連記事

この記事の著者

はらしょー

はらしょー

今までアメリカ、オーストラリア、フィリピン、イギリスの4か国に留学しました!はらしょーです。
高校で2ヶ国にホームステイしましたが、大学生活では英語からかけ離れた生活を送ってました。新卒で会社に入社をしましたが留学をすることが諦めきれず、イギリスのLeeds Beckett Universityに修士留学をしました!

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