ドイツで1か月間の短期語学留学!!!

こんにちは。留学voice特派員のなおです。

日本のヨーロッパ最大の交易国であり日本とのつながりの強いドイツ!

今回はそんなドイツ語を学ぶスペイン1か月間留学についておすすめの語学学校、コース、費用など含めご紹介したいと思います。

ドイツ

ドイツってどんなところ?

はじめにお話ししたように、ドイツは日本にとってヨーロッパ最大の交易国であり非常につながりの強い国です。多くの日本企業がドイツに拠点を置いており、日本人在住者数は45000人を超えています。

また、お互い第二次世界大戦の敗戦国である日本とドイツですが国民性も似ていると言われることがあります。日本人が真面目過ぎるということもありますが、海外の人は時間にルーズだったり謝らないなどのイメージを聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?ドイツ人はそんなイメージとは異なり時間にも比較的きっちりしており日本人のようによく謝ります。また、日本同様に技術力の高い国として知られています。みなさん、病院などでレントゲンを撮ったことはありますよね?実は、これはヴィルヘルム・レントゲンというドイツ人科学者の発明であり、彼は第一回ノーベル化学賞も受賞しています。また、日本も世界に誇る技術力でTOYOTAなどの自動車産業が強いですが、ドイツもフォルクスワーゲンやBMW、ポルシェなどの有名ブランドがあります。

このように、ドイツは日本とつながりが強く、日本に国民性も持っているため留学しやすい国の1つではないのかなと思います。

ドイツ語を学ぶコースにはどんなものがある?

ドイツ語語学学校では、英語の語学学校同様に、一般的なドイツ語を学ぶコースから、試験対策、ビジネスドイツ語コースなどがあります。中には、F+U Academy of Languagesのようにドイツ語+英語のコースなどもあります。語学学校ごとにそれぞれ特徴があるのでご自身にあった語学学校を見つけてください。

ドイツでの2週間短期語学留学の費用は?

F+U Academy of Languagesハイデルベルグ校

ホームページ

料金詳細

F+U Academy of Languageはドイツ国際最大規模の語学学校の1つです。毎年100か国以上から受講性が集まり、1年の利用者数は10000人にも上ります。ドイツ語以外の外国語も教えているためドイツ人も通っており全体の40%を占めています。

一般ドイツ語コース

  • 週20レッスン:€580(4週間)
  • 週30レッスン:€760(4週間)

ビジネスドイツ語コース

  • 週30レッスン(一般ドイツ語[20]+ビジネスドイツ語[10]):€920

医療ドイツ語コース

  • 週30レッスン(一般ドイツ語[20]+医療ドイツ語[10]):€920

メイン+モジュールコース

  • 週30レッスン(一般ドイツ語[20]+下記モジュールから1つ選択[10]):€760(4週間)
  • 文法強化
  • 会話トレーニング
  • 試験対策

ドイツ語+英語コース

  • 週35レッスン(一般ドイツ語[20]+英語[15]):€940(4週間)

授業以外の費用

  • 入学金:€35
  • 教材費(コピー利用):€10
  • 教材費(購入):€30~
  • 滞在先管理費:€80
  • ホームステイ:€150/週~
  • 寮/アパートメント:€125/週~

DID Deutsch-Institutフランクフルト校

ホームページ

料金詳細

1970年にベルリンで設立されて以来45年以上に渡ってドイツ語教育を行ってきた実績があります。また、EAQUALSによって高い水準であるとも認定されています。校舎はベルリン、フランクフルトに加えハンブルグ、ミュンヘンの合計4校あります。

一般ドイツ語

  • 週20レッスン:€740
  • 週24レッスン:€880
  • 週28レッスン:€1140

マンツーマンレッスン

  • 2レッスン:€90
  • 追加1レッスン:€45

TestDaF対策

  • 4週間コース:$600

授業以外の費用

  • ホームステイ:€185/週~
  • 寮/アパートメント:€300/週~

Carl Duisberg Centrumミュンヘン校

ホームページ

料金詳細

Carl Duisbergは50年以上もの実績を持つ語学学校です。ラードルフツェル、ケルン、フランクフルトにも校舎を持っています。ミュンヘン校は、ミュンヘンの中心に位置しておりアクセスもしやすいと思います。

