【ホスピタリティー】イベントを企画するクラスって!?

こんにちは、サリーです。現在アメリカの大学で学んでいるホスピタリティーですが、それらのクラスの一部として”イベントを企画する”というクラスが今学期あったので、挑戦してみました!

今回は Convention Planning Practicum についてをシェアしていきたいと思います。

【ホスピタリティー】イベントを企画するクラスって!?

どんなことを学ぶの?

このクラスは正式には” Convention Planning Practicum”と呼ばれていて、学校が開催している様々なイベントの企画・運営を手伝いながら学ぶ体験型の授業になります。

そのクラスととっている生徒、インストラクター、そしてイベントを企画している方々(先生やスタッフの人たち)と役割分担などをしてイベントが開催される約2−3か月前から準備を始めます。

ミーティングを行ったり、リサーチをしたり、電話やメールでコミュニケーションをとったりと、普段の授業とは全く違って全て体験がベースの授業でした!

アメリカの大学の授業

単位数や時間数は?

私の学校では、こういった体験型のクラスやインターンシップなどは50時間学習すると1単位もらえるシステムになっているので、時間数は50時間、単位数は1単位になります。

その50時間には、レポート作成やミーティング、メールでのコミュニケーションやリサーチなどに費やした時間も含まれているので、50時間を達成することはさほど難しくなかったと思います!

私が実際に企画したイベント

私が実際に企画したイベントの一つに “étiquette dinner” というのものがありました。

これは、プロトコールの授業をとっている生徒たちが参加するディナーで、ディナーの時の身だしなみやルール・マナーなどを学ぶクラスの一部になっています。

私たちはそのディナーのテーブルレイアウト、メニュー考案、プログラム作成、タイムマネジメントなどを分担して行いました。また当日には、準備や片付けなども行って、最後には反省会もしました。

イベント企画の授業

まとめ

いかがだったでしょうか。日本ではみられない形の体験型授業!

イベントを一から企画することで、実際に体験しながら学べることが本当にたくさんありました。

普段の授業と違って、たくさんの人とコミュニケーションをとる機会が多かったので、適切なメールの書き方や言葉遣いなども学ぶことができました。

留学エージェントに資料請求