【アメリカ】意外と知らない?オーペア留学!!

こんにちは!特派員のはらしょーです!

今回は住み込みで子どもの世話をする留学、オーペア留学について紹介します!

子どもが好きで留学に興味がある人にピッタリなのがこのオーペア留学。

オーペアって??て思う人も多いと思いますので、まずはオーペア留学とは何かという所から説明します!

オーペア留学とは

アメリカ

オーペア留学は日本ではあまりなじみの無い留学の方法ですが、ベビーシッターがポピュラーな国では馴染みの深い留学の一つです。

オーペアとはもともとフランス語で”対等の立場で”という意味の言葉で、子育て支援を通じ、若者の国際交流を手助けするプログラムとして発足されたようです。

アメリカではこのオーペアは1986年に発足されていて、歴史のある制度です。

多くの若者がこの制度に参加し、国際交流を目的に家庭に入り子育ての手伝いをしています。

日本ではまだまだ知られていませんが、最近ではオーペア留学のコンサルタントを行う企業も発足されており、知名度が広まりつつあります。

オーペアプログラムの種類

アメリカでは3つのオーペアプログラムが用意されています。

資格を必要とするプロフェショナルオペアと、特に資格を必要としない、インファントケアオペアとスタンダードオペアの三種類がプログラムとして用意されています。

プロフェッショナルオペアとインファントケアオペアは、生後3ヶ月から12歳までの子供がケアする子供の年齢で、スタンダードオペアは2歳から12歳までとなっています。

労働時間は一律45時間/週となっています。

オーペア留学の仕事内容

オーペア留学

具体的にオーペアの仕事内容ですが、親の代わりに子供の世話をする、ベビーシッターの役割を行います。

家庭によって異なりますが、基本的な家事や子育て全般を行います。

朝は子供を起こし、子どもの身支度、朝ごはん、学校・幼稚園へ送るといった形です。

昼から夜にかけては、片付け、洗濯、子どもの迎え、晩御飯、寝かしつけるといった一日の仕事内容が一般的です。

頼まれる業務は家庭により異なってくるので、あくまで参考程度にお考え下さい。

夫婦が共働きでかつ、子供に国際交流をして欲しい!という家庭に人気があります。

また、アメリカ在住の日本人家庭で、日本人にオーペアを頼みたい!という場合もあるため、状況は様々です。

気になるお給料は?終業時間は?オーペアの仕事条件

給料

気になるオーペアのお給料ですが、インファントケアオペアとスタンダードオペアは195,75ドル/週。

資格を有するプロフェッショナルオペアは225ドル/週と定められています。

このお給料は、既定の労働時間の週45時間までの給料となっています。

その他の補助

オーペア制度を利用して留学した場合、いくつは補助がでる規定になっています。

有給休暇の制度も設けてあり、1年間で2週間の有給休暇を取得する事が出来ます。

その他にも、滞在中のアメリカ国内の健康保険がファミリー負担であったり、

語学学校に通った場合の学費が$500分、ファミリーが負担をしてくれます。

他にも滞在費、食費は無料なので、オーペア利用者の負担が少なく、留学をする事が出来ます。

どんな人が利用できる?アメリカのオーペア制度の規定

アメリカ

  • 子供が好きで、ベビーシッターとしての仕事が可能であること
  • アメリカにオペアとして1年間の滞在が可能である事
  • ある程度の英語によるコミュニケーション能力があること
  • 心身共に健康なこと
  • 犯罪歴がないこと
  • 18歳~26歳までの男女
  • 最低200時間の保育実習経験があること(0歳~12歳)
  • 高校を卒業していること(もしくは同等の資格があること)
  • 家族・親族以外の2人から保育に関する推薦状を書いてもらい、提出できること
  • WAPJによる選考試験を受け、合格すること      (参照:http://www.worldaupairinjapan.net/america/require.html)

という様に、日本オーペア情報センターのHPに書かれています。

こちらの日本オーペア情報センターでは、オーペアの参加プログラムの申し込みを行う事が出来ます。

オーペアを希望する方で、規定についてより詳しく知りたい人は、一度カウンセリングを受けると良いかもしれません。

オーペアを募集している家族の探し方

日本人のオーペア希望者を仲介するエージェントがいくつかありますので、紹介します。

エージェントは、オペア留学のコンサルティングから、オーペアを探している家庭への斡旋まで、様々なサポートを用意しています。

オーペア留学に興味があるけれど、詳しい制度が分からないといった人は、エージェントを利用し留学することをお勧めします。

【日本オーペア情報センター】

【オペアジャパニーズコネクション(AJC)】

アメリカのおすすめ留学都市

ニューヨーク

ニューヨーク

アメリカ留学というと真っ先に頭に浮かぶのが、やはりニューヨークではないでしょうか。

多くの有名企業がこのニューヨークに集まるため、様々な国の人が暮らしているニューヨーク。

異文化交流にはもってこいの留学先です。

人種のるつぼとも言われているニューヨークでは、ノンネイティブの英語にも耐性がある人が多く、生活がしやすいかもしれません。

ロサンゼルス

ロサンゼルス

意外と知られていないことですが、ロサンゼルスには日系企業が数多く存在します。

そのため、日系の移民が多く、日本人家庭でオペアをしたい!という人に特におすすめなのがロサンゼルスです。

気候の面でも非常におすすめなのがロサンゼルスで、年間を通じて非常に過ごしやすいのが特徴です。

まとめ

日本ではまだまだ馴染みの浅いオーペア留学ですが、費用面や得られる経験など様々な面において、メリットが多いのが非常に魅力的です。

今後日本でもこのオーペア留学の制度が、一般家庭に広がっていく日が近いかもしれません。

生活費を抑えることができ、学費補助やお小遣いまで貰えて、その上に異文化交流もできるオーペア留学。

留学を考えている人は、是非オーペア留学も検討してみてはいかかでしょうか。

オーペア留学 関連記事

アメリカ留学 関連記事

この記事の著者

はらしょー

はらしょー

今までアメリカ、オーストラリア、フィリピン、イギリスの4か国に留学しました!はらしょーです。
高校で2ヶ国にホームステイしましたが、大学生活では英語からかけ離れた生活を送ってました。新卒で会社に入社をしましたが留学をすることが諦めきれず、イギリスのLeeds Beckett Universityに修士留学をしました!

関連記事

ページ上部へ戻る