オーストラリア留学は、訛りが心配、、

オーストラリア訛りが心配、、

オーストラリアの英語って結構訛りがあるっていうよね?
これよく聞きますよね。

自分の英語に変な癖が付いたらどうしよう、という悩みですが…

オーストラリア留学は、訛りが心配、、

1年や2年程度の留学であれば、まず英語圏どこの国にいらっしゃっても、
残念ながら訛りが身につくまでのネイティブレベルになることはありません。

もし仮にオーストラリアの訛りが身に付いたとしても
それが可愛いポイントになると思います。

例えば、博多弁を話す子が可愛く見えたり、大阪弁がチャームポイントにみえたり、
オーストラリア訛りで話すことも、それと同じことです!

この記事では、オーストラリア英語を学ぶことについて、
下記の3つの項目について解説していきます。

1. オーストラリア英語の訛り
2. アメリカ英語との違い
3. 問題なし!オーストラリア英語の訛り

1. オーストラリア英語の訛り

所謂‘オーストラリア訛り’と言われている英語は、
元々ロンドンの下町の訛りだと考えられているようです。

具体的な特徴としては、
A[ei]の発音が[ai]に近い発音になっているという事です。
例えば、Today[トゥデイ]が、[トゥダイ]に聞こえたりします。

日本人の耳だと、
I’ll go to hospital today. [今日病院に行くよ]

これが、
I’ll go to hospital to die. [今日病院で死ぬよ]
に聞こえてしまうというブラックなジョークもあります。

やっぱりオーストラリア英語って聞き取り難いんじゃないの…?

と思われる方もいるかもしれませんが、
日本でずっと暮らしていた方が突然英語圏での生活を始めると、どこの国に行かれても、英語が聞き取りづらく聞こえてしまうもの。

そして、都市部に暮らす若い人たちや語学学校の先生方は、あまり先に説明したような訛りの無い人たちが殆ど。

以前学校でアメリカ出身とオーストラリア出身の先生で訛り対決みたいなものをしたんですが、違いはあれだどれも意味はわかりました!

ただ、オーストラリアの中でもお年寄りや田舎にいくほど、強い訛りを持な傾向にあります。

2. アメリカ英語との違い

オーストラリアは、イギリス系の移民によって国家の建設が進められてきた歴史があるため、英語もイギリスの影響を受けています。

そのため、アメリカ英語と若干違う言葉を使う単語があるので、
下記に代表的なものをいくつかご紹介します。

・単語(Aussie/American) ←この形式で書きます!

① 単語自体が違うもの

  • エレベーター(lift/elevator)
  • お会計(bill/check)
  • お札(note/bill)
  • ガソリン(petrol/gas)
  • アパート(flat/apartment)
  • 郵便(post/mail)
  • フライドポテト(chips/French fries)
  • ゴミ(rubbish/garbage)
  • 休暇(holiday/vacation)

② 綴りが違うもの

  • 質問(enquiry/inquiry)
  • 色(colour/color)
  • センター(centre/center)
留学先による英語の訛り

3. 問題なし!オーストラリア英語の訛り

英語圏で幼少期を過ごした人でない限り、
必ず少なからずその人の国の言語の訛りがあります。

訛りがあればそれは英語ではないのかというと、そうではありませんよね。英語は英語です。

日本人がどんなカタカナ英語を話したって、それは日本語ではなく、英語です。

オーストラリアは多民族国家です。中東やヨーロッパ、アジアなど、世界のいろいろなところから、色んなバックグラウンドを持った民族が集まって生活しています。

そのためオーストラリアには世界各国から色々な英語が集まっており、オーストラリアにいるだけで世界各国の英語の発音を聞くことになるでしょう。それを聞いていると訛りは問題ないと思えます。

実社会では、英語を母国語としない国の人たちでも、第二言語として英語を話す人口が増えてきています。

そんな中、色んな国出身の人が話す英語を聞き取ることが出来ることは、
大変実用的で、大きなアドバンテージになります。

まとめ

日本で留学先について悩んでいると、
オーストラリアの訛りについては気になるポイントの一つですよね。

でも実際に現地での生活を始めてみると、
それがどこの訛りが付いた英語なのかなんて、全く気にならなくなりますよ!

むしろいろんな国の発音の特徴などを知り、どれも間違いじゃない、自分の英語も正しいと思えるオーストラリアで英語を学ぶこと、それも大きな魅力の1つになるはずです!!

留学エージェントに資料請求