何あげたらいいの?…実際によろこばれた日本のお土産!!

何あげたらいいの?…実際によろこばれた日本のお土産!!
オーストラリアのブリスベン。到着した日に見た景色

こんにちは!!ぱせりです。
留学が難しくなってしまったいまですが、留学の準備を進める人は多いのではないでしょうか。
そのお手伝いができたらいいなと思っています。

今回はホストファミリーへのお土産についてです。
わたしのおすすめや実際にあげてよろこばれたものを紹介したいと思います。

1. おかし

日本のおかしは安くてもクオリティ高いと評判です。
日本のおかしをあげるといいよと言われてもたくさんありますよね。
わたしのおすすめは

  • チョコレート
  • ポッキー
  • 歌舞伎揚げ
ホストファミリーへのお土産 お菓子

・チョコレート

チョコレートはスーパーに売っているものなどでもよろこんでくれます。
おすすめはブラックサンダー。
ザクザクの食感が大人にも子供にも人気でした。
また、メルティーキッスなどリッチなチョコレートもオススメ!!

・ポッキー

ティーンズには細長いお菓子がおもしろい!!と好評でした。
おすすめはやっぱり抹茶!!
いろんな味もあるので、味が違うものを買っていくのも良いかもしれません。

・歌舞伎揚げ

意外でした。しょうゆは一家に一つ置いてあるくらい海外の方にも好まれています。
しょうゆと砂糖の甘辛さのバランスが海外にはない味だ!!ととても高評でした。

2. 扇子

ホームステイ先へのお土産
実際に100均で買ったもの

どのホストマザーにも好評でした。
特に夏の時期のお土産として最適です。
100均などで売っているものでもキレイな和柄のものなどでもOK!!
オーストラリアではあまり売っているのを見かけないのと、売っていてもとても高価でした。
100均だったら別売りのセンスのケースをつけてあげるのも素敵です。

3. 風鈴

ホームステイ先へ風鈴のお土産

美しい日本特有のものなのでよろこんでくれます。
こちらはわたしの先輩が教えてくれたのですが、
留学から帰っても音が記憶に残って、ファミリーが先輩を思い出すといってくれたことがうれしかったという素敵なエピソードを教えてくれました。
キレイなテラスがある家が多いのでよろこんで飾ってくれるでしょう。

4. ボールペン

日本の文具は機能性抜群!!
本屋さんや文房具屋さんで売られている100円くらいのペンでさえ、
海外のものより丈夫で書きやすいです。

オススメはフリクションと5色or3色ボールペン。
フリクションは書いて消えるという点がおもしろいそうです。
色がたくさんあるボールペンは海外にもありますが、性能があまりよくないみたいなのですごく喜ばれました。

留学先へのお土産

番外編 ~定番のお土産で私がオススメしないもの~

わたしがあげたなかでイマイチだったものをここにあげます。

・おはし

日本文化のものとして定番ではないでしょうか。
よろこんではくれますが、何度も留学生を受け入れてくれる家庭ではたくさん持っている可能性もあるのでオススメしません。

・インテリア雑貨

富士山の置物や、掛け軸など。
インテリアにこだわっている家庭が多いので、その家のイメージに合えばよいです合わないものだと反応がイマイチだったのを思い出しました…
小さめのものでしたら良いかもしれません。

・和菓子

和菓子も異文化体験の1つとしてとてもおすすめしますが、
あんこは好みがわかれるのでたくさん買うのはおすすめしません。
チョコレートやクッキーなどの世界で親しまれているものの抹茶味など、日本独自のアレンジが加わったものほうが人気でした。

以上がわたしのオススメしないものです。
ですが、あくまでもわたしの経験なので怖がりすぎないでくださいね。
相手のためを思ってあげたものだったらよろこんでくれるでしょう。

まとめ

子どもがいるからおかしをたくさん持ってこう、大きいテラスがある家庭だから風鈴とかがいいかな、などホームステイ先の家族構成や情報などをみてどんなものがよろこばれるかなど考えてみるのもありです。
迷ってしまったらやっぱりおかしがオススメです。

お役に立てると嬉しいです。

留学エージェントに資料請求