英語力UP!ローカルの友達を作る方法

留学先でローカルの友達を作る方法

こんにちは!

実際に留学しても語学学校に行っているのでオーストラリア人の友達がつくれない…
日本食レストランで働いていて日本人のスタッフばかりで気が付けばオーストラリアでも日本人の友達ばかり…というような声を多く聞きます。

今日はそんな方に「今日はローカルの友達を作る方法」についてご紹介したいと思います!
ローカルの友達をつくってより英語力をUPし、楽しもう!

1、Meet up

1つめはアプリで簡単に登録できるMeet up!
このアプリでは趣味や興味のある内容(例えばスポーツや美術、語学、音楽など)を選択すると、共通する分野に興味がある人が集まり、交流することができます。

Meet up

ジャンルは多岐にわたり…
・語学交流会
・音楽(好きな楽器を持ち寄り音楽を楽しもう)
・スポーツ(いろんな国籍の人で集まって運動会)
などとにかく様々なジャンルがあります!

ある英語に自信があり、よりネイティブの人と関わりたい場合は、
セミナーや美術系よりローカルの人が集まりやすいものを選択すると良いです!
対して、あまり英語に自信のない人には語学交流(language exchange)がおすすめ!
Japanese×Englishの語学交流会であれば相手も日本語を学びたいと思っており、言語を学ぶ難しさをわかっているので優しく教えてくれます。
教えあえるというのがWIN‐WINな関係ですよね。

参加費も無料~$10と安いものが多いので気軽に参加できます!

2、ローカルと一緒に住む

① ホームステイ

こちらはエージェントや語学学校で手配してもらうことが可能です。
または、現地にいってからホームステイの募集サイトやfacebookから探している人もいます。
ただ、デメリットとしては高額であり、家族のルールに従わなければいけなかったり、すでに家族内に問題があったり、とストレスを抱えてしまう生徒さんも多いため良い家族にあたるかどうかが充実度を左右します。

② ルームシェア

家を探すときにシェアメイトの出身国を聞くことができるので、その際に確認しましょう。
見つからない場合はローカルがオーナーをしている家を探すと見つかりやすいです。
私の場合はMeet upでシェアハウスのオーナーをしている友人に出会い紹介してもらうことができました。ロシア、韓国、ベトナム、オーストラリア、台湾、イタリア人などと他国籍の家でとても楽しかったです。

シェアハウスでは各々の文化あるものの、お互いを尊重した生活を送ることが出来ました。

留学先で友達を作る方法

ぜひローカルの友達をつくってナチュラルな英語を学びましょう!

留学エージェントに資料請求