ドイツ語集中コース

  • 週26レッスン(グループ24+ワークショップ2):€230/週(2~4週間)

クラッシュコース

  • 週31レッスン(グループ24+個人レッスン5+ワークショップ2):€450/週(2週間以上)
  • 週36レッスン(グループ24+個人レッスン10+ワークショップ2):€690/週(2週間以上)

個人レッスン

  • 10時間:€520
  • 1時間追加:€52

授業以外の費用

  • ホームステイ:€190/週~
  • 寮:€110/週~
  • アパートメント:€250/週

ドイツ短期語学留学で人気の都市

フランクフルト

フランクフルト

欧州銀行の本拠地もあり金融都市として知られています。高層ビルも多く非常にモダンな街並みの都市です。

また、長年サッカー日本代表でキャプテンを務めた長谷部誠選手の所属するブンデスリーガの名門アイントラハト・フランクフルトの本拠地があることでも知られています。

ベルリン

ベルリン

ドイツの首都でありドイツ留学先としても人気があります。首都ということもあり国際的で英語も比較的通じます。一方、首都でありながら物価がそこまで高くなく第三の都市であるミュンヘンの方が高いです。

ミュンヘン

ミュンヘン

ドイツ第三の都市であるミュンヘン。ミュンヘン大学、ミュンヘン工科大学、ミュンヘン美術院などの大学もあります。そのため、治安も悪くなく学生にとって暮らしやすい街と言えるでしょう。また、シンデレラ城の元となったとも言われているノイシュバンシュタイン城へも2時間ほどで行ける距離にあります。

ドイツの短期語学留学でできること

1か月の留学となってくると最低でも土日を3回はさみ比較的観光なども楽しむことができると思います。そこで、ドイツ観光を2つご紹介したいと思います。

ノイシュバンシュタイン城

ノイシュバンシュタイン城

1つ目は、シンデレラ城の元にもなたと言われているノイシュバンシュタイン城です。ドイツ南部バイエルン州にあります。中心地からかなり外れておりアクセスも悪いですが行く価値はあります。ノイシュバンシュタイン城は、昔あったバイエルン王国の国王ルートヴィッヒ2世によって建てられました。圧倒的な財力で建てられたと言われており、外装はもちろん内装も豪華に作られています。

行き方は、列車とバスで行くのがおすすめです。ミュンヘンからフュッセンまで列車で2時間ほどかけていき、そこからバスで10分ほどの乗り、更にバス停から20分ほど歩いた場所にあります。

サッカー観戦

サッカー

2つ目は、サッカー観戦です。

ドイツサッカーのリーグ、ブンデスリーガは世界4大リーグの1つと言われています。日本人選手も多く在籍しており日本人サッカー選手にとっては海外挑戦の登竜門ともされています。過去には、ルール地方の名門シャルケに内田篤人選手、同じくルール地方の名門ドルトムントに香川真司選手、またラインラント=プファルツ州のマインツ05には岡崎慎司選手や武藤嘉紀選手などもプレーしていました。現在は、元日本代表キャプテン長谷部誠選手がアイントラハト・フランクフルトに、ニーダーザクセン州の州都ハノーファーにあるハノーファー96には原口元気選手と浅野拓磨選手、ケルンには大迫勇也選手、フォルトゥナ・デュッセルドルフには宇佐美貴史選手、ニュルンベルクには久保裕也選手が所属しています。また、2部リーグにも多くの日本人選手が在籍しておりドイツでのサッカー観戦は非常に楽しいと思います。

まとめ

はじめにもお話ししましたがドイツは非常に日本とのつながりが強い国です。ドイツ語の取得は将来ドイツと取引のある会社で働きたいという方にはおすすめです。

ドイツ留学についてもっと知りたいという方は、留学voiceホームページより複数留学エージェントから無料で資料請求することができます!

複数留学エージェントのサービス、プログラムを比較することで自分に合った留学が見つかると思います!

また、ドイツ語留学は英語留学と比べ情報量が少ないので留学エージェントへ相談することで新たな情報が得られると思います!

留学エージェントに資料請求

この記事の著者

なお

なお

イギリスのリーズ大学に1年間交換留学していました!
大学卒業後、今年9月から修士課程のためイギリスに戻ります!!!
よろしくお願いします♪

関連記事

ページ上部へ戻る