長期留学する際に持って行った方がいいものとは?

スイス留学の持ち物

現在、スイスで大学院に通っているkuraraです!渡航してから数ヶ月経ち、これは持ってきてよかった!・・・と思うものがいくつかあります。

今回は半年以上留学される方向けに、何を持って行くべきか、オススメするものをお伝えいたします!

インターナショナルキャッシュカード

銀行口座についての記事で詳しく書きましたが、海外で使用できるキャッシュカードは必須です。

サングラス&メガネ

日本ではサングラスをかけている人はあまりいませんが、海外は冬でも晴れていたらかけている人がほとんどです!もし普段から眼鏡を掛けていて、度入りのサングラスが必要な場合には、日本で作った方が良いでしょう。コンタクトも滞在期間分は確実に用意しておきましょう。スイスで医者にかかると1回最低でも2万円くらい診察料がかかります。

スポーツドリンクの粉末

一人で海外に滞在している間に風邪を引くと本当に辛いと思います。病気の時に皆さんもよく栄養補給のために飲むのではないかなと思いますが、日本では数多く売られているスポーツドリンクがスイスでは売っていませんでした。

ペットボトルだと持ってくるにも日本にいる誰かに送ってもらうのにもかさばるので水に溶かして飲む粉末タイプがオススメです!

お弁当箱 水筒

もし、留学生活中は自炊中心にしたいと思っているのであれば、お弁当箱と水筒は日本から持っていった方がいいかもしれません。日本のような形状のものはなかなか見受けられず、実用的なタッパーが一般的です。友達と食べるときにちょっとした会話の糸口になるかもしれないので日本ならではのお弁当箱グッズを持って行ってはいかがでしょうか?

ラッピング用品

スイスでは手作りのお菓子を友達の家に遊びに行くときや誕生日プレゼントとしてあげることが多いです!そんな時、スイスには100円ショップがないので簡単にお菓子を包めるかわいいラッピング用品を探すのはちょっと大変です。

アクセサリー

日本のようなアクセサリー専門店はほとんどなく、宝飾店かファストファッションの店舗でしかアクセサリーは見つけられません。以前から気に入っていたものを身につけると心も落ち着くはずなので、日本から好きなアクセサリーを持って行きましょう!

湿布

個人的な意見ですが、以前旅行していたときに足を痛めて急遽湿布を購入したのですが、全然効かず・・・。それ以来湿布は持参することに決めました。日本の湿布ほどスースーするものはあるのか?!というほど、スイス製品とは全然違います。

靴(女性で22.5〜23cmサイズ以下の方)

婦人用のSサイズの靴はほとんど売られておらず、小さめのサイズを探すといつの間にか子供靴売り場になっていることが・・。

日本のように種類もそこまで豊富ではないので、アクセサリーと同様、手持ちのものをなるべく多く持って行きましょう。

スイス留学の持ち物

まとめ

私はスイスへ来る時一番大きいタイプのスーツケースを持って行きましたが、全然スペースが足らず最後の最後まで困っていました。

渡航2週間前から準備していてちょうどよかったので、留学前の皆さんも早めにパッキングに取り掛かりましょう!

この記事の著者

kurara

kurara

フランス・カナダ・スイスへの留学経験あり。今秋から再びヨーロッパへ留学!

留学Voice twitter

ページ上部へ戻る
留学したい!
と思ったら、留学Voice
成功の近道は
留学エージェント!

留学はもちろん自力でも可能。ですが、煩雑な手続き、様々な準備、1人で行うのは想像以上に大変。行く前に燃えつきちゃった…なんてことにならないように、留学の専門家=留学エージェントを利用しましょう!

留学エージェントは留学したい人の強い味方。難しい部分をおねがいしたり、いろいろ相談にものってもらえます!

優良エージェント
集めました!

といっても、世の中にはたくさんの留学エージェントが存在します。どこを選べばいいのか迷っちゃう…。
そこで、留学Voiceでは信頼できる留学エージェントさんを集めました!その数50社以上!

かんたん便利、
モチロン0円!

さらに!留学Voiceの便利機能「パンフレットお取り寄せ」を使えば、条件に合うエージェントをピックアップ!

下のボタンをクリックしたら、条件を入力、あとは待つだけ!

あなたにぴったりなエージェントさんの資料をお届けします。モチロンすべて無料!
あなたの夢の第一歩に、ぜひ使ってみてね★

パンフレットお取り寄せ